1: スペア速報@まとめ 2016/12/12(月) 17:09:29.97 ID:CAP_USER9
任天堂エリア、ハリポタ超す規模に USJ、五輪前開業
2016年12月12日15時03分

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市、USJ)は12日、テーマパーク内に任天堂のエリアをつくると正式に発表した。
人気キャラクター「マリオ」などが登場する「SUPER NINTENDO WORLD」として、
2020年の東京五輪開催前にオープンさせる。
投資額は500億円超で、14年7月に開業した映画「ハリー・ポッター」のエリアを超える規模になるという。

敷地内にある駐車場や拡張用地の一部を使う。エリア内では、任天堂のキャラクターやゲームの世界観を
再現した乗り物のアトラクションが楽しめる。ショップやレストランを含む、「巨大複合エリア」にするという。

マリオなど任天堂のキャラクターは、世界にも通用するコンテンツだ。
大阪のUSJ以外でも、米国のフロリダ州の「ユニバーサル・オーランド・リゾート」と、
カリフォルニア州の「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」の2カ所にも同様のテーマエリアをつくる予定だ。

任天堂は2015年に、テーマパークを運営する米ユニバーサル・パークス&リゾーツ(UPR)との
提携を発表。アトラクションの共同開発を進めていた。

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJDD4HRRJDDPLFA00G.html
「SUPER NINTENDO WORLD」のイメージ図
no title

【USJの任天堂エリア、ハリポタ超す規模に…投資額は500億円超、2020年の東京五輪開催前にオープン】の続きを読む