スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    2016年

       ● 2016年のブラック企業大賞に選ばれたのは・・・
       ● 10~60代の人気曲トップ20、2016年「年代別カラオケランキング」をJOYSOUNDが発表
       ● 2016年最も衝撃的だった「お騒がせ有名人」ランキング、1位ベッキー
       ● 2016年大事件記録、まだ終わらない・・・
       ● 【2016年ヒット商品】1位は『ポケモンGO』、2位は『君の名は。』 3位は・・・
       ● 無茶苦茶だった2016年、やっと残り二か月にまで辿り着く・・・

    35435index


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/23(金) 16:07:24.36 ID:CAP_USER
    https://www.bengo4.com/c_5/n_5513/

    長時間労働やパワーハラスメント(パワハラ)などを従業員に強いる悪質な企業や法人を選出する
    「ブラック企業大賞2016」の授賞式が12月23日、都内で開かれ、新入社員が長時間労働の末、過労自殺した電通が大賞に選ばれた。

    ウェブサイトでの投票数で選んだ「WEB投票賞」には、
    2011年以降パワハラによる自殺が相次いだ日本郵便が選ばれた(5958票)。
    日本郵便は特別賞にも選ばれた。また、ブラックバイト賞には、
    元従業員がアルバイト学生を殴るなど刑事事件にも発展したDWE JAPAN(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業)が選ばれた。

    ブラック企業大賞は、ジャーナリストや弁護士でつくる実行委員会が、
    日本の労働環境を改善する活動の一環として、2012年から毎年開いており、今年で5回目。
    労働法などに抵触したり、またはその可能性があるグレーゾーンな条件や、
    パワハラを従業員に強いる体質の企業や法人を「ブラック企業」として定義している。

    今年のブラック企業大賞には、エイジス、電通、ドン・キホーテ、プリントパック、
    関西電力、佐川急便、サトレストランシステムズ、仁和寺、ディスグランデ介護(「茶話本舗」FC企業)、
    日本郵便、DWE JAPAN(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業)の11社がノミネートされていた。

    【2016年のブラック企業大賞に選ばれたのは・・・】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/22(木) 21:25:48.10 ID:CAP_USER9
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/22/news144.html
    2016年12月22日 20時59分

     JOYSOUNDが2016年の年代別カラオケランキングを発表しました。会員数1000万人以上の「うたスキ」の歌唱履歴に基づき、人気曲トップ20を10~60代の年代別に公開。
    2016年度は10・20代でアニソンが強い人気を見せたほか、総合でも1位となった浦島太郎(桐谷健太)「海の声」が全世代を通して多く歌われていました。

    同ランキングでは例年、10代がボカロ曲、40代が青春時代のJ-POPを歌うなど世代別の歌唱傾向が浮き彫りになるのが特徴。
    今年は10・20代がランキングの半数以上をアニソンが占めるという結果に。
    アニメ「血界戦線」のエンディングテーマであるUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」が10・20代の1位、
    さらには30代でも6位と圧倒的な人気でした。男性ボーカルの曲ながら、歌唱者は6割が女性だったそう。

    10代
    no title

    10代は、2013年・2014年と過半数をボカロ曲が占めていましたが、2016年は5曲と勢いが収まったもよう。
    アニソンは11曲、アニメ「おそ松さん」のA応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」(5位)や映画「君の名は。」のRADWIMPS「前前前世」(15位)など、今年ブームとなった作品の主題歌も入っています。

    20代
    no title

    20代は15曲がアニソンと、例年に引き続きアニメの影響力の強さがうかがえる内容。「おそ松さん」からは「はなまる~」(3位)だけでなく
    「全力バタンキュー」(20位)もランクインしたほか、4月から放送中の「マクロスΔ」からワルキューレ「いけないボーダーライン」(12位)も多く歌われました。

    30代
    no title

    30代は、20代のアニソン人気の傾向を残しつつ、スキマスイッチ「奏」やスピッツ「チェリー」などJ-POPの名曲が出てくるように。
    「海の声」が1位、RADIO FISH「PERFECT HUMAN」が20位と、その年のトレンドがランキングに反映されるのも世代感が出ています。

    40代
    no title

    40代はレベッカ「フレンズ」、DREAMS COME TRUE「未来予想図II」と青春時代を彩る名曲や定番曲が多く入りました。
    「残酷な天使のテーゼ」などアニソンもちらほら見かますが、ここから上の世代はボカロ曲が1曲も入っていません。

    50代
    no title

    60代
    no title

    50代は歌謡曲、60代は演歌が数々と上位に食い込む内容に。NHKドラマ「あさが来た」の主題歌であるAKB48「365日の紙飛行機」は、50代で2位、60代でも8位に入り、異色の存在感を放っています。

    【10~60代の人気曲トップ20、2016年「年代別カラオケランキング」をJOYSOUNDが発表】の続きを読む

    うぇrwindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/07(水) 13:22:06.95 ID:CAP_USER9
    2016年も有名人のニュースが良くも悪くも話題になっていましたね。一時期はあんなに騒いでいたのにあまりにもゴシップが多すぎて、今では「あーそんなこともあったよね」と感じるほど。

    そこで今回は、2016年最も衝撃的だった「お騒がせ有名人」を調査・ランキングにしてみました。
    一体どんな有名人がランク・インしているでしょうか?

    2016年最も衝撃的だった「お騒がせ有名人」ランキング
    1位 ベッキー
    2位 SMAP
    3位 川谷絵音(ゲスの極み乙女。)

    ⇒4位以降のランキング結果はこちら!
    http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/022id/OlOcGh65DJKf/

    1位は180票で「ベッキー」!

    「ゲスの極み乙女。」のヴォーカルとの不倫が報道され、「センテンススプリング!」という言葉まで生み出した「ベッキー」が不名誉にも1位に選ばれました。
    これまで浮ついた話題がなかったベッキーですが、年明け早々の不倫報道に世間はビックリ!この騒ぎが原因で芸能活動をしばらく自粛することに。

    騒動が落ち着いた頃に何度かTV出演や広告出演などもありましたが、世間の目は未だ厳しくメディア露出のたびに騒がれるようになってしまいました。

    2位は135票で「SMAP」!

    2位となったのは、解散報道が話題を呼んだ「SMAP」に。
    こちらも年明け早々に内部分裂が噂される中、1月18日の『SMAP×SMAP』生放送出演時に「解散はしない」旨をメンバーが発言しており、安心した人も多かったかと思います。

    しかし、8月14日に事務所から「SMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました」と発表。28年続いた大人気グループの解散とあって世間に大きな衝撃を与えました。

    3位は129票でゲスの極み乙女。の「川谷絵音」!

    ベッキーとの不倫騒動のお相手である「川谷絵音」が3位となりました。
    既婚者であることを隠してベッキーと交際していたことや、さらに未成年者との交際と飲酒が発覚するなど何かとお騒がせな彼。
    報道のたびに「またやらかしたの?」と言われるように。
    未成年者との飲酒報道を認め、謝罪後に本人、バンド共に活動自粛となりました。 

    今年は残念ながら不倫騒動を起こした有名人が上位にランク・インするという結果となりました。
    まだまだ今年のニュースを賑わせた有名人は大勢います。4位~44位のランキング結果でぜひご確認ください。 

     2016年12月07日 00:00
    http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/022id/OlOcGh65DJKf/

    【2016年最も衝撃的だった「お騒がせ有名人」ランキング、1位ベッキー】の続きを読む

    sfsdindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/03(木) 12:49:29.92 ID:CAP_USER9

    情報雑誌『日経トレンディ』(日経BP社)が選ぶ「2016年ヒット商品ベスト30」が3日、発表された。
    7月22日に日本で配信され、瞬く間に社会現象ともいえるほどの話題を集めたスマートフォン向けゲームアプリ『ポケモンGO』が1位に輝き、
    興行収入200億円突破が確実視されているアニメ映画『君の名は。』が2位にランクインした。


    同ランキングは、1987年の同誌創刊以来続いている人気企画。
    集計期間中(昨年10月から今年9月まで)に発表された商品やサービスを対象に、売れ行き、新規性、影響力の3項目をもとに同誌編集部が総合的に判断した(昨年すでにヒットしていた商品は原則対象外)。



    1位の『ポケモンGO』は、人を動かし、街の風景を一変させた点を高く評価。
    7月最終週におけるプレイ人口は1040万人と「ポケモン旋風」を巻き起こし、子どもから大人まで老若男女が楽しんだ。
    また、モバイルバッテリーや中古スマホなど、関連市場への影響力もすさまじく、観光誘致に活用しようとする県も相次ぐなど、自治体をも動かした。

    2位の『君の名は。』は、すでに興収150億円を突破しており、ジブリ映画以外のアニメ作品としては異例の快挙を達成。
    RADWIMPSの劇中歌も人気を呼び、原作小説も126万部のヒット、舞台となった岐阜県を訪れる“聖地巡礼”などが話題に。
    海外の映画祭でも高評価を受けており、その勢いはしばらく続きそうだ。

    ■2016年ヒット商品ベスト30

    1位…ポケモンGO/2位…君の名は。/3位…IQOS/4位…インスタグラム/5位…メルカリ/
    6位…スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ/7位…新型セレナ/8位…レノア本格消臭/9位…クッションファンデ/10位…グリーンスムージー

    11位…スロギー ZERO FEEL&SUHADA/12位…おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本/
    13位…かみさまみならい ヒミツのここたま/14位…ザ・チャーハン/15位…VR/16位…生誕300周年 若冲展/
    17位…スター・ウォーズ/フォースの覚醒/18位…エアーマッサージャー 骨盤おしりリフレ/19位…EXPOCITY/20位…新・生茶

    21位…ベイブレードバースト/22位…蚊取空清/23位…ポータブル超短焦点プロジェクターLSPX-P1/
    24位…シン・ゴジラ/25位…47都道府県の一番搾り/26位…おそ松さん/27位…フジコ眉ティント/
    28位…ロボホン/29位…バスタ新宿&NEWoMan/30位…グランピング
    ■2016年のヒット人
    高畑充希・山崎育三郎

    ■2017年の顔
    岡田結実

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000331-oric-ent

    【【2016年ヒット商品】1位は『ポケモンGO』、2位は『君の名は。』 3位は・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ