スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    音楽

       ● 10~60代の人気曲トップ20、2016年「年代別カラオケランキング」をJOYSOUNDが発表
       ● 和田アキ子、紅白落選「正直、悔しい」「和田アキ子は歌い続ける」
       ● ポケットビスケッツ20周年記念ベスト発売
       ● 好きな曲をひとり1曲だけ貼ってくれるとありがたいです
       ● 和田アキ子の紅白追放計画、NHKが本気モードに突入! ホリプロは執念のロビー活動へ
       ● 宇多田ヒカルにレコ大優秀作品賞!ロンドン在住で授賞式初出席は難しく
       ● レコード大賞、候補作の優秀作品賞10曲、新人賞4組を発表
       ● SMAP「世界に一つだけの花」293.2万枚で歴代4位 - 3位「TSUNAMI」に迫る
       ● JASRACが生演奏も著作権法違反として静岡の飲食店を提訴
       ● 好きな曲をひとり1曲だけ貼ってくれるとありがたいです

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/22(木) 21:25:48.10 ID:CAP_USER9
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/22/news144.html
    2016年12月22日 20時59分

     JOYSOUNDが2016年の年代別カラオケランキングを発表しました。会員数1000万人以上の「うたスキ」の歌唱履歴に基づき、人気曲トップ20を10~60代の年代別に公開。
    2016年度は10・20代でアニソンが強い人気を見せたほか、総合でも1位となった浦島太郎(桐谷健太)「海の声」が全世代を通して多く歌われていました。

    同ランキングでは例年、10代がボカロ曲、40代が青春時代のJ-POPを歌うなど世代別の歌唱傾向が浮き彫りになるのが特徴。
    今年は10・20代がランキングの半数以上をアニソンが占めるという結果に。
    アニメ「血界戦線」のエンディングテーマであるUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」が10・20代の1位、
    さらには30代でも6位と圧倒的な人気でした。男性ボーカルの曲ながら、歌唱者は6割が女性だったそう。

    10代
    no title

    10代は、2013年・2014年と過半数をボカロ曲が占めていましたが、2016年は5曲と勢いが収まったもよう。
    アニソンは11曲、アニメ「おそ松さん」のA応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」(5位)や映画「君の名は。」のRADWIMPS「前前前世」(15位)など、今年ブームとなった作品の主題歌も入っています。

    20代
    no title

    20代は15曲がアニソンと、例年に引き続きアニメの影響力の強さがうかがえる内容。「おそ松さん」からは「はなまる~」(3位)だけでなく
    「全力バタンキュー」(20位)もランクインしたほか、4月から放送中の「マクロスΔ」からワルキューレ「いけないボーダーライン」(12位)も多く歌われました。

    30代
    no title

    30代は、20代のアニソン人気の傾向を残しつつ、スキマスイッチ「奏」やスピッツ「チェリー」などJ-POPの名曲が出てくるように。
    「海の声」が1位、RADIO FISH「PERFECT HUMAN」が20位と、その年のトレンドがランキングに反映されるのも世代感が出ています。

    40代
    no title

    40代はレベッカ「フレンズ」、DREAMS COME TRUE「未来予想図II」と青春時代を彩る名曲や定番曲が多く入りました。
    「残酷な天使のテーゼ」などアニソンもちらほら見かますが、ここから上の世代はボカロ曲が1曲も入っていません。

    50代
    no title

    60代
    no title

    50代は歌謡曲、60代は演歌が数々と上位に食い込む内容に。NHKドラマ「あさが来た」の主題歌であるAKB48「365日の紙飛行機」は、50代で2位、60代でも8位に入り、異色の存在感を放っています。

    【10~60代の人気曲トップ20、2016年「年代別カラオケランキング」をJOYSOUNDが発表】の続きを読む

    sfdindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/24(木) 15:24:44.50 ID:CAP_USER9
    デイリースポーツ 11/24(木) 14:59配信

     第67回紅白歌合戦の出場歌手が24日、東京・渋谷の同局で発表。これまで
    39回の出場を誇る大御所・和田アキ子が落選となった。

     和田は同日に所属事務所を通じて、報道各社に宛てた署名入りの書面でコメントを発表した。

     【以下、コメント全文】

     今回、この様な形になり、とても残念に思っております。

     40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります。

     ただ、これまでトリも務めさせていただき、司会も務めさせていただき、紅白歌合戦には
    色々と勉強させていただきました。

     感謝の気持ちでいっぱいです。

     これも、これからの歌手人生のための1つの通過点と思っております。

     和田アキ子は、これからも歌い続けていきます!!

     いくつになっても、声が出る限り、誰かの心のオンリーワンの歌手になれるように、
    今後も精進していきます。

     ◇ ◇

     和田は1970年に初出場。78年まで9年連続で出場を果たした後、1986年に復帰し、
    以降は30年連続で紅白出場。今年は31年連続の出場を目指していた。トリを務めることも
    7回、紅組司会を務めたこともあるなど、紅白の“顔”として活躍した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000080-dal-ent

    【和田アキ子、紅白落選「正直、悔しい」「和田アキ子は歌い続ける」】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/23(水) 18:40:18.05 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/owarai/news/210454
    2016年11月23日 17:55

    本日11月23日、内村光良、キャイ~ン・ウド鈴木、千秋によるユニット・ポケットビスケッツのアルバム「THANKS 20th Edition ~Pocket Biscuits Single Collection+」が発売された。


    内村がTERU、ウド鈴木がUDO、千秋がCHIAKIとして活動していたポケットビスケッツはバラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」の企画で誕生した音楽ユニット。
    1996年に「Rapturous Blue」でデビューし、「~できなかったら即解散」といった条件付きの活動を番組に強いられながら数々のヒットを飛ばした。


    今作は、2000年にリリースされたベストアルバム「THANKS」の20周年記念版。
    シングル曲や各メンバーのソロ曲のほか、「Rapturous Blue」の別バージョン、「YELLOW YELLOW HAPPY」のアルバムバージョンなどが収録されている。

    no title

    【ポケットビスケッツ20周年記念ベスト発売】の続きを読む

    sfdindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/21(月) 09:09:29.18 ID:CAP_USER9
    NHKが大晦日の風物詩「紅白歌合戦」から和田アキ子を追放することに、いよいよ本気になっている。そのせいで割を食ってしまったのが、和田と同じ芸能プロダクション・ホリプロに所属している女優の高畑充希だ。高視聴率を記録したNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインを務め、紅組司会が確実視されていたが、和田を外すために選ばれず、有村架純に司会の座を奪われたというのだ。


     1970年から39回にわたって紅白に出場していた和田だが、今年はいよいよ土俵際に立たされている。


    「和田はもうずっと、それこそ思い出せないほど長い期間 ヒット曲がない。にもかかわらず、紅白には出続けてきた。最近ではシングルを出しても1000枚程度しか売れず、周囲からも『プロの歌手と言っていいのか…』という声が漏れるほど。NHKもここ数年、和田を切りたくてたまらないが、ホリプロが“最後の牙城”とばかりに猛プッシュしてくるため、外せなかった」とレコード会社関係者。


     昨年の紅白出場もかなり危ない地点まで来ていた。そんな窮地の和田を救ったのは、同じホリプロで紅組司会を務めた綾瀬はるかだった。昨年もNHKは本気で和田を落選させようとしたのだが、「白組司会のV6・井ノ原快彦のジャニーズ事務所、そしてNHKの意向で紅組司会が綾瀬となり、そのせいで和田をねじ込まれてしまった」と前出関係者。


     昨年、和田を切れなかったことは、NHKの紅白関係者の間でも痛恨の出来事だった。今年こそ絶対に出場させない――そんな強い決意を持って、今年の選考に臨んだという。


    「紅組司会は4月から10月まで放送されていた『とと姉ちゃん』の高畑充希が有力視されていた。だが蓋を開けてみれば、発表された名前は来年の朝の連ドラのヒロイン、有村でした。ホリプロの高畑を司会にしてしまうと、間違いなく和田が一緒に付いて来ますから」とNHK関係者。


     さすがにホリプロもこの事態に焦っている。高畑を司会に選ばなかったことで、NHKの“和田アキ子切り”にかける本気度を見て取ったのだ。


    「今年こそ本当に危ないと強い危機感を持っているホリプロは、事務所がNHKに対して持っているすべてのチャンネルを使って、ロビー活動を行っています。今年出れば40回目の節目なので、『そこまでは何とか』と泣き落としのようなことさえしています。落選組から復活当選に向けて、全精力を注いでいます」と前出関係者。


     近日中に紅白の出場歌手は発表される予定。その時にはホリプロの願いが叶って、和田の名前はあるだろうか…。

    2016年11月21日 9時0分
    http://news.infoseek.co.jp/article/tocana_48713/


    【和田アキ子の紅白追放計画、NHKが本気モードに突入! ホリプロは執念のロビー活動へ】の続きを読む

    kl;kindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/18(金) 10:27:52.22 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 11/18(金) 5:04配信

     「第58回日本レコード大賞」の優秀作品賞、新人賞などの審査会が17日、
    東京・赤坂のTBS内で行われた。6年ぶりに本格復帰した宇多田ヒカル(33)は
    「Fant)me」が最優秀アルバム賞に選ばれたほか、「花束を君に」が
    優秀作品賞に選出された。宇多田は1999年に初アルバム
    「First Love」でアルバム大賞(当時の最優秀アルバム賞)、デビュー曲
    「Automatic」で優秀作品の2冠に輝いたが、授賞式に出演しておらず、
    登場すればレコ大初お目見えとなるが、関係者によればロンドン在住のため
    出演は厳しい状況という。


     また、新人賞には林部智史(28)を始め10人組ユニット「BOYS AND MEN」、
    7人組韓流グループ「iKON」、羽山みずき(24)が選ばれた。
    最優秀歌唱賞には「泣きたいよ」の歌唱を評価された鈴木雅之(60)が選出された。


     表彰式は12月30日に東京・新国立劇場で行われ、優秀作品賞10作から
    日本レコード大賞が、新人賞4組から最優秀新人賞が選ばれる。この模様は
    全国TBS系で一部の地域を除き午後5時半から生中継される。


     主な賞は次の通り。

     【最優秀アルバム賞】
    ▼宇多田ヒカル「Fantome」

     【優秀アルバム賞】
    ▼星野源「YELLOW DANCER」
    ▼back number「シャンデリア」
    ▼葉加瀬太郎「JOY OF LIFE」
    ▼スピッツ「醒めない」

    【日本作曲家協会選奨】
    ▼山川豊
    ▼城之内早苗

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00000210-sph-ent

    【宇多田ヒカルにレコ大優秀作品賞!ロンドン在住で授賞式初出席は難しく】の続きを読む

    sdfdfdfindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/17(木) 23:32:26.23 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASJCK73FBJCKUCVL020.html
    2016年11月17日22時57分

    第58回日本レコード大賞の候補作にあたる優秀作品賞10曲と、最優秀新人賞の候補となる新人賞4組が17日、発表された。
    また「特別話題賞」として、「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で、全米チャート入りしたピコ太郎が選ばれた。
    大賞と最優秀新人賞は12月30日に決まる。

    また、最優秀アルバム賞は宇多田ヒカルの「Fant●(●はoに^〈曲折アクセント〉付き)me」が選ばれた。

    ノミネートされたのは次の通り。

    ♦優秀賞 西野カナ「あなたの好きなところ」▽浦島太郎(桐谷健太)「海の声」▽坂本冬美「女は抱かれて鮎になる」▽きゃりーぱみゅぱみゅ「最&高」
    ▽AKB48「365日の紙飛行機」▽AAA「涙のない世界」▽宇多田ヒカル「花束を君に」▽西内まりや「BELIEVE」▽氷川きよし「みれん心」▽いきものがかり「ラストシーン」

    ♦新人賞 iKON、林部智史、羽山みずき、BOYS AND MEN

    【レコード大賞、候補作の優秀作品賞10曲、新人賞4組を発表】の続きを読む

    sdfsdsmap-kaisan-005-1



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/15(火) 04:42:14.18 ID:CAP_USER9
    [2016/11/15]

    アイドルグループ・SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」(ビクターエンタテインメント/2003年3月発売)が
    週間2.6万枚を売り上げ、11/21付オリコン週間シングルランキング(集計期間:11/7~11/13)で5位にランクインした。

    同シングルの累積売上は293.2万枚を記録。オリコン歴代シングル売上げランキングの4位に浮上した。
    速水けんたろう、茂森あゆみ、ひまわりキッズ、だんご合唱団の「だんご3兄弟」(1999年3月発売)の累積291.8万枚を上回り、
    3位のサザンオールスターズ「TSUNAMI」(累積293.6万枚)に迫っている。

    同グループは1月にグループの独立騒動が報じられてから、グループ存続を訴えるファンがSMAP関連作品の購買運動を続けていた。
    オリコン歴代シングル売上げランキング1位は子門真人の「およげ!たいやきくん」(累積457.7万枚)、
    2位は宮史郎とぴんからトリオの「女のみち」(累積325.6万枚)と続いている。


    http://news.mynavi.jp/news/2016/11/15/025/

    【SMAP「世界に一つだけの花」293.2万枚で歴代4位 - 3位「TSUNAMI」に迫る】の続きを読む

    うぇrfwimages



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/12(土) 12:05:41.17 ID:CAP_USER9
    日本音楽著作権協会(JASRAC)静岡支部は11日、利用許諾契約を結ぶことなく、生演奏とカラオケで同協会が管理する音楽を無断利用したとして、
    飲食店「Music Lounge SUQSUQ(ミュージックラウンジスクスク)」(静岡市葵区)の経営者らに計480万8100円の賠償を求め、静岡地裁に提訴した。
    生演奏を行う事業者に対する著作権差し止め請求と損害賠償請求を求める訴訟は県内で初めて。

    訴状によると、同店は同協会と利用契約を結ばないまま2008年6月に開店し、著作権料の督促にも応じなかった。
    このため、同協会が14年9月に静岡地裁に侵害を差し止める仮処分の申し立てを行った。
    その後同店は廃業し仮処分は解除されたが、無許諾利用期間の使用料が支払われることはなかった。

    また、同店は15年に廃業と開業を繰り返し、生演奏やカラオケなどでの音楽の無断利用を続けた。
    協会の桂野力静岡支部長は「廃業して仮処分を解除し、経営名義などを変えて責任から逃れようとした悪質なケース。
    過去の分も支払って営業してほしい」と話した。
    同店は「協会側に支払う意思を伝えたが、その後、具体的な指示がない。突然、提訴され驚いている」としている。

     ◇営利目的なら利用料は必要

    同協会は、著作者と利用者の間に入って使用料の手続きをする著作権管理事業者の最大手。
    クラシックやジャズ、歌謡曲など国内外の約350万曲を管理している。
    CDや放送、カラオケなどの利用に伴う徴収額は2015年度で約1116億円にのぼる。

    生演奏を行う飲食店は、座席数と利用客1人当たりの平均最低単価、音楽の利用時間から計算された利用料を同協会に支払う必要がある。
    チケットなどが配布される営利目的の野外コンサートなども同様の措置が求められる。
    一方で、路上などでの弾き語りなど営利目的ではない生演奏は、著作権法で自由利用が認められている。

    著作権の保護期間は50年だが、第二次世界大戦(1939~45年)中に米英などの連合国側から発表された曲は60年になる。
    例えば、ベートーベンなどの名曲は使用料を払う必要はなく、自由に演奏できる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000024-mai-soci
    毎日新聞 11/12(土) 10:51配信

    【JASRACが生演奏も著作権法違反として静岡の飲食店を提訴】の続きを読む

    このページのトップヘ