スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    民進党

       ● 民進党、支持層の62%が60歳以上の"シルバー政党"化 共産党をも上回る
       ● カジノ法案反対民進党、6年前はベースになる法案の提案者だった…
       ● 流行語大賞「保育園落ちた日本死ね」 表彰式に民進党の山尾志桜里議員が登場
       ● 民進党の蓮舫氏を二重国籍問題で東京地検に告発へ

    354images


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/19(月) 22:53:23.27 ID:CAP_USER9
     産経新聞社とフジニュースネットワーク(FNN)の合同世論調査で、主要政党の支持層に「60歳以上」が占める割合を見たところ、民進党は62%で、共産党(60・5%)や自民党(41%)などを上回った。過去の調査からも、民進党がじわりと“シルバー政党化”していく傾向が浮かぶ。支持層の高齢化は政策面ともリンクしているようだ。
    (中略)

     民進党支持者の“シルバー率”は、旧民主党政権時代の平成24年ごろは50%前後で自民党と大差なかったが、徐々に増大。母数の関係で振幅は激しいが、全体として右肩上がりの傾向をみせ、最近は60%前後で推移している。

     逆に自民党ではじわりと60歳以上の比率が下がっている。裏を返せば現役世代の比率が増えたと言え、今回の調査では特に男性10・20代で極端な数字が出た。62・5%が自民党支持と答え、民進党支持はわずか1・4%だった。

     民進党の“高齢化”は政策面にも表れている。先の臨時国会では年金制度改革法を「年金カット法案」と批判したが、同法は若者世代が将来受け取る水準を確保するため、現在の高齢者への給付額を減らす内容だ。安全保障関連法への対応で目立った左傾化路線も「団塊の世代」を含む高齢層の志向になじみやすい。
    (一部抜粋/全文はソースで)

    【産経FNN合同世論調査】民進“シルバー政党”化 支持層の62%が60歳以上 年金法・IR法反対…志向とマッチ - 産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/161219/plt1612190048-n1.html

    no title

    【民進党、支持層の62%が60歳以上の"シルバー政党"化 共産党をも上回る】の続きを読む

    えrtれt000089461_640


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/09(金) 11:50:21.18 ID:CAP_USER9
    カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案(カジノ法案)は、
    6日午後の衆院本会議で自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。

     しかし、採決を退席した民進党の対応が疑問視されている。民進党は約6時間という審議時間が短いとして退席を決定。
    衆院採決では賛否まとまらず退席となったが、参院の審議では反対することに決めたという。

     日本維新の会の馬場伸幸幹事長は同日の記者会見で「退席者の中に法案の提案者がいたことは残念」と話した。
    一体どういうことなのか。

     カジノ法案については超党派の「国際観光産業振興議員連盟」で話し合ってきた。通称カジノ議連といい、
    2010年に発足。つまり、民主党政権時代で、当時は民主党議員が会長を務めていた。
    自民党が政権奪還したことで議連のメンバーは大きく変わってしまったが、ベースとなる法案の中身はこの時期に作られている。
    また、発足当初から議員立法として進められていた。

    「カジノ合法化が特に話題になったのは東日本大震災後でした。復興の財源として注目され、
    メディアには『仙台にカジノ誘致か』などと騒がれました」(当時を知る永田町関係者)

     そのころから通常国会や臨時国会が開かれるたびに「今度こそカジノ法案が採決されるのか」とニュースになってきた。

     つまり、今国会でいきなり出てきた話ではない。民主党議員を会長としてカジノ議連がスタートしてから約6年がたつのに、
    民進党は衆院採決までに党内の賛否すらまとめられなかった。

    「民主党時代に惜しいところまでいったことはありました。
    しかし、一部から強硬な反対を受けて駄目になってしまうのです」(前出の関係者)

     国会での審議時間が短いのは問題だが、反対のための反対となってはいけない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12384940/


    【カジノ法案反対民進党、6年前はベースになる法案の提案者だった…】の続きを読む

    えrてindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/01(木) 18:17:18.06 ID:CAP_USER9
     「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の発表・表彰式が1日、東京・内幸町の帝国ホテルで行われた。

     ノミネート30語の中から受賞語に選ばれたのが「保育園落ちた日本死ね」。

     今年2月15日に匿名で日記を書き込めるネットサービス「はてな匿名ダイアリー」に待機児童問題に悩んだ育児中の母親が書き込んだと見られる文章から発生したワード。後に国会でも取り上げられるなど、社会問題化した。


     表彰式には、この匿名ブログについて2月19日の衆院予算委員会で取り上げた民進党の山尾志桜里議員(42)が青のジャケットスーツで登場。「私が賞を受け取っていいのかとも思うんですけど、声を上げた名もない一人のお母さんの言葉と、それを後押ししてくれた2万7862人の署名を下さった方たちに代わって、この賞を受けたいと思います」と話した。


     「奇跡のような流れの中、安倍総理に質問したら、たくさんの人たちが私たちも名前を名乗るよと署名が集まって。そこから待機児童問題が政治問題の隅っこからど真ん中に移動できた。これからは解決する段階と思う」と山尾議員。「私は質問する役割でしたが、できる人ができることをする形でアクションを起こしていけたらと思っています」と宣言した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000120-sph-soci

    【流行語大賞「保育園落ちた日本死ね」 表彰式に民進党の山尾志桜里議員が登場】の続きを読む

    あsだあsindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/10/30(日) 13:15:56.22 ID:CAP_USER9
     民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが28日午後、
    国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとする国籍法違反と公職選挙法違反の罪で、蓮舫氏に対する告発状を東京地検に提出することが分かった。
    この問題で蓮舫氏に対する告発が明らかになるのは初めて。


    告発状によると、蓮舫氏は17歳だった昭和60年1月に日本国籍を取得。
    国籍法に基づき、22歳になった平成元年11月28日までに日本国籍か台湾籍のいずれかを選択する義務があったにもかかわらず、選択の宣言をした今月7日まで怠った。



    また、16年7月の参院選(東京選挙区)に立候補する際、国籍選択の義務を果たしていないにもかかわらず、選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と記載して虚偽の事実を公表したとしている。


    岡代表らは告発状で「本来であれば、この事実(蓮舫氏の二重国籍)を知った有権者の投票による当選はなかった可能性が十分あり、当時の選挙管理委員会と有権者を欺いた」と主張している。


    産経新聞 2016年10/28(金) 13:42
    http://www.sankei.com/politics/news/161028/plt1610280024-n1.html

    前スレ(1が立った日時:2016/10/28(金) 14:43:06.86)
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477786573/

    【民進党の蓮舫氏を二重国籍問題で東京地検に告発へ】の続きを読む

    このページのトップヘ