スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    和田アキ子

       ● 和田アキ子、「アキコ」って誰だ!?名前の表記間違いに静かな怒り
       ● 和田アキ子 ASKA、成宮氏に苦言「同じ仲間として嫌」
       ● 和田アキ子、紅白落選「正直、悔しい」「和田アキ子は歌い続ける」
       ● 和田アキ子 第67回NHK紅白落選!最多39回出場の“顔”今年は見られず
       ● 和田アキ子の紅白追放計画、NHKが本気モードに突入! ホリプロは執念のロビー活動へ
       ● 和田アキ子、難病「シェーグレン症候群」の苦しみ明かす「常に水がないと生きていけない」

    sfsindex


    1: スペア速報@まとめ 2017/06/03(土) 15:53:52.63 ID:CAP_USER9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/03/0010250150.shtml

     歌手の和田アキ子(67)が3日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜、前11・00)に出演した。

    和田は自分の名前が「アキコ」と間違って招待状が届くことがあり、その場合は「絶対に行かない」と語った。


     筋を通すことを大切にしている和田は「私の名前はアキが片仮名、子が漢字。

    でもアキコと全部片仮名でパーティーの招待状が届くことがある」と明かした。

    だが人名という、一番間違えてはいけない部分のミスはどうしても許せないとし、「こんなこと言ってはいけないかもしれないけど…その招待には絶対に行かない」と敢えて指摘はしないが、行動で示しているとした。


     また「マーガレット和田」でデビューする可能性もあったことも触れた和田。

    「本名のままというのは…というのはあったけど、特に改名したいというのはなかった」と振り返った。


    デイリースポーツ 2017.6.3

    【和田アキ子、「アキコ」って誰だ!?名前の表記間違いに静かな怒り】の続きを読む

    3534index


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/25(日) 14:09:04.47 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000097-spnannex-ent
    スポニチアネックス 12/25(日) 14:05配信

     歌手の和田アキ子(66)が25日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕され、不起訴で釈放された歌手のASKA(58)、薬物疑惑報道をきっかけに今月9日に芸能界を電撃引退した元俳優の成宮寛貴氏(34)に芸能界で活動する「同じ仲間として嫌」と苦言を呈した。

     番組では今年話題になったニュースを総ざらい。ASKAが釈放後にブログで繰り返し無実を訴えていることについても取り上げた。和田は「こんなに、まだ…きょう25日で、もう今年あと1週間よ。気持ち悪くないのかね、このままで」と渋い顔。ASKAは同ブログで近いうちに真相を明かすと度々つづっており、和田は「なんか時間かかるって言ってたけど…」とASKAが嫌疑不十分で釈放となるも、不可解な部分が残っている現状に気をもんだ。

     さらに「ちょっとごめんね、全然違う人だけど」と前置きした上で「成宮さん。やっぱり違うってことをちゃんと言わないと」と疑惑を晴らさずして電撃引退した成宮氏についても言及。同じ芸能界で活動する1人として「あのお二方ともその子どもであったり兄弟であったりするわけだから身内でこんな人がいたら辛いでしょ」とコメント。発言を促されたタレントのホラン千秋(28)も「心痛みますし、やってないならやってないで、やってないということを証明してほしい」と訴えた。

     「やっぱりそうでしょ、身内としても」と応じた和田は、「うちらもそんなに迷惑はかかってないよ。会ってないし。でも同じ仲間として嫌じゃない。なんかニュース入ってくるたびに気持ち悪いんだけど」と芸能界にはびこる黒い噂にうんざりしていた。

    【和田アキ子 ASKA、成宮氏に苦言「同じ仲間として嫌」】の続きを読む

    sfdindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/24(木) 15:24:44.50 ID:CAP_USER9
    デイリースポーツ 11/24(木) 14:59配信

     第67回紅白歌合戦の出場歌手が24日、東京・渋谷の同局で発表。これまで
    39回の出場を誇る大御所・和田アキ子が落選となった。

     和田は同日に所属事務所を通じて、報道各社に宛てた署名入りの書面でコメントを発表した。

     【以下、コメント全文】

     今回、この様な形になり、とても残念に思っております。

     40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります。

     ただ、これまでトリも務めさせていただき、司会も務めさせていただき、紅白歌合戦には
    色々と勉強させていただきました。

     感謝の気持ちでいっぱいです。

     これも、これからの歌手人生のための1つの通過点と思っております。

     和田アキ子は、これからも歌い続けていきます!!

     いくつになっても、声が出る限り、誰かの心のオンリーワンの歌手になれるように、
    今後も精進していきます。

     ◇ ◇

     和田は1970年に初出場。78年まで9年連続で出場を果たした後、1986年に復帰し、
    以降は30年連続で紅白出場。今年は31年連続の出場を目指していた。トリを務めることも
    7回、紅組司会を務めたこともあるなど、紅白の“顔”として活躍した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000080-dal-ent

    【和田アキ子、紅白落選「正直、悔しい」「和田アキ子は歌い続ける」】の続きを読む

    あdさdindex





    1: スペア速報@まとめ 2016/11/24(木) 04:34:58.06 ID:CAP_USER9
    大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場歌手が、24日午後に発表される。
    紅組は39回の歴代最多出場を誇り、1986年から31年連続の出場を目指していた大御所、和田アキ子(66)が落選した。


    歌唱面のみならず、紅組司会を通算3度務め、長年大みそかの“顔役”だった和田が落選した。


    13年の北島三郎(80)以降、ここ数年、大物の卒業や落選が続いていることを受け、当落に注目が集まっていた。

    和田は今年、女性歌手歴代単独1位となる連続出場31回の快挙がかかっており、NHKは慎重に選考を進めたが、
    関係者によると23日に入り、色濃くなった世代交代の流れを支持する局内の声が強まり、出場見送りを決定。所属事務所に通達した。


    70年に初出場し、78年まで9年連続出場。
    86年に返り咲いてからは紅組のトリを7回務める常連となり、98年には大トリをとった。

    紅組司会としては97年、白組の司会を務めた「SMAP」中居正広(44)との軽妙な掛け合いが
    お茶の間を大いに沸かせ、「ゴッド姉ちゃん」「芸能界のご意見番」として認知される存在感を示した。


    実績もさることながら常に出場歌手の中心に立ち、場を盛り上げてきた和田だけに、
    同局関係者は「紅白の一時代が終わりを告げた印象が強い」と話す。


    “顔”としての役目に区切りをつけた形になるが、デビュー50周年の節目を迎える再来年をはじめ、
    再び大みそかの舞台に戻ってくる機会はありそう。長年の貢献は自他共に認めており、
    紅白の場で労を称えるべきという声は内外から上がりそう。新たな形での活躍も期待される。


    ◇和田の紅白エピソード

    ▼アカペラ歌唱 98年(第49回)に自身初の大トリをとり、「今あなたにうたいたい」を歌唱。
    マイクを使って歌い始めたが、サビではマイクをおなかの前に。堂々とアカペラで歌い上げた


    ▼白組から出場 05年(第56回)、男性ユニット「m―flo」と組んだ「m―flo loves Akiko Wada」として白組から出場。
    客演で参加したm―floの楽曲「HEY!」を歌唱した


    ▼土下座謝罪 07年(第58回)に同年の紅白出場歌手が決定後、
    自身のラジオ番組で「吾亦紅」のヒットで初出場したすぎもとまさとについて「まったく知らない人」と発言。
    だが、和田は作曲家としてのすぎもとから楽曲提供を受けていた。このため翌日のテレビ番組で土下座謝罪した

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000156-spnannex-ent

    【和田アキ子 第67回NHK紅白落選!最多39回出場の“顔”今年は見られず】の続きを読む

    sfdindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/21(月) 09:09:29.18 ID:CAP_USER9
    NHKが大晦日の風物詩「紅白歌合戦」から和田アキ子を追放することに、いよいよ本気になっている。そのせいで割を食ってしまったのが、和田と同じ芸能プロダクション・ホリプロに所属している女優の高畑充希だ。高視聴率を記録したNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインを務め、紅組司会が確実視されていたが、和田を外すために選ばれず、有村架純に司会の座を奪われたというのだ。


     1970年から39回にわたって紅白に出場していた和田だが、今年はいよいよ土俵際に立たされている。


    「和田はもうずっと、それこそ思い出せないほど長い期間 ヒット曲がない。にもかかわらず、紅白には出続けてきた。最近ではシングルを出しても1000枚程度しか売れず、周囲からも『プロの歌手と言っていいのか…』という声が漏れるほど。NHKもここ数年、和田を切りたくてたまらないが、ホリプロが“最後の牙城”とばかりに猛プッシュしてくるため、外せなかった」とレコード会社関係者。


     昨年の紅白出場もかなり危ない地点まで来ていた。そんな窮地の和田を救ったのは、同じホリプロで紅組司会を務めた綾瀬はるかだった。昨年もNHKは本気で和田を落選させようとしたのだが、「白組司会のV6・井ノ原快彦のジャニーズ事務所、そしてNHKの意向で紅組司会が綾瀬となり、そのせいで和田をねじ込まれてしまった」と前出関係者。


     昨年、和田を切れなかったことは、NHKの紅白関係者の間でも痛恨の出来事だった。今年こそ絶対に出場させない――そんな強い決意を持って、今年の選考に臨んだという。


    「紅組司会は4月から10月まで放送されていた『とと姉ちゃん』の高畑充希が有力視されていた。だが蓋を開けてみれば、発表された名前は来年の朝の連ドラのヒロイン、有村でした。ホリプロの高畑を司会にしてしまうと、間違いなく和田が一緒に付いて来ますから」とNHK関係者。


     さすがにホリプロもこの事態に焦っている。高畑を司会に選ばなかったことで、NHKの“和田アキ子切り”にかける本気度を見て取ったのだ。


    「今年こそ本当に危ないと強い危機感を持っているホリプロは、事務所がNHKに対して持っているすべてのチャンネルを使って、ロビー活動を行っています。今年出れば40回目の節目なので、『そこまでは何とか』と泣き落としのようなことさえしています。落選組から復活当選に向けて、全精力を注いでいます」と前出関係者。


     近日中に紅白の出場歌手は発表される予定。その時にはホリプロの願いが叶って、和田の名前はあるだろうか…。

    2016年11月21日 9時0分
    http://news.infoseek.co.jp/article/tocana_48713/


    【和田アキ子の紅白追放計画、NHKが本気モードに突入! ホリプロは執念のロビー活動へ】の続きを読む

    ghmmindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/10/22(土) 13:46:05.68 ID:CAP
    スポーツ報知 10月22日 12時57分配信

     歌手・和田アキ子(66)が22日、パーソナリティーを務めるニッポン放送
    「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)で、
    涙や唾液が出にくくなる難病「シェーグレン症候群」に罹患しているため、
    水を手放すことができない生活を送っていることを明かした。

     この日のゲストは宮城・慈眼寺住職の塩沼亮潤氏(48)。塩沼氏は
    1300年間でわずか1人しか成功していなかった修行「大峯千日回峰行」の2人目の
    達成者となった僧侶。

     「大峯千日回峰行」は奈良・大峯山の48キロの山道を1日48キロ、16時間かけて
    1000日間毎日歩き続け、それが終わった後、9日間、飲まない、食べない、
    寝ない、横にならないという行をこなすという過酷なもの。99年にこの行を成し遂げ、
    大阿闍梨となった塩沼氏に対し、「すごすぎる。信じられない」と感心しきりの和田。

     中でも9日間、何も飲まないという点について、
    「私は無理。膠原(こうげん)病のシェーグレン症候群ですから。常に水がないと
    生きていけない」と告白。和田は数年前から同番組でシェーグレン症候群のため、
    筋肉痛がとれないなど「常に満身創痍」であることを明かしている。

     シェーグレン症候群は、関節や筋肉に痛みが出る膠原(こうげん)病の一種で
    涙や唾液を作りだしている涙腺、唾液腺などの外分泌腺に慢性的に炎症が生じ、
    涙や唾液の分泌が低下、乾燥症状を呈する自己免疫性疾患。原因は特定されていない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000078-sph-ent

    【和田アキ子、難病「シェーグレン症候群」の苦しみ明かす「常に水がないと生きていけない」】の続きを読む

    このページのトップヘ