スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    台湾

       ● バービーちゃんが火鍋店で肉のドレス!食べ終わった後の姿が物議醸す
       ● 台湾の大の猫好きカメラマンを魅了した「美しい野良猫」
       ● 【映画】<観客動員1000万人突破!>『君の名は。』が台湾で歴代邦画興行収入ランキング1位を獲得!

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/18(日) 19:59:25.86 ID:CAP_USER
    (画像:16日、台湾・台北市の火鍋店で、バービー人形を使った盛り付けが物議を醸している)
    no title


    2016年12月16日、台湾・台北市の火鍋店で、バービー人形を使った盛り付けが物議を醸している。

    動画では、バービー人形を筒状の容器に入れ、鍋用の肉をスカートや上着に見立て飾り付けているのがわかる。
    他ではないサービスに客からは「盛り付けがキレイ」「かわいい」と人気を集めているのだが、子どもを持つ親からは
    「まるで女の子のスカートをめくっているよう」「肉がなくなるとバービー人形は裸の状態になる。子どもの前では
    ちょっとためらう」と否定的な意見が聞かれている。これに対し「バービー人形はもともと子どものおもちゃ。
    変な目で見ないでほしい」との反論も聞かれた。


    否定的な反応について店側は、「人形には樹脂製の下着が着せられており、全裸になることはない。
    人形は容器の中に入っているので、肉をめくっても人形は見えない」と説明している。見た目こそキレイな盛り付けだが、
    使用後洗浄から消毒まで6つの工程を踏み髪の毛までキレイに洗うなど相当の手間がかかっているという。

    (翻訳・編集/内山)

    レコードチャイナ 2016年12月18日(日) 12時20分
    http://www.recordchina.co.jp/a158000.html

    【バービーちゃんが火鍋店で肉のドレス!食べ終わった後の姿が物議醸す】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/10(土) 15:36:30.35 ID:CAP_USER
    台湾の大学で写真講座の講師を務めるNaomi Peiは、自身を「猫奴(猫の奴隷)」と称するほどの愛猫家だ。そんな彼女が今回、旅先で見つけた野良猫たちの姿を紹介する。

    私は1900キロ離れた中国四川省成都市に一人旅に出掛けた。成都は美しい中国文化に満ち溢れた都市だ。ただ、ここで「美しい野良猫」に出会えるとは想像もしていなかった。彼らを見つけたのは古い建造物の敷地にある草むらの中。その日はあいにくの空模様だったが、彼らは雨の中でも楽しそうに遊んでいた。

    とりわけ目を引いたのは体格の良い1匹。首に白い毛があり、雄ライオンのように堂々とした姿にはイケメンオーラが漂っていた。一方、子猫たちは無邪気にじゃれ合い、空を見上げたり、相手をかんでみたり―。そのかわいらしさに引き込まれた私は手を休めることなくシャッターを押し続けたのだった。


    Naomi Pei 配信日時:2016年12月10日(編集/野谷)
    http://www.recordchina.co.jp/photos.php?id=156922
    ●Naomi Pei
    台湾高雄市在住。現在、高雄医学大学で写真講座の講師
    no title

    no title



    【台湾の大の猫好きカメラマンを魅了した「美しい野良猫」】の続きを読む

    sdfmaxresdefault



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/05(土) 10:28:39.60 ID:CAP_USER9
    8月26日の公開からわずか39日間で観客動員は1000万人を突破
    し、週末映画ランキングは驚異のV9を達成した新海誠監督作品『君の名は。』(上映中)が、また新たな記録を打ち立てた。


    先日、世界三大ファンタスティック映画祭の一つ「第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭」(スペイン)でAnima't部門(アニメーション作品の部門)の最優秀長編作品賞にあたる「Award for Best Feature Length Film」を受賞したほか、


    「第18回プチョン(富川)国際アニメーション映画祭」(韓国)の長編コンペティション部門にて、優秀賞と観客賞をW受賞する快挙も達成。


    10月21日に46スクリーンで公開された台湾では、公開週末3日間の興行ランキングで、日本映画としては『テルマエロマエ』(12)以来の初登場第1位を飾り、大ヒットを続けている。


    10月31日時点で台北での興収は52,909,581台湾ドル(約1.7億円)を記録し、それまでの台湾での日本映画の記録だった『リング』(99)の50,836,840台湾ドル(約1.6億円)を抜き去り、


    台湾で公開された日本映画として歴代第1位となった。ちなみに、10月31日時点の全台湾での興収は125,556,618台湾ドル(約4億円)となっており、引き続き公開中。


    また、シンガポールでは11月3日に公開を迎え、今後も、香港では11月11日(金)、イギリスでは11月24日(木)、韓国では2017年1月上旬と、世界89の国と地域で順次公開予定。


    11月3日現在、1354万人を動員し 、興収176億円をあげている日本だけにとどまらず、世界中での大ヒットにも期待がかかる

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000083-mvwalk-movi

    【【映画】<観客動員1000万人突破!>『君の名は。』が台湾で歴代邦画興行収入ランキング1位を獲得!】の続きを読む

    このページのトップヘ