スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    原因

       ● 「クルマ離れ」だけではない? 若者の「○○離れ」に共通する原因とは・・・・
       ● 猫背は鬱病の原因になりうる
       ● [東電] 福島第2の冷却停止原因は水位低下と説明変更
       ● 福島第2原発の核燃料冷却停止、東日本に多い沸騰水型で原子炉建屋の上に核燃料プールが設置されてる事が原因
       ● 引きこもり治療に光…不安な行動は脳内神経の特定タンパク質が原因
       ● 東京電力が会見。福島第二原発3号機のポンプ停止の原因は「地震でプールの水が揺れたから

    sfsdindex

    1: スペア速報@まとめ 2017/06/15(木) 14:08:39.95 ID:CAP_USER
    「クルマはいらない、高級ブランドもいらない」
    「酒は飲まないし、タバコも吸わない」
    「旅行もそれほど行きたいとは思わない」
    「欲しいものもあまりない」


    近年、メディアで「若者の○○離れ」といったタイトルを見かけることがあります。○○には様々な言葉が入りますね。私はバブル時代を経験しているのですが、実際に最近の若者に話を聞いてみると「なんと低欲求なのだろうか」と驚かされます。時代背景の違いでしょうか……。ただ、消費には消極的なのですが、一方で貯蓄等には関心が高い印象も受けます。


    今回は若者の「○○離れ」「低欲求」の背景について経済学の観点からアプローチします。


    ユースフル労働統計によると、大卒・大学院卒の男子の一生涯に受け取る給料(生涯賃金)は2000年の時点で2億7900万円でした。それが2013年には2億5470万円に減少しています。つまり、生涯賃金は13年間で2400万円も少なくなっているのです。


    ただし、上記は正社員の生涯賃金です。非正社員はさらに3割近くも賃金が低いと言われていますので、生涯賃金もさらに低くなります。


    収入が少なければ、欲しいものがあっても購入できないのは「当たり前」です。また、年金の受取額も将来減っていくのは確実なので、老後に対する不安から消費を控え、貯蓄に回そうと考える側面もあるかも知れません。


    しかし、バブル時代の若者はローンを組んでまでクルマを購入していました。クルマに限らず、欲しいものがあれば借金をしてでも手に入れていたのです。時代背景の違いが、消費行動の違いをもたらしているとも考えられるのですが、それは具体的にどういうことなのでしょうか。


    若者の「○○離れ」を経済学で考える
    人間の一生涯にわたる消費行動は、経済学の「ライフサイクル仮説」で説明することができます。


    「ライフサイクル仮説」とは、人間は「いま持っているお金だけ」を考えて消費するのではなく、「将来のお金(※一生涯に手にするお金)」も考慮しながら消費行動をするという説です。


    バブル時代の若者が、ローンを組んでまでクルマを購入したのは「いま持っているお金だけ」ではなく、「将来のお金」も考慮した結果の行動といえます。この時代は空前の好景気と呼ばれ、今年よりも来年、来年よりも再来年と給料がどんどん増えることが「当たり前」と考えられていました。そうした「将来のお金」を考慮し、返済が可能と考えていたからこそ「安心して」自動車ローンを組むことができたのです。また、当時は公的年金制度や企業年金についても、不安など一切ありませんでした。定年退職後は悠々自適な年金生活が「当たり前」と考えられていたのです。


    一方、いまの時代はどうでしょうか。もはや毎年確実に給料が上がる保証などどこにもありません。5年後、10年後に自分の年収がどのくらい増えているか、具体的にイメージできる人がどれだけいるでしょうか。それどころか、特に非正社員は収入が「途絶える」リスクもないとはいえません。公的年金制度や企業年金についても破綻はしないまでも、やはり「将来への不安」は否めず、ある程度の蓄えが必要となります。


    そう考えると昨今の若者の○○離れ、低欲求も「起こるべくして起こった」と言えるのかも知れません。
    以下ソース
    https://zuuonline.com/archives/155978

    【「クルマ離れ」だけではない? 若者の「○○離れ」に共通する原因とは・・・・】の続きを読む

    えrtrindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/12(月) 13:15:33.78 ID:t9+9tomw
    なぜならば、猫背の方は顎を上げるように首を伸展させる姿勢になります。
    何故なら、猫背のまま首を上に向けなかったら、下しか見えなくなります。

    首を伸展させると、頭蓋骨と首の骨の境目が詰まるように折れ曲がります。
    この折れ曲がりが自律神経に負担をかけるのです。

    実は脳と脊髄は、脳脊髄液という液体で包まれています。
    この脳脊髄液というのは循環をしているのですが、首が折れ曲がることにより、
    脳脊髄液の循環が、首の折れ曲がったところで詰まりやすくなってしまうのです。

    脳脊髄液は非常に重要なものなので、流れが詰まると脳の機能低下を起こしてしまうのです。

    脳脊髄液の流れが悪くなる症状としては...

    頭痛
    頭が重い
    目の奥が疲れる、または痛い、重い
    忘れっぽくなる
    考えることが出来なくなる

    http://www.jiritunavi.com/kiji/nekozetojss.html

    【猫背は鬱病の原因になりうる】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/24(木) 23:01:57.61 ID:CAP_USER
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016112401001872.html

     東京電力は24日、福島県沖の地震により福島第2原発3号機の使用済み燃料プールの冷却が一時停止した原因が、
    プール脇にあるタンク内の水位低下だったとの見方を示した。当初の説明は、タンクの水が地震で揺れたことを水位変化と検知したとしていたが、変更した。

     燃料プールは、循環している冷却水の上澄み部分が脇にあるタンクに流れ込む構造。タンクの水を浄化・冷却し、
    再びプールに注水している。地震時は揺れにより、プールの水の一部が建屋内の別の設備に流れ出たため、
    本来は脇にあるタンクに流れ込む水量が減少し、タンク内の水位が低下したとみられる。

    【[東電] 福島第2の冷却停止原因は水位低下と説明変更】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/23(水) 21:40:14.88 ID:CAP_USER
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000142-mai-sctch

     福島県沖で22日朝に発生した地震では、東京電力福島第2原発3号機の使用済み
    核燃料プールの冷却設備が一時停止した。同原発は東日本に多い沸騰水型で、
    プールは原子炉建屋の上部に設置されている。


    地震でプールの水面が揺れ、一時的に水位が下がったことを感知して
    自動停止したとみられている。
    一方、関西、四国、九州電力の各原発は加圧水型で、プールは原子炉建屋とは別の建屋にある。
    地盤の基礎上に設置され、安定性が高いとされる。


     原子炉建屋内にある沸騰水型のプールは、原子炉から燃料を取り出した際の移動距離を短くできるメリットがある。
    しかし建屋上部にあり、揺れの影響を受けやすいとの指摘もある。東京電力をはじめ北陸、中国電力などの原発が沸騰水型だ。


     東日本大震災で事故を起こした福島第1原発も沸騰水型で、プールが冷却機能を喪失し、
    深刻な事態に陥った。

    一方、同震災でも、頑丈な専用容器に密封し外気で容器ごと冷やす「乾式貯蔵」
    で保管されていた使用済み核燃料については問題がなかったため、原子力規制委員会は
    「乾式貯蔵」に移行するよう各電力会社に求めている。【鳥井真平】

    【福島第2原発の核燃料冷却停止、東日本に多い沸騰水型で原子炉建屋の上に核燃料プールが設置されてる事が原因】の続きを読む

    xvcindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/23(水) 19:48:18.47 ID:CAP_USER9
    集団から隔離し、1匹だけで飼育されたマウスが不安な行動を示すのは、脳内神経にある特定のタンパク質が原因だとマウスの動物実験で分かったと、京都大大学院医学研究科の成宮周教授(薬理学)らの研究チームが22日(現地時間)、米科学誌「セル・リポーツ」電子版で発表した。


    チームによると、人間も社会から隔離された場合、マウスと同じような脳内神経の状態に陥ることが推測される。人間でも同じタンパク質の影響が確認できれば、引きこもりに対する認知行動療法の開発などに役立つ可能性がある。


    実験では、集団から約6週間隔離されたマウスを使用。床から50センチの高さにあり、壁のある道と、ない道が交差する「十字迷路」での行動を観察した。
    その結果、通常マウスは壁のある道とない道を盛んに行き来したが、隔離したマウスは壁のある道にとどまる時間が長く、壁のない道を歩こうとしなかった。不安が強かったとみられる。


    一方、隔離マウスで、脳内神経にあるタンパク質「mDia(エムディア)」を欠損させると、通常マウスと同じような行動を取るようになった。このタンパク質が不安行動に関与していると判断した。
    チームのメンバーで長崎大創薬研究教育センターの出口雄一特任准教授(神経科学)は「将来的に不安を低減する認知行動療法などに役立つことが期待される」と話している。

    http://www.sankei.com/west/news/161123/wst1611230023-n1.html

    【引きこもり治療に光…不安な行動は脳内神経の特定タンパク質が原因】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ」 2016/11/22(火) 08:48:58.12 ID:CAP_USER9
    https://twitter.com/nhk_seikatsu/status/800847605450145792

    福島第二原発3号機で、使用済み燃料を冷却するための
    水をためるタンクの水位が低下したことを示す警報が鳴り、
    プールに水を送るポンプが一時停止した原因について、
    東京電力は「地震でプールの水が揺れて警報が出て
    ポンプが止まったと考えている」と記者会見で述べ、
    今後詳しく調べるとしています。

    【東京電力が会見。福島第二原発3号機のポンプ停止の原因は「地震でプールの水が揺れたから】の続きを読む

    このページのトップヘ