1: スペア速報@まとめ 2016/12/11(日) 09:47:16.19 ID:CAP_USER
http://www.asahi.com/articles/ASJD6672NJD6UTIL055.html
no title


 日本発で世界に広がった「ラジカセ」。デジタル化が進むいま、一世を風靡(ふうび)したアナログ家電が再評価されている。
池袋パルコのパルコミュージアムで9日、魅力と派生した文化を紹介する「大ラジカセ展」が始まった。

 足立区の家電収集家・松崎順一さん(56)が十数年かけて集めた約5千台から、100台超を選んだ。
松崎さんが「黄金時代」と呼ぶ1975~85年に発売されたものが中心だ。国産初という68年発売のものもある。

 企画制作会社の沼田夏子さんは「時代に敏感なアーティストがカセットで表現し始めた。世の中が欲していると考えた」
と話す。松崎さんと知り合ったのは数年前。時代遅れのはずのラジカセが現代でも持つ魅力を感じ、企画をあたためていたという。

【ラジカセ、再評価の動き ほっとする人間味ある豊かな世界】の続きを読む