スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    中国

       ● 【中国メディア】 中国が起源の「大学いも」・・・冷やして食べるところが日本らしい!
       ● 中国出張行きたくねえなぁ。
       ● 「艦これ」のパクリ !? 世界の戦車を萌え擬人化した中国のゲームアプリ『坦克少女 Tank Girls』
       ● 中国のニュース番組が「NEWS ZERO」とそっくり、盗作か
       ● 今後は日本にクラブW杯が来ない!? 2017、18年大会はUAE開催で決定 2019年以降は中国か
       ● 台湾の大の猫好きカメラマンを魅了した「美しい野良猫」

    1: スペア速報@まとめ 2017/08/26(土) 12:54:51.06 ID:CAP_USER
    サツマイモを使った料理は数々あれど、スーパーの総菜売り場から専門店、ファミリー向け回転寿司店まで広く愛されているサツマイモの食べ物といえば、「大学いも」である。

    古くからある日本のスイーツとしてすっかり認知されているが、その起源はやはり中国のよう。
    大学いもを見た中国人のなかには「これって中国に普通にある食べ物じゃないか」と思う人もいるようだ。


    中国メディア・今日頭条は18日、日本のグルメとして「大学いも」を紹介する一方で、実は中国からやってきた食べ物であるとする記事を掲載した。

    記事は「大学いも」について「簡単に言えば、糖蜜をまぶして作った焼きいもである。何となく見たことがあるような・・・これは中国の『抜絲地瓜』ではないか」と紹介。「大学いも」と「抜絲地瓜」が酷似した食べ物であることを伝えている。


    「抜絲地瓜」とは、素揚げしたサツマイモの飴掛けのことで、「地瓜」がサツマイモを意味する。
    似てはいるが「大学いも」と全く同じではない。


    「抜絲地瓜」は熱いうちに食べないと飴がどんどん固まっていき、歯が立たなくなる。
    飴というよりはタレに近い大学いものように「冷やしてもおいしくいただける」訳ではない。
    そして、サツマイモのほか、バナナやリンゴのフリッターを飴に絡めたものもポピュラーだ。


    記事はまた、「大学いも」と呼ばれる所以についても言及。
    2つの説があり、1つは大正から昭和初期にかけて東京・神田地域にある学生街でこの食べ物が流行ったことから、もう1つは貧しい大学生がこの食べ物を売って学費を稼いでいたから、と説明した。

    さらに、20世紀初めに日本で出版された中華料理の本に「大学いも」と同じ作り方の料理が記載されていると紹介している。


    中国では特に北部地域でサツマイモを「地瓜」と言うことがあるほか、ジャガイモも北部地域を中心に「土豆」と呼ぶ。
    どちらも別の野菜に例えているところがおもしろい。


    ほかにもニンジンを「胡蘿蔔」(異国のダイコン)、トマトを「番茄」(異国のナス)と呼ぶが、これらの野菜はいずれも比較的新しい時代に中国に渡ってきたものという共通点があるのだ。(編集担当:今関忠馬)

    http://news.searchina.net/id/1642697?page=1

    no title

    (イメージ写真提供:123RF)

    【【中国メディア】 中国が起源の「大学いも」・・・冷やして食べるところが日本らしい!】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2017/06/13(火) 13:19:06.61 ID:CAP_USER
    ■中国語のゲームアプリ

    『坦克少女 Tank Girls』、アプリ名を見て分かるかもしれませんが、本アプリは全編中国語です。
    ゲームを始めると何やら可愛い女の子が中国語で話しかけています。
    「我是快速坦克BT-2!」

    no title


    たぶん「私は快速戦車のBT-2!」と言っているのでしょう。さすが漢字文化、なんとなくわかります。
    この画面は最初のキャラクター選択で、ほかにも3人の女の子がいます。

    no title


    左から「I号」「M2-L」「NC-31」です。戦車の名前そのままなんですね。
    あ、これ戦車擬人化ですね。

    ■何かに似ている

    no title

    メイン画面です。あれ?なんか見覚えが…。
    とりあえず、一番大きな金色のボタン「出?」をタップしてみます。

    no title


    あ…。
    no title


    おぅ…
    no title


    こ、これは…。
    no title


    敵キャラまで…。
    no title


    ボスっぽい?ちょっと強力な敵も、なんか見覚えがあるぞ…。

    ■かわいい坦克少女たち

    http://i.imgur.com/v4qIiIx.png
    http://i.imgur.com/ftMtJKX.png
    http://i.imgur.com/kEIZwP8.png
    http://i.imgur.com/3DcLirO.png

    戦闘が終わると、新しい戦力となる女の子…戦車…いや坦克少女が手に入ります。
    もうここまでくればおわかりですね?
    中国語だって大丈夫です。ここまで一緒なら言葉なんてわからなくてもプレイできます。
    え?ここまで似てるんならアレはあるのかって?

    http://i.imgur.com/YFucPhw.png

    もちろん。

    https://octoba.net/archives/20150622-android-game-tank-girls-439649.html

    ※続きます

    【「艦これ」のパクリ !? 世界の戦車を萌え擬人化した中国のゲームアプリ『坦克少女 Tank Girls』】の続きを読む

    dgimages


    1: スペア速報@まとめ 2017/06/07(水) 19:59:06.50 ID:CAP_USER
    2017年6月6日、中国のテレビ局大手・湖南衛星テレビのニュース番組が、日本テレビ系「NEWS ZERO」にそっくりだとして盗作が指摘されている。観察者網が伝えた。

    湖南衛星テレビの経済チャンネルが放送するニュース番組「今夜iMAX」が、「NEWS ZERO」からの盗作としか思えないと話題になっている。

    ネット上に登場した「今夜iMAX」と「NEWS ZERO」の比較画像を見ても、白とグリーンを基調にしたスタジオのセット、出演者の立ち位置、テロップの字体やデザインなど、どれを取ってもまさにうり二つといったところ。オープニングテーマ曲までもが非常によく似ている。


    「NEWS ZERO」の放送がスタートしたのは06年10月だが、「今夜iMAX」は13年にスタートした番組。なお、同番組のパクリが指摘されたのはこれが初めてではない。「NEWS ZERO」のキャスターを務める「嵐」メンバー・櫻井翔の中国のファンたちが、番組開始当初に「パクリではないか」とSNSを通じて発信していた。


    画期的なバラエティー番組を生み出して躍進してきた湖南衛星テレビだが、ここ数年は盗作の話題が後を絶たない。最近でも韓国メディアが、「神奇的孩子」「向往的生活」「中餐庁」といったバラエティー番組について、韓国の人気番組のパクリだと猛批判したばかりだ。


    韓国だけでなく、日本からのパクリを指摘された事例も「NEWS ZERO」だけではない。過去にはバラエティー番組「天天向上」が、アイドルグループKAT-TUNのコンサートの舞台デザインをそのまま使用したと話題になり、女性キャスターによる番組の宣伝動画では、人気ユニットPerfumeのPVとそっくりな衣装や演出が使用されて批判を浴びている。
    Record china
    2017年6月7日(水) 12時0分
    http://www.recordchina.co.jp/a180387.html

    【中国のニュース番組が「NEWS ZERO」とそっくり、盗作か】の続きを読む

    くぇqindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/12/24(土) 17:42:26.37 ID:CAP_USER9
    産経新聞 12/24(土) 13:55配信

    鹿島準優勝 日本にクラブW杯が来ない!? 2019年以降は中国か

    クラブW杯表彰式で、レアルのモドリッチ、ロナウド(右から)と並んだ鹿島の柴崎に笑みはなかった(写真:産経新聞)



     12月18日まで、日本の日産スタジアム(横浜市)と市立吹田スタジアム(大阪・吹田市)で開かれたサッカーのクラブワールドカップ(W杯)は、開催国枠で出場したJ1鹿島が準優勝を果たした。アジア勢で初めて立った決勝の舞台でレアル・マドリード(スペイン)に延長戦の末に敗れたものの、真っ向勝負を展開して世界にJリーグの魅力を発信した。2017、18年はアラブ首長国連邦(UAE)開催。スポンサーとの関係で、もう日本開催はないと指摘する関係者もいる。


     ■「シバサキ」の衝撃


     決勝でRマドリードを相手に2ゴールを奪った鹿島の柴崎は、強烈な印象を残した。0-1の前半44分、土居の折り返しからのこぼれ球を押し込み同点ゴールを奪うと、後半7分には左足で強烈なミドルシュートを突き刺した。2-1とリードする展開にして、スペインの「白い巨人」をおおいに慌てさせた。


     延長戦で力尽き2-4で敗れた。表彰式でもらった2位のメダルは誰よりも先に首から外した。頬には涙がこぼれた跡がわずかに残っていた。仏頂面を決め込んでつぶやいた。「2位は2位。歴史的には優勝したレアルの名前が残るだけ。そこに名前を刻みたかった」


     頂点に立てなかった悔しさとは裏腹に、「シバサキ」「カシマ」の名は世界中を駆け巡った。


     スペインのマルカ紙は柴崎に「鹿島の宝石」との見出しを立て、「2点を決め、レアルを脅かした柴崎は、スペインでのプレーを望んでいる」と報道。「決勝のプレーは世界中の技術部長の目に留まった」とした。


     英国の大衆紙「サン」も柴崎の経歴を紹介したうえで、「日本のイニエスタ」と紹介。パスもゴールも巧みな世界を代表するスペイン人MFと重ねて説明した。


     レアルの監督、選手も驚きを隠さなかった。外電などによると、決勝戦で最終的にハットトリックを決めて勝利に導いたエースのロナルドは「苦しめられた。(鹿島のプレーが)予想以上だった」と振り返り、ジダン監督は「特別なテイストを持っている」と鹿島の試合運びを評価した。


     ■日本開催は最後!?


     鹿島が躍動して幕を閉じたクラブW杯は、2017、18年大会のアラブ首長国連邦(UAE)開催が決まっている。少なくても向こう2年は日本に開催国枠はなく、日本のクラブが再び出場するには、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で優勝し、アジア代表となる以外に手はない。


     「もう日本でクラブW杯は行われないのではないか」と、厳しい見通しを示す関係者もいる。


     クラブW杯の冠スポンサーは日本のトヨタ自動車に替わって、昨年から中国の電子商取引最大手、アリババグループの自動車ブランドが務めている。


     トヨタ自動車は、クラブW杯の前身で、欧州と南米の王者同士が中立地の日本にやってきて一発勝負で雌雄を決したトヨタカップの時代からスポンサーを務めた。


     クラブW杯が現行方式で行われるようになった2005年以降、12大会中8大会が日本(2005~08、11、12、15、16年)開催され、あとはUAE(2009、10年)とモロッコ(2013、14年)が2回ずつ。スポンサーのトヨタ自動車と無関係ではない。


     この文脈で考えると、まだ開催地が決まっていない2019年以降、アリババグループが拠点を置く中国で大会が開催される可能性は高い。

     ■決勝だけ「赤」

    記事全文はこちら
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000527-san-socc

    【今後は日本にクラブW杯が来ない!? 2017、18年大会はUAE開催で決定 2019年以降は中国か】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/10(土) 15:36:30.35 ID:CAP_USER
    台湾の大学で写真講座の講師を務めるNaomi Peiは、自身を「猫奴(猫の奴隷)」と称するほどの愛猫家だ。そんな彼女が今回、旅先で見つけた野良猫たちの姿を紹介する。

    私は1900キロ離れた中国四川省成都市に一人旅に出掛けた。成都は美しい中国文化に満ち溢れた都市だ。ただ、ここで「美しい野良猫」に出会えるとは想像もしていなかった。彼らを見つけたのは古い建造物の敷地にある草むらの中。その日はあいにくの空模様だったが、彼らは雨の中でも楽しそうに遊んでいた。

    とりわけ目を引いたのは体格の良い1匹。首に白い毛があり、雄ライオンのように堂々とした姿にはイケメンオーラが漂っていた。一方、子猫たちは無邪気にじゃれ合い、空を見上げたり、相手をかんでみたり―。そのかわいらしさに引き込まれた私は手を休めることなくシャッターを押し続けたのだった。


    Naomi Pei 配信日時:2016年12月10日(編集/野谷)
    http://www.recordchina.co.jp/photos.php?id=156922
    ●Naomi Pei
    台湾高雄市在住。現在、高雄医学大学で写真講座の講師
    no title

    no title



    【台湾の大の猫好きカメラマンを魅了した「美しい野良猫」】の続きを読む

    このページのトップヘ