スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    チューボーですよ!

       ● 「チューボーですよ!」最終回視聴率8.0% 22年の歴史に幕
       ● チューボーですよ!終了「女子アナ出ず」が原因?「アシスタントが女子アナじゃなくなってから一気につまらなくなった」

    うぇrうぇrindex

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/26(月) 10:24:38.39 ID:CAP_USER9
     タレントの堺正章さんがMCを務める人気番組「新チューボーですよ!」(TBS系)の最終回が24日、
    15分拡大版で放送され、平均視聴率は8.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。1994年4月に
    「チューボーですよ!」として放送を開始して以来、約22年にわたり土曜の夜を料理と笑いの渦に
    巻き込んできた番組の歴史に幕が下りた。

     「新チューボーですよ!」は、94年4月に「チューボーですよ!」として放送を開始し、2013年に
    リニューアル。“キョショー”こと堺さんの明るい司会とともに多くのゲスト出演者を招き、土曜の夜を
    料理と笑いの渦に巻き込んできた。長い番組の歴史では、数多くの“街の巨匠”を紹介。また堺さんの
    「いただきました! 星! 三つです!」などの名フレーズも生み出された。

     最終回では、初代アシスタントを務めたフリーアナウンサーの雨宮塔子さんと、堺さんの自宅に遊びに
    行くほどプライベートでも仲がいい俳優の唐沢寿明さんをゲストに迎え、15分拡大のスペシャルバージョンで放送。
    最後のメニュー「ローストチキン」を作りながら、番組を彩った数々のゲストや名シーンを次々と振り返った。

     番組のラストで、堺さんは「22年間、本当に皆さんに見ていただいて、愛していただいて、
    『チューボーですよ!』今回で終了ということになりました。この番組は作ることもあれなんですけど、
    皆さんに来ていただいて、食べていただいて笑顔をいただいて、すてきな番組だったなと思います」としみじみ。

     さらに「22年間は僕の最長の番組記録だと思います。これから22年をやるのは大変。90(歳)を
    過ぎますから。それはできないと思いますけど、また、これから新たに頑張りたいと思いますので、
    皆さんご協力よろしくお願いします」と前向きに語り、「番組を見てくださいました皆さん、本当に
    ありがとうございました!」と感謝した。

     さらに、ゲスト2人に対して、この22年間に対しての“星”を求めると、唐沢さんと雨宮さんは
    「星三つです!」と声をそろえ、堺さんは「ありがとうございました! いただきました! 星! 
    三つです!」と名フレーズで締めくくり、唐沢さんらと握手を交わし笑顔と拍手で番組の最後を飾った。

    http://m.mantan-web.jp/article/20161226dog00m200003000c.html

    【「チューボーですよ!」最終回視聴率8.0% 22年の歴史に幕】の続きを読む

    sdfdssOKNdqIhC_20161109141433



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/12(土) 08:10:04.89 ID:CAP_USER9
    2016年は『ごきげんよう』『さんまのまんま』(いずれもフジテレビ系)など、ご長寿番組が続々と終了。
    そして、22年もの長きにわたり放送された『チューボーですよ!』(TBS系)も、終了が発表された。
    ネットでは、『チューボー』の終了について、「堺 正章のアシスタントが女子アナではなくなったことが、番組が失速した原因では」という見方が広まっている。


    『チューボーですよ!』は1994年、堺と当時TBSアナウンサーの雨宮塔子の2人をメイン出演者として始まった料理バラエティ番組。


    その後番組アシスタントは、「TBSの人気女子アナ」の代名詞的存在に。外山惠理、木村郁美、小林麻耶、枡田絵理奈など、現在も活躍する女子アナウンサーたちが代々務めてきた。
    しかし、2013年に『新チューボーですよ!』へとリニューアルすると、タレントのすみれ、2015年からはモデルの森 星と平成ノブシコブシの吉村 崇がアシスタントを担当。
    「女子アナ枠」ではなくなっていたのだ。


    Twitterではこれを指摘する声が多く、


    「アシスタントが女子アナじゃなくなってから一気につまらなくなった」
    「女子アナからなんか英語しゃべる人になってからあんまり見なくなって、ノブコブ吉村が参加してから全く見なくなった」
    「『チューボーですよ』は堺正章+アナウンサー時代はみていたけど、アシスタントが増えてからはまったくみなくなってしまった」

    と「女子アナ時代」終了以降は良い印象がないという投稿が相次いだ。
    さらに、


    「女子アナがマチャアキを転がしながらアシスタントしてるのが楽しかったのに」
    「木村アナとか小林アナなどの女子アナがアシスタントの頃がハプニングもあったりで面白かったと思う」
    「番組本来の良さが全くなくなったし、しかもアシスタントをタレント2人にしてからは誰がゲストなのかさえもわからないし画面の構図としてごちゃごちゃし過ぎ」


    と、堺と女子アナの掛け合いやイジり合いが魅力だった…などの「女子アナ時代」の良さを分析するツイートも登場している。


    12月24日に放送される最終回には、初代アシスタントの雨宮アナと、堺とプライベートでも親交がある唐沢寿明をゲストに迎えたスペシャルバージョンが放映される予定。魅力だった“軽妙なやりとり”が見られるか。
    (山中一生)

    R25 11/12(土) 7:06配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161112-00000001-rnijugo-ent

    【テレビ】<TBS/チューボーですよ!>』12・24最終回!1994年4月にスタートし、22年にわたって放送された長寿番組
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1478658345/

    【チューボーですよ!終了「女子アナ出ず」が原因?「アシスタントが女子アナじゃなくなってから一気につまらなくなった」】の続きを読む

    このページのトップヘ