スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    スマホ

       ● 10年前に世間がスマホを使いLINEをするだなんて予想できたか??
       ● 2018年は「折りたためるスマートフォン」が主流に?Appleも開発の可能性
       ● マナーモードをオンでスクリーンショットの無音化が可能に、iOS 10.2
       ● ありそうでなかった!トイレのスマホ置き場はココに決まり!
       ● ポケモンGOに追加の「第2世代ポケモン」、詳細は12月12日(米国時間)に発表へ
       ● 乗客のスマホ充電器から煙 JR山手線が一時運転見合わせ 充電器には海外メーカーの表示

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/27(火) 10:05:08.42 ID:CAP_USER
    http://iphone-mania.jp/news-149711/
    no title



    Appleを始めとするテクノロジー企業が2018~2019年にかけて、折りたたみ可能なスマートフォンをリリースする
    計画があるのではないか、とする観測が浮上しています。


    OLEDディスプレイ搭載でデザインに幅
    Samsungが2017年、折りたたみ可能なスマートフォンをリリースすると言われていますが、同社に続く形で、
    Appleなど様々なスマートフォンベンダーが2019年までに、こうしたスマートフォンの将来的なリリースを計画しているそうです。
    スマートフォンを折りたためるようにするためには、現行のiPhoneに搭載されているような液晶(LCD)ディスプレイではなく、
    バックライトの要らない有機EL(OLED)ディプレイが不可欠です。


    2017年にAppleはiPhone8(仮称)シリーズのうち、プレミアムモデルにのみOLEDを用いるとされていますが、
    事情通の話では、早ければ2018年にも折りたたみ可能なスマートフォンをリリースしてくる可能性もありそうです。


    2018年にはベンダー数社がリリースし業界の主流に?
    「2018年に3~5社のテクノロジー企業が、折りたためるスマートフォンを世界的に大量生産するとみられている」と話すのは
    、OLEDディスプレイを保護するポリイミドを生産するサプライヤーのKolon Industriesです。

    同社でポリイミド部門を担当する人物は「将来的にこういったデバイスが全スマートフォン市場の20%ほどを占めるだろう」
    と予測を立てています。ひとまず、曲げ半径5mmのスマートフォンが市場に登場し、段階的に財布のように折りたため
    る曲げ半径1mmレベルのものがリリースされていくようです。

    このテクノロジー企業にAppleが含まれているかどうかは明示されていませんが、これまでAppleは「カーボンナノチューブ
    構造あるいはカーボンをベースとした他構造による電子デバイス」と題したものを始めとして、
    定期的に折りたたみデバイス関連の特許を発表しており、開発を前向きに推し進めている可能性は決して低くありません。

    【2018年は「折りたためるスマートフォン」が主流に?Appleも開発の可能性】の続きを読む

    うぇrwrindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/13(火) 10:25:58.24 ID:CAP_USER
    http://www.rbbtoday.com/article/2016/12/13/147868.html

    iOSの最新アップデート配信がされるたびに、さまざまな方法でスクリーンショットの無音化
    に取り組まれてきたが、本日13日未明にアップデート配信が開始されたiOS 10.2では、
    これに標準対応していることが分かった。

     すでに、開発者向けの同ベータ版において存在が確認されてきた機能だが、正式版のリリースにおいても
    、継続して提供されることになっている。

     利用方法は、サイレントスイッチによってマナーモードをオンにするのみ。本体の音量調整に応じて、
    スクリーンショット撮影時のシャッター音も変更されるようになっている。

    【マナーモードをオンでスクリーンショットの無音化が可能に、iOS 10.2】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/11(日) 08:54:13.71 ID:CAP_USER
    確かにコレは欲しかった…! トイレットペーパーホルダーがスマホ置き場になるシリコーン製トレイ、その名も直球で「トイレトレイ」が登場だ!

    no title


    ■火山岩“高千穂シラス”使用で消臭効果もアリ!

    発売元のコバックは、30年以上にわたりシリコン部品の開発を行ってきた。同社のブランド「KANSHOKU」シリーズでは、シリコンの独特な感触をより楽しんでもらえる製品を生み出している。

    「トイレトレイ」は、つけるだけでペーパーホルダーがちょい置きトレイになる、ありそうでなかった商品。これがあれば、トイレでスマホやポーチ、財布やアクセサリーなどの置き場所に困ったときでも大丈夫。柔らかいシリコン素材は滑り止めになり、スマホなどをホールド。落下してキズが付くこともない。

    鹿児島県から宮崎県南部にかけて広がる広大なシラス台地から集めた新素材「火山岩シラス」を配合している。シラスとは、マグマが岩石となる前に粉末となった物質。マグマのエネルギーを秘めたシラスは、住建材として人と環境にやさしい多くの優れた機能があり、トイレ用品に必須の消臭効果も備えているのだ。

    シリコンなのに石目調でオシャレ! 1つ持っていても損はないアイテムだ。

    no title


    https://www.goodspress.jp/news/73177/

    【ありそうでなかった!トイレのスマホ置き場はココに決まり!】の続きを読む

    dgdgindex

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/08(木) 07:18:13.05 ID:CAP_USER9
    ITmedia ニュース 12/8(木) 7:08配信

    発表文にはジョン・ハンケCEOの署名が

     米NianticのPokemon GO開発チームは12月7日(現地時間)、12月中にゲームアプリ「Pokemon GO」に幾つかの新機能を追加し、ゲーム内イベントを企画していると発表した。「今はまだ詳細を明かせないけれど、より多くのポケモンを初めて追加することについては12月12日に詳細を発表する」という。12日(日本では13日)に大規模アップデートがあるとみてよさそうだ。

    【その他の画像】 「ポケットモンスター 金・銀」の概要

     Pokemon GOに近く「ポケットモンスター金・銀」の100種類のポケモン、いわゆる「第2世代ポケモン」が追加されるといううわさが浮上していたが、これがほぼ公式に認められた形だ。

     同社はまた、ソフトバンク傘下の米携帯電話事業者Sprintが同社の1万500以上の店舗ををポケストップかジムにし、店内に充電ステーションを設置することも発表した。米国ではStarbucksの一部の店舗もポケストップ/ジムになるとうわさされている。日本では7日、イオンの国内外のイオングループの店舗3498カ所がポケストップあるいはジムになっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000035-zdn_n-sci

    【ポケモンGOに追加の「第2世代ポケモン」、詳細は12月12日(米国時間)に発表へ】の続きを読む

    sdfsimages


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/04(日) 17:57:56.85 ID:CAP_USER9
    4日午後、JR山手線外回りを走行中の電車の中で、乗客が持っていたスマートフォンの充電器から煙が出て、およそ10分間、運転を見合わせるトラブルがありました。

    4日午後0時50分ごろ、JR山手線外回りの品川駅付近を走行中の電車の中で、乗客が持っていたスマートフォンの充電器から煙が出て、車内に充満しました。

    JRによりますと、電車はすぐに最寄りの品川駅に到着し、乗客がホームに避難したため、けが人はいなかったということですが、およそ10分間、運転を見合わせるなどの影響が出ました。

    事故が起きたときに同じ車両に乗り合わせた男性が撮影した画像には、充電器が黒く焼け焦げて割れた様子や、車両の床に焦げた跡が残っている様子が写っていて、撮影した男性によりますと、床に落ちた充電器から火が出たため、別の乗客がペットボトルの水をかけて消火に当たり、すぐに消し止めたということです。

    警視庁によりますと、充電器には海外のメーカーの表示があるということで、詳しい状況や原因を調べています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161204/k10010794761000.html

    【乗客のスマホ充電器から煙 JR山手線が一時運転見合わせ 充電器には海外メーカーの表示】の続きを読む

    このページのトップヘ