スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    コナン

       ● コナンのあの方がわかったったwww
       ● 劇場版「コナン」新作は平次と和葉、“平次の婚約者”による淡い恋のストーリー
       ● コナン2時間SP、金曜ロードショウ枠で12・9に放送!青山剛昌監修で第1話を完全新作化

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/30(水) 12:56:46.13 ID:CAP_USER
    青山剛昌原作によるアニメ「名探偵コナン」の劇場版第21弾のタイトルが、
    「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」に決定した。
    2017年4月15日より全国東宝系にて上映される。
    no title


    同作にはコナンや蘭はもちろんのこと、西の名探偵・服部平次や、平次の幼馴染・遠山和葉が登場。
    また今後の原作エピソードにも大きく絡んでくるキャラクター・大岡紅葉が、初めてスクリーンにお目見えする。
    百人一首の高校生チャンピオンであり、“平次の婚約者”を名乗る紅葉の存在が、平次と和葉の関係にどんな影響をもたらすのか。
    淡い恋のストーリーに期待しておこう。

    なお一部を除く全国の劇場では、12月10日より青山描き下ろしイラストを使用したティザーポスターを掲出。
    あわせてティザーチラシが配布される。

    さらに日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」の枠にて、12月9日にオンエアされるスペシャルアニメ
    「名探偵コナン エピソード"ONE" 小さくなった名探偵」の最後には、「から紅の恋歌」の特報動画が地上波初解禁される。

    劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」
    原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
    監督:静野孔文
    脚本:大倉崇裕
    音楽:大野克夫
    出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、堀川りょう、宮村優子 ほか
    製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
    配給:東宝

    劇場版『名探偵コナン』公式サイト
    http://www.conan-movie.jp/

    以下ソース:コミックナタリー 2016年11月30日 8:00
    http://natalie.mu/comic/news/211249

    【劇場版「コナン」新作は平次と和葉、“平次の婚約者”による淡い恋のストーリー】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/16(水) 19:29:43.96 ID:CAP_USER9
    人気テレビアニメ「名探偵コナン」の原点となる第1話「ジェットコースター殺人事件」を青山剛昌全面監修の下、
    完全新作化した2時間スペシャルアニメ「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」の放送日が12月9日に決定し、
    「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)枠で放送されることが発表された。


    今回の2時間スペシャルは、「名探偵コナン」の放送20周年を記念して製作。第1話「ジェットコースター殺人事件」で描き切れなかった、
    キャラクターたちの行動や気持ちなどのディテールが新たに加えられ、第1話時点では登場していなかった黒ずくめの組織のシェリー(灰原哀)や、
    高校生探偵の工藤新一の両親(工藤優作&有希子)らも登場するという。


    そのため「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」では、シェリーがマウスを使って行っていた新薬の実験、
    ヒロイン毛利蘭をめぐる父・毛利小五郎と母・妃英理の電話口論、蘭が空手のライバル和田陽奈と戦う都大会の様子などの新シーンも描かれるよう。


    読売テレビの諏訪道彦プロデューサーいわく、「シェリーの研究する薬の秘密や、その組織が狙う本当の目的など、
    期せずして名探偵コナンストーリーの核心となっていくことになる、まだ誰も知る由もない事実は、見る人の興味を強く引き付けることになる」とのこと。
    監督は、テレビシリーズに初期から携わっている山本泰一郎が担当している。(編集部・井本早紀)


    スペシャルアニメ「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」は12月9日21:00~22:54に日本テレビ系で放送

    http://www.cinematoday.jp/page/N0087554

    no title

    【コナン2時間SP、金曜ロードショウ枠で12・9に放送!青山剛昌監修で第1話を完全新作化】の続きを読む

    このページのトップヘ