スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    うるう秒

       ● 2017年1月1日 「うるう秒」追加でなにが起こるのか?
       ● グーグル、2017年1月1日のうるう秒は“時の進みを0.0014%低速化”して

    465index

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/22(木) 14:50:11.89 ID:CAP_USER
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/042700098/122000018/
    他サイトでIT関連の時事ネタを扱うコラムを連載中の筆者は、12月のテーマとして来る元旦に行われる予定
    の「うるう秒」をテーマにその概要を書いた。今回のうるう秒は、世界で一斉に行われる。日本時間では
    「2017年1月1日午前8時59分60秒」という「1秒」が挿入される予定である。

    (中略)

     筆者は文系であまりプログラムやシステムについて詳しくないが、そもそも不定期に出現する61秒の「1分」に、
    ITシステムが対応できるの?という疑問がある。
     元SEであるダンナに聞いてみたところ、「自動で対応できるわけないじゃん」。


    彼いわく、そのあり得ない「8時59分60秒」ちょうどに何か処理が行われたら、コンピュータがあり得ない
    時刻を書き込もうとしたり、探しに行ったりして、処理が戻ってこなくなる恐れがある、という。
     「戻ってこない」というのはコンピュータにとっては一大事。人間なら途中で諦めたりもするが、
    機械は諦めることを知らず、ずっと処理を続けてしまうこともある。結果としてシステムが停止したり
    、ハードウエアが壊れたり、様々な不具合が起こってもおかしくない。たくさんのサービスや機器、
    ユーザーを巻き込んで大事になってしまうかもしれない。


     調べてみたら、前々回(2012年)のうるう秒には、FirefoxのMozillaやSNSサービスのLinkedIn、Foursquare、
    日本ではau(KDDI)、mixiなど、世界中の様々なサービスで不具合が起こったという。一方、前回(2015年)は、
    エンジニアが対策したため、大きなトラブルは発生しなかったらしい。
     ちなみに、大きなトラブルが起こらなかった前回のうるう秒は、7月1日という平日であった。


    そのためエンジニアが勤務時間に普通に対処できた。ところが今回は休日、しかも元旦で、
    人員が手薄になるので特に注意が必要と、警戒を促す声も多い。
     スマートフォンなどのモバイル機器がますます普及して、サービスの多くをクラウドに頼っている今、
    SNSやメッセージ、ゲームサーバー、ビデオや音楽のストリーム、クラウドストレージなどなど、
    不眠不休で動き続けるクラウドシステムは数知れない。そんな現状で何かが起こったら、
    たくさんの人が不便を強いられる可能性もある、と筆者は思っていた。

    Googleのユニークな「うるう秒対策」

    (続きはサイトで)

    【2017年1月1日 「うるう秒」追加でなにが起こるのか?】の続きを読む

    sfsddfmig


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/20(火) 09:09:59.57 ID:CAP_USER9
    佐藤信彦 2016/12/16 15:02

     Googleは、うるう秒の挿入にともなって協定世界時(UTC)に2016年12月31日23時59分60秒(日本時間2017年1月1日8時59分60秒)が生ずることを受け、
    同社の公開NTPサーバではうるう秒を挿入せず、挿入時刻の10時間前から10時間後まで0.0014%低速化させることで、20時間かけて徐々に調整すると発表した。

    うるう秒で1秒長い2016年、日本では2017年が1秒長い(出典:Google)

     うるう秒は、地球の自転から定義されるUTCと、世界各地に設置された原子時計から導き出される国際原子時(TAI)とのあいだに生ずる差異を解消する目的で、ときおりUTCに挿入される1秒のこと。
    挿入されるタイミングで1分の長さが通常と異なり61秒に長くなるため、コンピュータシステムが誤作動しかねない。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:CNET JAPAN http://japan.cnet.com/news/business/35093856/

    【グーグル、2017年1月1日のうるう秒は“時の進みを0.0014%低速化”して】の続きを読む

    このページのトップヘ