スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    本 漫画 小説

       ● 止まらない「雑誌離れ」、41年ぶり書籍下回る 
       ● 少年が転生してヤムチャに?「ドラゴンボール」題材の読切がジャンプ+に
       ● 書名、著者名、中身を隠して販売「文庫X」、その正体は……
       ● コロコロに持ち込もうとしてるんだけどこの漫画どうかな?
       ● コードギアス続編アニメ決定! 数年後を描いてほしいアニメ・漫画9選
       ● 「るろうに剣心」北海道編が来春開幕!今号のSQ.には序幕となる「明日郎」後編
       ● 【ラノベ】TVアニメ『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』は2017年4月より放送開始
       ● コナンのあの方がわかったったwww
       ● 本好き本望「泊まれる本屋」
       ● 政活費1200万円で、地元の偉人の漫画3万冊制作 自民党静岡市議団

    えrtれindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/12/26(月) 12:09:25.47 ID:CAP_USER9
    「雑誌離れ」が止まらない。雑誌を主力商品としてきた町の書店にとって、雑誌の売り上げが書籍を下回ったという状況は、
    経営の屋台骨を揺るがす非常事態と言える。

    雑誌が好調だった1970~90年代は、大量消費社会が成熟した時期。情報満載の雑誌は、トレンド発信の花形的存在として書店を彩った。
    だが近年はインターネットの発達やスマートフォンの普及で、人々に「情報はタダ」という意識が広まり、
    電子雑誌の読み放題サービスなど雑誌自体の電子化も進み、紙の雑誌を巡る状況は厳しくなった。

    経費節減で銀行や美容院の定期購読の受注減も影響し、書店の廃業は後を絶たない。

    情報の量ではなく、質が問われる現代。読者のニーズに応える雑誌、書籍を生み出し、的確、迅速に届ける-。
    出版社や取次会社、書店がそれぞれの役割を見直し、その当たり前のことに真摯に向き合わなければ、将来の展望は開けない。
    http://www.sankei.com/entertainments/news/161226/ent1612260011-n1.html

    雑誌41年ぶり書籍下回る
    http://www.nikkansports.com/general/news/1756916.html

    出版不況が続く中、今年の雑誌の売り上げが、41年ぶりに書籍を下回る見通しとなったことが26日、出版科学研究所(東京)の調査で分かった。
    漫画誌の不振などが原因とみられ、1970年代半ばから続いた「雑高書低」と呼ばれる状態が逆転、出版界の“常識”が覆った。
    スマートフォン普及や電子雑誌の読み放題サービスの浸透なども背景にあり、雑誌を主力に据える町の書店の苦しさが浮き彫りになった。

    【止まらない「雑誌離れ」、41年ぶり書籍下回る 】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/12(月) 13:22:20.78 ID:CAP_USER
    鳥山明「DRAGON BALL」を原作とした、ドラゴン画廊・リーの読み切り「ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件」の前編が、本日12月12日に少年ジャンプ+にて公開された。

    「ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件」は「DRAGON BALL」好きの少年が、ある日階段から転落してしまう場面からスタート。目を覚ました彼は、自分が「DRAGON BALL」の世界でヤムチャの姿になっていることに気付く。次回分は2017年の公開を予定している。

    no title

    no title


    ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件 | 少年ジャンプ+
    http://plus.shonenjump.com/rensai_detail.html?item_cd=SHSA_JP02PLUS00005918_57

    http://natalie.mu/comic/news/212827

    【少年が転生してヤムチャに?「ドラゴンボール」題材の読切がジャンプ+に】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/09(金) 21:54:54.02 ID:CAP_USER9
     書名、著者名、中身を隠す売り方が話題を呼んだ覆面本「文庫X」の正体を明かす「文庫X開き」が9日、
    盛岡市のさわや書店フェザン店であり、本が「殺人犯はそこにいる――隠蔽(いんぺい)された北関東連続幼女誘拐殺人事件」(新潮文庫)と公表された。

     文庫Xは同店が企画。読者へのメッセージを書いたカバーをかけ、値段とページ数、ノンフィクションであることしか明かさない手法が全国650超の書店に広がり、今月中に13刷、累計18万部に達するヒットになった。

     著者で、桶川ストーカー事件でいち早く容疑者を割り出したジャーナリストの清水潔さん(58)もイベント会場に登場し、「こんな大きなうねりになると思わなかった」と驚いた。

     本は、冤罪(えんざい)となった足利事件など五つの事件が同一犯によるものと推測した内容。
    「未解決事件の存在を訴えたかった。我々の知らない司法の闇がある」などと語った。

    no title

    http://www.asahi.com/articles/ASJD95FMHJD9UJUB00D.html
    2016年12月9日21時40分

    元ニュース
    【文化】書名を伏せて販売する「文庫X」が版元も驚く売れ行き。きっかけは若手書店員の発想
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1476173229/

    【書名、著者名、中身を隠して販売「文庫X」、その正体は……】の続きを読む

    うぇれwindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/04(日) 18:15:24.36 ID:CAP_USER
    2016/12/4(日)18:00

    マイナビ学生の窓口
    人気アニメ『コードギアス』の続編の放送が決定しました。前作の数年後の世界を描くとあって、早くも期待が高まっているようです。さて、こうしたアニメ・漫画の続編というのはファンにはたまらないものですが、もしも実現するならば、あなたはどの作品の「その後」を見たいですか? そんな質問を今回、大学生約200人にしてみました!

    ■コードギアス続編がアニメ化決定しましたが、完結しているけれど数年後を描いてほしいアニメ・漫画作品は何ですか?

    ●鋼の錬金術師

    ・おもしろかったからもう一回やってほしい(男性/20歳/大学3年生)
    ・好きなアニメだからもう一度見たい(女性/22歳/大学4年生)
    ・主人公二人が好きだから(女性/22歳/大学4年生)
    ・激しい闘いが終わった後の平和な暮らしや生活をのぞいてみたいから(女性/19歳/短大・専門学校生)

    ●スラムダンク

    ・本編が3ヶ月分しかやってなかったから(男性/19歳/大学1年生)
    ・プロになってからが見たい(男性/22歳/大学3年生)
    ・将来が楽しみな選手ばかりなので、高校時代で終わるのはもったいない(女性/21歳/短大・専門学校生)
    ・桜木花道ら湘北バスケ部のこれからを知りたい。海外に行った流川編や桜木花道リハビリ王への道など(女性/21歳/大学3年生)

    ●ハチミツとクローバー

    ・甘酸っぱさが良かったから(女性/25歳/大学4年生)
    ・はぐみたちのその後が見たい(女性/22歳/大学4年生)
    ・終わったあとの数年後の話があるとおもしろいと思う(女性/20歳/短大・専門学校生)
    ・映画も良かった(女性/21歳/大学3年生)

    ●BLEACH

    ・消化不良のところがあるから(男性/23歳/大学4年生)
    ・子どもの話でできると思うから(男性/24歳/大学4年生)
    ・ネタになるから(男性/19歳/大学1年生)
    ・おもしろいから(女性/21歳/大学4年生)

    ●orange

    ・これからどうなるか気になるから(女性/19歳/大学1年生)
    ・過去の話ばかりだったから(女性/22歳/大学4年生)
    ・エンディングに納得しなかったので、その先を見て考えたいから(女性/21歳/大学3年生)
    ・エンディングの後が見たいから(女性/23歳/短大・専門学校生)

    ●その他

    ・黒子のバスケ。主人公が卒業するまでやってほしい(女性/20歳/大学2年生)
    ・セーラームーン。ちびうさがメインで守護戦士たちと戦っていく様子がみたい(女性/19歳/大学1年生)
    ・神風怪盗ジャンヌ。結婚の話とか生まれ変わりの話とかあったから続きが読んでみたい(女性/21歳/大学3年生)
    ・エヴァンゲリオン。アニメ版の数年後希望(女性/20歳/大学2年生)

    もっとも得票数が多かった漫画の一つは『鋼の錬金術師』。話としてきれいに終わった感はありますが、それでもやはり人気作ゆえに、続編を望む声は多いようです。

    いかがしたか? スラダンからorangeまで、多彩な作品が名を連ねた今回のアンケート。中には続編の具体的な展望案まで明記している意見もあり、作品への熱い情熱を感じさせますよね! 他にもさまざまな意見が挙がりましたが、あなたはどの漫画・アニメの続編を見たいですか?

    文●ロックスター小島

    マイナビ学生の窓口調べ
    調査日時:2016年12月 
    調査人数:アニメ・漫画好きの大学生男女228人(男性123人、女性105人)

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/43989/outline

    【コードギアス続編アニメ決定! 数年後を描いてほしいアニメ・漫画9選】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/02(金) 00:07:25.76 ID:CAP_USER
    和月伸宏「るろうに剣心」の新章・北海道編が、来春よりジャンプスクエア(集英社)にて
    連載されることが、本日12月2日発売の同誌2017年1月号にて発表された。

    以前からインタビューで、和月がその構想を語っていた「るろうに剣心」の北海道編。

    ジャンプスクエア1月号で発表された「―るろうに剣心・異聞―明日郎(あしたろう) 前科アリ」
    後編の最終ページでは、同作が北海道編の序幕であることが明かされ、
    「“伝説”の新章は来春開幕予定!!」との煽り文も掲載された。

    なおコミックナタリーではジャンプスクエア創刊9周年を記念した、和月へのインタビューを
    前後編として2カ月連続で展開中。本日公開された後編では、北海道編執筆の真意や、
    「明日郎 前科アリ」執筆の経緯、この9年間の「るろうに剣心」の展開について聞いている。

    http://natalie.mu/comic/news/211482
    no title


    特集記事はこちら
    http://natalie.mu/comic/pp/jumpsq

    【「るろうに剣心」北海道編が来春開幕!今号のSQ.には序幕となる「明日郎」後編】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/01(木) 11:37:51.50 ID:CAP_USER
    2016/11/30
    2016年7月にアニメ化企画の発表が行われていたスニーカー文庫刊『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』が、2017年4月よりTVアニメとして放送開始予定であることが明らかとなった。


    本作はWEBやブログ、読書メーターで大きな話題を呼んだ作品で、書籍でシリーズ累計26万部、電子書籍では異例のシリーズ累計5万ダウンロードを突破する人気シリーズへと成長している。


    2017年1月からは同レーベルの『この素晴らしい世界に祝福を!2』の放送が行われ、「このすば」から「すかすか」へとアニメのバトンタッチが行われることになりそうだ。

    終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?
    no title


    【第1巻あらすじ】
    “人間”は規格外の“獣”に蹂躙され、滅びた。
    たったひとり、数百年の眠りから覚めた青年ヴィレムを除いて。“人間”に代わり“獣”を倒しうるのは、“聖剣”と、それを扱う妖精兵のみ。

    戦いののち、“聖剣”は再利用されるが、力を使い果たした妖精兵たちは死んでゆく。「せめて、消えたくないじゃない。誰かに覚えててほしいじゃない。

    つながっててほしいじゃない」死にゆく定めの少女妖精たちと青年教官の、儚くも輝ける日々。

    本作は「月刊コミックアライブ」にて、コミカライズの連載もスタートしている。

    TVアニメ放送前に、原作小説はもちろん、コミカライズ版もあわせて読んでみてほしい。

    なお、原作小説は新シリーズとなる『終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?』が刊行中となっている。12月1日に第3巻が発売となるので、こちらも忘れずにチェックしてもらいたい。

    ©枯野瑛/KADOKAWA 角川書店刊 イラスト:ue

    [関連サイト]
    『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』特設ページ
    http://sneakerbunko.jp/series/shumatsu/index.php
    スニーカー文庫公式サイト
    http://sneakerbunko.jp/

    http://ln-news.com/archives/45601/post-45601/
    Copyright© ライトノベル総合情報サイト ラノベニュースオンライン All Rights Reserved.

    【【ラノベ】TVアニメ『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』は2017年4月より放送開始】の続きを読む

    wれwindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/11/30(水) 17:47:26.30 ID:CAP_USER9
    本に囲まれて眠りたい-。本好きの夢をかなえてくれる宿泊施設が12月2日、京都・祇園に誕生する。
    「泊まれる本屋」をコンセプトにした「BOOK AND BED TOKYO」京都店。


    3千冊以上の本と20床の
    ベッドを備え、本棚の中で寝るようなしつらえだ。1年前に開業した東京店は「珍しい経験ができる」と
    外国人観光客や女性客らに人気で、なかなか予約が取れないほど。運営会社は「京都随一の名所で、
    気に入った本を読みながら眠りに落ちるという幸せな時間を提供したい」という。

    ▼「BOOK AND BED TOKYO」京都店(外部サイト http://bookandbedtokyo.com/kyoto/index.html

    ■押し入れ気分、子供の頃のワクワク感

    京都の中心部、京阪電鉄・祇園四条駅から徒歩1分の雑居ビル9階。
    フロアの中心部にはベッドを囲う
    ように木製の大きな本棚が据えられ、選書のセンスの良さで知られる

    書店「恵文社一乗寺店」(京都市
    左京区)が選んだ小説や漫画、写真集、哲学書、ガイド本など幅広いジャンルの約3300冊がそろう。
    宿泊客はソファでゆったりとくつろぎながら本を読め、寝るときには本棚をくぐってベッドに入るという趣向だ。

    不動産仲介を手がける「アールストア」(東京都)が運営し、昨年11月にオープンした東京・池袋に次ぐ2店目。

    カプセルホテルなどと同じ「簡易宿所」で、本の販売はしない。

    カーテンで仕切られた部屋は照明器具とコンセントなどがあるだけのシンプルな空間だが、同社広報部長の力丸聡さん(35)は
    「子供の頃、自分だけの空間として楽しんだ押し入れの中にいるようだと好評です」と笑顔を見せる。
    (以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/産経新聞社
    http://www.sankei.com/west/news/161130/wst1611300058-n1.html

    【本好き本望「泊まれる本屋」】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/24(木) 08:07:57.61 ID:CAP_USER9
    政活費1200万円で漫画3万冊制作 静岡・自民市議団
    朝日新聞:2016年11月20日07時09分
    http://www.asahi.com/articles/ASJCL4H8KJCLUTPB008.html


    no title

    聖一国師の軌跡がたどられている


     静岡市議会の自民党市議団(20人)が政務活動費で地元の偉人のPR漫画を約3万冊作り、後援者らに無償で配っていたことがわかった。
    費用は1200万円を超える。
    政活費は議員が自治体の仕事を調査研究するための費用で、識者からは趣旨を逸脱しているとの指摘が出ている。
    有権者への寄付を禁じた公職選挙法に抵触する可能性も指摘されている。


     漫画のタイトルは「しずおか 聖一(しょういち)国師物語」で、A5判、48ページ。
    鎌倉時代に市内で生まれ、中国から茶を伝えたとされる僧侶(円爾〈えんに〉)の生涯を振り返る構成だ。


     政活費の収支報告書によると、市議団は2013年2月、聖一国師を研究している同市清水区の男性(72)に70万円を支払って監修などを依頼。
    男性が印刷会社などに発注する形で今年3月までに計2万2千部を作った。
    ほかに英語版、フランス語版計6千部も作り、累計で約1255万円を政活費から出した。
    今秋には中国語版も作った。


     市議団の鈴木和彦会長は「静岡茶を伝えた人物のことを、多くの市民に伝えたかった」と説明。
    別の市議によると、漫画は市政報告会で後援者らに無償で配ったという。
    市教育委員会も80を超す小学校に数部ずつ配った。



    ▼朝日新聞の最新地方政治ニュースはこちら
    http://www.asahi.com/politics/list/local.html?iref=com_taglist
     

    【政活費1200万円で、地元の偉人の漫画3万冊制作 自民党静岡市議団】の続きを読む

    このページのトップヘ