スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    本 漫画 小説

       ● なんでマンキンって看板マンガになれなかったんや・・・
       ● なろう作家の俺に送られた印象に残った感想書いてく
       ● HUNTER×HUNTERが休載がちでも人気の理由は・・・
       ● 地球崩壊して終わる漫画を描いたから感想よろw
       ● なろう作品読んでいたら俺が出てたんだが…
       ● 止まらない「雑誌離れ」、41年ぶり書籍下回る 

    sfsimg_278777346d0030a8796cb5d6ba0e39ab257614


    1: スペア速報@まとめ 2017/06/12(月) 10:51:25.36 ID:CAP_USER

    週刊少年ジャンプの人気漫画『HUNTER×HUNTER』が、6月26日発売の同誌30号から約1年ぶりに連載を再開する。
    コミックス最新の34巻も発売となる。集英社が5月、少年ジャンプ+の特設ページで公開した。

    HUNTER×HUNTERは現在、週刊少年ジャンプの連載漫画でありながら掲載は事実上の不定期、それも年に数カ月という、少々特異な立ち位置だ。
    連載される時期も期間も未定のため、連載再開そのものが大きな話題となる。
    それでも単行本の売り上げは好調で、再三のアニメ化、ゲーム化、劇場版などのメディアミックスも盛んに行われている。

    つねに新作漫画が発表され、流行が入れ替わり続ける群雄割拠の漫画界において、「不定期連載」という大きなリスクを背負いながらも、なぜHUNTER×HUNTERは固定ファンをつかみ、独自の立ち位置を築けているのだろうか。



    HUNTER×HUNTERは冨樫義博氏の作画で、1998年から連載しているバトル(戦闘)を中心とした漫画だ。現在の週刊少年ジャンプに連載中の作品では「ONE PIECE」(1997年連載開始)に続く長寿漫画だが、度重なる休載の結果、単行本は2017年5月現在で33巻(2017年6月30日に34巻発売)と、ONE PIECE(2017年5月現在85巻まで刊行)の半分以下の巻数しか出ていない。


    にもかかわらず、33巻時点の総発行部数は現時点で6000万部を軽く超えているもようで、現在の連載陣の中ではONE PIECE(3億4000万部超)に次ぐ位置につける。
    歴代週刊少年ジャンプ連載漫画の中でも10本の指に入るとみられる。
    さすがに掲載時期だけ雑誌の販売部数が跳ね上がるような特需効果はないものの、単行本の売り上げを見れば「特例」として扱いたくなるのもうなずける。


    不定期連載という点を除いてもHUNTER×HUNTERは週刊少年雑誌掲載の漫画としてはあまりにも「常識外れ」な部分が多い。
    何よりも異質なのが「雑誌掲載時のクオリティ」だ。
    一時期、HUNTER×HUNTERは下書きとすら呼べないほどのラフ画を載せていたことがある。
    単行本では修正されたものの、『こんな状態で載せていいのか』と騒然とした。


    もともと冨樫氏の画力は非常に高く、印象的なシーンや表情を描くのはお手の物だ。
    だからこそ、手抜きにしか見えない、背景もまともに描いていない未完成の状態で掲載されたことは読者に衝撃を与えた。
    それも一度や二度ではなく、何度も繰り返されたのだ。


    他の漫画が同じことをすれば一発で打ち切りになるであろう無茶を何度もやってきて、それでも崩れない人気。
    それを支えるのは「バトル・ミステリ・ゲームのハイブリッド」と「休載さえも楽しみに変えたブランディング」にある。


    長年の休載によって培われた「不定期掲載という芸風」
    もはや、不定期掲載はこの作品の芸風になった。
    あくまで偶然の産物ではあるのだが、今や休載によるデメリットを受けていない。
    むしろ、不定期だからこそ連載再開を喜ばれる。
    「連載することそのものが喜ばれる」というパラダイムシフトを引き起こした。
    それは、冨樫氏と読者との「必ず楽しませてくれる」という信頼の下に成り立っている。
    http://toyokeizai.net/articles/-/175168

    【HUNTER×HUNTERが休載がちでも人気の理由は・・・】の続きを読む

    xvimages



    1: スペア速報@まとめ 2017/06/07(水)20:00:34 ID:9gF
    陰キャのキモオタ主人公が徹底的に酷い目に遭うって内容のなろう小説読んでたんだけど
    その陰キャ主人公がクラスのリア充にストレス解消に殴られてた時に見て見ぬふりした元親友のキャラがいて明らかにそのキャラが俺だった…

    そのキャラの名前が当時俺が一番好きだったゲームのキャラと同じだし
    そいつの彼女として出てきたキャラも昔俺がちょっとだけ付き合ってた女と同じ名前だった

    【なろう作品読んでいたら俺が出てたんだが…】の続きを読む

    えrtれindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/12/26(月) 12:09:25.47 ID:CAP_USER9
    「雑誌離れ」が止まらない。雑誌を主力商品としてきた町の書店にとって、雑誌の売り上げが書籍を下回ったという状況は、
    経営の屋台骨を揺るがす非常事態と言える。

    雑誌が好調だった1970~90年代は、大量消費社会が成熟した時期。情報満載の雑誌は、トレンド発信の花形的存在として書店を彩った。
    だが近年はインターネットの発達やスマートフォンの普及で、人々に「情報はタダ」という意識が広まり、
    電子雑誌の読み放題サービスなど雑誌自体の電子化も進み、紙の雑誌を巡る状況は厳しくなった。

    経費節減で銀行や美容院の定期購読の受注減も影響し、書店の廃業は後を絶たない。

    情報の量ではなく、質が問われる現代。読者のニーズに応える雑誌、書籍を生み出し、的確、迅速に届ける-。
    出版社や取次会社、書店がそれぞれの役割を見直し、その当たり前のことに真摯に向き合わなければ、将来の展望は開けない。
    http://www.sankei.com/entertainments/news/161226/ent1612260011-n1.html

    雑誌41年ぶり書籍下回る
    http://www.nikkansports.com/general/news/1756916.html

    出版不況が続く中、今年の雑誌の売り上げが、41年ぶりに書籍を下回る見通しとなったことが26日、出版科学研究所(東京)の調査で分かった。
    漫画誌の不振などが原因とみられ、1970年代半ばから続いた「雑高書低」と呼ばれる状態が逆転、出版界の“常識”が覆った。
    スマートフォン普及や電子雑誌の読み放題サービスの浸透なども背景にあり、雑誌を主力に据える町の書店の苦しさが浮き彫りになった。

    【止まらない「雑誌離れ」、41年ぶり書籍下回る 】の続きを読む

    このページのトップヘ