スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    韓国・中国

       ● 【中国メディア】 中国が起源の「大学いも」・・・冷やして食べるところが日本らしい!
       ● 「日本海」表記支持たったの58%・・・・韓国猛烈な攻勢
       ● 日本出身者ですが、韓国に償うべき
       ● 日本が韓国に制裁するとして
       ● サムスンのスマホ、最も環境に悪いモデルに選ばれる
       ● 日本はあと幾ら韓国に金を払えば慰安婦問題は解決するの?

    1: スペア速報@まとめ 2017/08/26(土) 12:54:51.06 ID:CAP_USER
    サツマイモを使った料理は数々あれど、スーパーの総菜売り場から専門店、ファミリー向け回転寿司店まで広く愛されているサツマイモの食べ物といえば、「大学いも」である。

    古くからある日本のスイーツとしてすっかり認知されているが、その起源はやはり中国のよう。
    大学いもを見た中国人のなかには「これって中国に普通にある食べ物じゃないか」と思う人もいるようだ。


    中国メディア・今日頭条は18日、日本のグルメとして「大学いも」を紹介する一方で、実は中国からやってきた食べ物であるとする記事を掲載した。

    記事は「大学いも」について「簡単に言えば、糖蜜をまぶして作った焼きいもである。何となく見たことがあるような・・・これは中国の『抜絲地瓜』ではないか」と紹介。「大学いも」と「抜絲地瓜」が酷似した食べ物であることを伝えている。


    「抜絲地瓜」とは、素揚げしたサツマイモの飴掛けのことで、「地瓜」がサツマイモを意味する。
    似てはいるが「大学いも」と全く同じではない。


    「抜絲地瓜」は熱いうちに食べないと飴がどんどん固まっていき、歯が立たなくなる。
    飴というよりはタレに近い大学いものように「冷やしてもおいしくいただける」訳ではない。
    そして、サツマイモのほか、バナナやリンゴのフリッターを飴に絡めたものもポピュラーだ。


    記事はまた、「大学いも」と呼ばれる所以についても言及。
    2つの説があり、1つは大正から昭和初期にかけて東京・神田地域にある学生街でこの食べ物が流行ったことから、もう1つは貧しい大学生がこの食べ物を売って学費を稼いでいたから、と説明した。

    さらに、20世紀初めに日本で出版された中華料理の本に「大学いも」と同じ作り方の料理が記載されていると紹介している。


    中国では特に北部地域でサツマイモを「地瓜」と言うことがあるほか、ジャガイモも北部地域を中心に「土豆」と呼ぶ。
    どちらも別の野菜に例えているところがおもしろい。


    ほかにもニンジンを「胡蘿蔔」(異国のダイコン)、トマトを「番茄」(異国のナス)と呼ぶが、これらの野菜はいずれも比較的新しい時代に中国に渡ってきたものという共通点があるのだ。(編集担当:今関忠馬)

    http://news.searchina.net/id/1642697?page=1

    no title

    (イメージ写真提供:123RF)

    【【中国メディア】 中国が起源の「大学いも」・・・冷やして食べるところが日本らしい!】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2017/08/04(金)11:50:55 ID:uNG
    日本海の国際呼称について、韓国が求める「東海」への表記変更が増加している問題で、日本海の
    単独呼称支持を表明する国が約58%にとどまっていることが3日、外務省への取材で分かった。

    北朝鮮のミサイル実験に伴い同海域に言及する報道は年々増加。国際的な関心が高まる中、呼称変更運動を
    展開してきた韓国の民間団体などは各国への攻勢をさらに強めている。

    「東海」併記に変更された主な例
    「「日本海」表記支持58% 195カ国調査 「東海」併記へ韓国攻勢」の画像検索結果

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000074-san-kr

    【「日本海」表記支持たったの58%・・・・韓国猛烈な攻勢】の続きを読む

    bb7ab3aee9e158dfdbd3de287e77f66a_content



    1: スペア速報@まとめ 2017/06/29(木) 06:30:39.63 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=182707&ph=0

    2017年6月27日、韓国・京郷新聞によると、国際的な環境保護団体「グリーンピース」が、人気の情報通信技術(IT)機器44製品を対象に、資源の無駄を減らす設計になっているかを評価し、結果を公開した。


    評価基準は「分解のしやすさ」「交換用部品販売の有無」「修理マニュアル提供の有無」だ。
    グリーンピースの関係者は「機器が容易に分解でき、主要部品を購入することができる場合、一般的なユーザーが自分で修理することができ長く使うことができる」とし、「きちんと分解できる製品ほど、廃棄時の部品のリサイクルも容易」と説明した。


    米カリフォルニアに拠点を置く、修理パーツ・修理用特殊工具の開発や販売を手がけるベンチャー企業「アイフィックスイット(iFixit)」が、分解のしやすさについてスコアを付け、残りの項目はグリーンピースが直接調査した。


    その結果、スマートフォンの分解のしやすさで最も優れた製品はオランダ・フェアフォンの「フェアフォン2」が満点の10点だった。
    専門技術がなくとも、ドライバーのような一般的な工具のみを利用してバッテリー・ディスプレー交換が可能という。
    また主要部品を直接購入して修理することができ、修理マニュアルも提供される
    。韓国LGの「G4」「G5」も分解が容易との評価(8点)を受けて共に2位に入ったが、こちらは主要部品の個別販売が行われていない。


    スマートフォン部門で最下位という不名誉な称号は、サムスン電子の「ギャラクシーS7」「ギャラクシーS7エッジ」(いずれも3点)、「ギャラクシーS8」(4点)に与えられた。機器を開けることが難しく、特殊工具でのみ修理が可能だという。


    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「部品のリサイクルがうまくいけば環境に優しいことになるの?」「製品を勝手に開けられたら、防じんや防水効果はどうなるんだ?」など、評価基準に懐疑的な意見が寄せられた。


    また、「こんなことで環境問題を議論するより、中国のPM2.5問題をなんとかしてくれ」と、本来の環境問題を優先すべきとする声や、「分解できない製品の方が信頼が置ける」とのコメントもあった。

    【サムスンのスマホ、最も環境に悪いモデルに選ばれる】の続きを読む

    このページのトップヘ