スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    映画

       ● 「君の名は。」興収176億円突破!「ポニョ」「踊る大捜査線」ごぼう抜きで邦画歴代4位浮上
       ● 【映画】<観客動員1000万人突破!>『君の名は。』が台湾で歴代邦画興行収入ランキング1位を獲得!
       ● 「カードキャプターさくら」劇場版リバイバル上映へ 17年前に公開の1作目 来年1月21日公開
       ● 伊藤計劃「虐殺器官」公開日は'17年2月3日に決定
       ● ジブリ映画ってあんまり好きじゃないんだけど
       ● 一人で映画行くのは普通やないのか?

    xcvxcvindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/04(金) 17:36:22.53 ID:CAP_USER9

    大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督・脚本)の興行収入が3日までに176億円を突破。
    邦画の歴代興収ランキング4位に浮上したことが4日、わかった。


    これまで4位だった「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(2003年)の173億5000万円を抜き、
    残すは、すべて宮崎駿監督作品の歴代1位「千と千尋の神隠し」(01年)の308億円、
    2位「ハウルの動く城」(04年)の196億円、3位「もののけ姫」(97年)の193億円のみとなった。


    8月26日に公開された「君の名は。」は国内でわずか39日間で観客動員1000万人を突破。週末映画ランキングで9週連続トップを記録し、
    11月3日までの70日間で観客動員1354万人を動員。
    興収100億円突破もわずか28日間で達成し、洋画も含めた日本歴代3位の254億5000万円を記録した「アナと雪の女王」(14年)の37日間を上回るペースだった。


    ◆あらすじ 1000年ぶりの彗星(すいせい)の来訪を1か月後に控えた日本。東京で暮らす高校生・瀧(たき=声・神木隆之介)と
    山奥の田舎町に住む女子高校生・三葉(みつは=上白石萌音)は、夢の中で入れ替わっていることに気付く。
    手の人生を楽しみ、何とか乗り切る2人。瀧は三葉に会いに行こうと決心するが、そこには意外な真実が待ち受けていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12239009/
    2016年11月4日 17時30分 スポーツ報知

    【「君の名は。」興収176億円突破!「ポニョ」「踊る大捜査線」ごぼう抜きで邦画歴代4位浮上】の続きを読む

    sdfmaxresdefault



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/05(土) 10:28:39.60 ID:CAP_USER9
    8月26日の公開からわずか39日間で観客動員は1000万人を突破
    し、週末映画ランキングは驚異のV9を達成した新海誠監督作品『君の名は。』(上映中)が、また新たな記録を打ち立てた。


    先日、世界三大ファンタスティック映画祭の一つ「第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭」(スペイン)でAnima't部門(アニメーション作品の部門)の最優秀長編作品賞にあたる「Award for Best Feature Length Film」を受賞したほか、


    「第18回プチョン(富川)国際アニメーション映画祭」(韓国)の長編コンペティション部門にて、優秀賞と観客賞をW受賞する快挙も達成。


    10月21日に46スクリーンで公開された台湾では、公開週末3日間の興行ランキングで、日本映画としては『テルマエロマエ』(12)以来の初登場第1位を飾り、大ヒットを続けている。


    10月31日時点で台北での興収は52,909,581台湾ドル(約1.7億円)を記録し、それまでの台湾での日本映画の記録だった『リング』(99)の50,836,840台湾ドル(約1.6億円)を抜き去り、


    台湾で公開された日本映画として歴代第1位となった。ちなみに、10月31日時点の全台湾での興収は125,556,618台湾ドル(約4億円)となっており、引き続き公開中。


    また、シンガポールでは11月3日に公開を迎え、今後も、香港では11月11日(金)、イギリスでは11月24日(木)、韓国では2017年1月上旬と、世界89の国と地域で順次公開予定。


    11月3日現在、1354万人を動員し 、興収176億円をあげている日本だけにとどまらず、世界中での大ヒットにも期待がかかる

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000083-mvwalk-movi

    【【映画】<観客動員1000万人突破!>『君の名は。』が台湾で歴代邦画興行収入ランキング1位を獲得!】の続きを読む

    ghjhindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/02(水) 16:45:44.10 ID:CAP_USER9
    http://www.cinematoday.jp/page/N0087231
    2016年11月2日 15時10分

    CLAMPによる人気漫画をアニメ化した「カードキャプターさくら」の1999年に公開された『劇場版 カードキャプターさくら』が、来年1月21日に新宿ピカデリーほか全国9か所の劇場でリバイバル上映される。


    原作は「なかよし」(講談社)で1996年より連載された超人気コミック。
    主人公の木之本桜がカードキャプターさくらとなって、封印が解かれるとこの世に災いをもたらすという“クロウカード”の起こす事件を解決しながら回収していく物語だ。


     1998年にはNHKでテレビアニメ化され、2つの劇場版も製作された。連載開始20周年を迎えた今年は、新たなプロジェクトが始動。
    「なかよし」で16年ぶりとなる新章「クリアカード編」がスタートするなど、再び注目を浴びている。


    リバイバル上映されるのは、香港を舞台にさくらが最大のピンチに立ち向かっていく姿を描き、観客動員数50万人以上を記録した『劇場版 カードキャプターさくら』(1999年)。
    新宿、池袋、川崎、梅田、難波、京都、名古屋、福岡、札幌の全国9都市の劇場で上映される。(編集部・小山美咲)


    ほか上映館などの詳細は公式サイトにて
    http://ccsakura-official.com/revival/

    https://img.cinematoday.jp/a/N0087231/_size_560x/_v_1478067005/main.jpg
    no title

    【「カードキャプターさくら」劇場版リバイバル上映へ 17年前に公開の1作目 来年1月21日公開】の続きを読む

    no title



    1: スペア速報@まとめ 2016/10/31(月) 22:53:13.49 ID:CAP_USER

    本日10月31日、東京国際映画祭の一環として特別企画「TIFFアニ!!」が東京・東京国際フォーラムにて開催され、中村悠一や櫻井孝宏らが登壇した。


    2部構成のイベントでは、公開を控えるアニメーション作品の特別映像の上映、ゲストを招いたトークショーなどを実施。
    第1部の「東京国際映画祭 イチオシ・アニメ スペシャルステージ」では「虐殺器官」「ポッピンQ」「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃(ひかり)~ 第1章」が紹介された。


    イベントにて公開日が2017年2月3日であることが発表された「虐殺器官」は、伊藤計劃のSF小説3作を劇場アニメ化する企画「Project Itoh」のうちの1作品。
    イベントでは、制作会社が倒産し、公開が延期されていた同作の冒頭約15分が上映され、会場に詰めかけた観客を魅了した。



    その後、メインキャストの中村と櫻井、プロデューサーの山本幸治が登壇。アフレコ時の様子を聞かれた中村が「約2年前に行ったので、話すのが難しい……」と述べる。
    MCから「ラストのお二人の掛け合いにスタッフからため息が漏れたとか」と返された中村は、照れた様子で「お恥ずかしい」と回答。
    一方、櫻井は「中村くんのクラヴィスは迫力があって、生々しさを感じた。僕もジョン・ポールとして、その会話を楽しんだ」と振り返る。


    殺戮シーンが盛り込まれた同作に対して櫻井は「正義や正しさがあいまいなものに見えて、善悪の判断がつかなくなる。目を覆いたくなるようなものをしっかりと描いていて冒頭から飲み込まれる」と述懐。
    公開日が決まった現在の心境を中村は「時間を置いた分、よりいいものに仕上がっているように思います。伊藤さんが思い描いたものが形になっているのではないか」と自信をのぞかせた。



    http://natalie.mu/eiga/news/207462

    特報映像
    https://youtu.be/xJZLcm3tVQ8



    映画公式サイト
    http://project-itoh.com/

    【伊藤計劃「虐殺器官」公開日は'17年2月3日に決定】の続きを読む

    このページのトップヘ