スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    地震 津波 災害 警報

       ● クリスマス直前にM10超の巨大地震で地球滅亡か ガンマ線放射「マグネター星震」が直撃の危機
       ● パプアニューギニアでM8.0の地震 日本への津波は50cm以下か
       ● [東電] 福島第2の冷却停止原因は水位低下と説明変更
       ● 福島第2原発の核燃料冷却停止、東日本に多い沸騰水型で原子炉建屋の上に核燃料プールが設置されてる事が原因
       ● 自民党・公明党ツイッターは地震に反応 「民進・共産は無反応」に「無責任野党」の声
       ● 全地域の津波注意報を解除 今後も海水浴や釣りには注意を

    34535index


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/18(日) 21:58:46.61 ID:CAP_USER9
    ◆【緊急警告】クリスマス直前にM10超の巨大地震で地球滅亡か!? ガンマ線放射「マグネター星震」が直撃の危機


    今月7日、インドネシア西部のアチェ州でM6.5の地震が発生し、100人以上が死亡、家を失った数万人の被災者は現在もシェルター生活を余儀なくされている。 遠いインドネシアを襲った最悪の自然災害であるが、我々日本人も決して安心してはいられない。
    なんと、今回インドネシアで発生した地震はさらなる大災害の予兆に過ぎないかもしれないというのだ!


    ◇大地震と津波を引き起こす「マグネター星震」


    海外オルタナティブニュースサイトなどによると、今月24日のクリスマス・イブにM10以上の、超巨大地震を引き起こすといわれる「マグネター星震」が発生する可能性が極めて高いという。
    聞きなれない単語に困惑する読者がいるかもしれないので、
    まずは「マグネター星震」について解説していこう。


    なんともSFチックな名称だが、「マグネター星震」とは、
    超新星爆発によって生まれる超高密度の天体「マグネター」が引き起こす、天文現象を指すれっきとした天文学用語である。


    現在まで銀河系には20以上のマグネターが存在することが分かっている。それらの天体外層に突然変異が生じると「星震」と呼ばれる、大量のガンマ線放射が起こる。


    ◇12年周期で繰り返される大地震


    YouTubeチャンネル「BPEarthWatch」 などによれば、未だ公にされていないが、すでにNASAおよび米軍が、今年12月にマグネター星震が発生する予兆をキャッチしており、2004年以来12年ぶりに地球を襲う可能性があるというのだ。さらに、2004年から12年前の1992年12月12日にもインドネシアのフローレス島で、M7.8の大地震が発生していたことが分かっている。


    惜しいことにガンマ線の観測が開始されたのは90年代後半であるため、
    92年のガンマ線量を記録したデータは残っていない。
    とはいえ、12年周期で大地震が起こっていることは無視できない事実である。


    今月7日にインドネシアで発生した地震もマグネター星震と関係していると考えることもできるが、もし地震発生とマグネター星震の相関が正確な周期を刻んでいるとすれば、まだその時は訪れていないという。
    1992年12月12日の地震から2004年12月26日の地震が起こるまでに正確には12年14日経過している。


    そして、2004年12月26日からきっかり12年14日後は、2017年1月9日なのだ。
    今月7日の地震は周期から1ヵ月以上ズレているため、
    マグネター星震との相関関係はそれほどないと見てよいだろう。
    もしこの計算が正しければ、どうやら無事にクリスマスは迎えられそうである。


    とはいえ、昨年12月、教皇フランシスコが「2015年のクリスマスが最後になる」と、発言している事実は軽視できないだろう。
    教皇の言葉が真実だとすれば、世界の破滅はクリスマス前に起こりそうだが、読者はどう思われるだろうか?


    ある研究家は、大規模地震の翌日にマグネター星震が発生する確率は11億分の1以下であると計算し、
    両者の関係には偶然以上の相関が存在すると強調しているが、
    それでも「単なる珍しい天体現象では?」と疑うことはなお可能だろう。
    しかし、今回発生予定のマグネター星震は、地球人口の3分の1に影響を及ぼすと、米軍やNASAが試算しているという話もまことしやかに噂されており、予断を許さない状況だ。


    また、マグネター星震は、以前トカナでもお伝えした、地球に壊滅的被害をもたらすといわれる、
    強力な宇宙線「ガンマ線バースト」とも関係があるとも言われている。
    たとえ地震や津波などの被害はなくとも、大量のガンマ線被爆によって人体に悪影響が出る可能性も考えられる。

    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

    TOCANA 2016.12.18
    http://www.akb48matomemory.com/archives/1063154832.html
    http://tocana.jp/2016/12/post_11741_entry_2.html

    【クリスマス直前にM10超の巨大地震で地球滅亡か ガンマ線放射「マグネター星震」が直撃の危機】の続きを読む

    no title



    1: スペア速報@まとめ 2016/12/17(土) 21:51:52.29 ID:CAP_USER9
    751
    WEPA40 PHEB 171225
    TSUPAC

    TSUNAMI MESSAGE NUMBER 3
    NWS PACIFIC TSUNAMI WARNING CENTER EWA BEACH HI
    1222 UTC SAT DEC 17 2016

    ...PTWC TSUNAMI THREAT MESSAGE...


    **** NOTICE **** NOTICE **** NOTICE **** NOTICE **** NOTICE *****

    THIS MESSAGE IS ISSUED FOR INFORMATION ONLY IN SUPPORT OF THE
    UNESCO/IOC PACIFIC TSUNAMI WARNING AND MITIGATION SYSTEM AND IS
    MEANT FOR NATIONAL AUTHORITIES IN EACH COUNTRY OF THAT SYSTEM.

    NATIONAL AUTHORITIES WILL DETERMINE THE APPROPRIATE LEVEL OF
    ALERT FOR EACH COUNTRY AND MAY ISSUE ADDITIONAL OR MORE REFINED
    INFORMATION.

    **** NOTICE **** NOTICE **** NOTICE **** NOTICE **** NOTICE *****

    THE TSUNAMI FORECAST IS UPDATED IN THIS MESSAGE.


    PRELIMINARY EARTHQUAKE PARAMETERS
    ---------------------------------

    * MAGNITUDE 7.9
    * ORIGIN TIME 1051 UTC DEC 17 2016
    * COORDINATES 4.5 SOUTH 153.6 EAST
    * DEPTH 73 KM / 46 MILES
    * LOCATION NEW IRELAND REGION PAPUA NEW GUINEA


    EVALUATION
    ----------

    * AN EARTHQUAKE WITH A PRELIMINARY MAGNITUDE OF 7.9 OCCURRED IN
    THE NEW IRELAND REGION, PAPUA NEW GUINEA AT 1051 UTC ON
    SATURDAY DECEMBER 17 2016.

    * TSUNAMI WAVES HAVE BEEN OBSERVED.

    * BASED ON ALL AVAILABLE DATA... HAZARDOUS TSUNAMI WAVES ARE
    FORECAST FOR SOME COASTS.

    【パプアニューギニアでM8.0の地震 日本への津波は50cm以下か】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/24(木) 23:01:57.61 ID:CAP_USER
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016112401001872.html

     東京電力は24日、福島県沖の地震により福島第2原発3号機の使用済み燃料プールの冷却が一時停止した原因が、
    プール脇にあるタンク内の水位低下だったとの見方を示した。当初の説明は、タンクの水が地震で揺れたことを水位変化と検知したとしていたが、変更した。

     燃料プールは、循環している冷却水の上澄み部分が脇にあるタンクに流れ込む構造。タンクの水を浄化・冷却し、
    再びプールに注水している。地震時は揺れにより、プールの水の一部が建屋内の別の設備に流れ出たため、
    本来は脇にあるタンクに流れ込む水量が減少し、タンク内の水位が低下したとみられる。

    【[東電] 福島第2の冷却停止原因は水位低下と説明変更】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/23(水) 21:40:14.88 ID:CAP_USER
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000142-mai-sctch

     福島県沖で22日朝に発生した地震では、東京電力福島第2原発3号機の使用済み
    核燃料プールの冷却設備が一時停止した。同原発は東日本に多い沸騰水型で、
    プールは原子炉建屋の上部に設置されている。


    地震でプールの水面が揺れ、一時的に水位が下がったことを感知して
    自動停止したとみられている。
    一方、関西、四国、九州電力の各原発は加圧水型で、プールは原子炉建屋とは別の建屋にある。
    地盤の基礎上に設置され、安定性が高いとされる。


     原子炉建屋内にある沸騰水型のプールは、原子炉から燃料を取り出した際の移動距離を短くできるメリットがある。
    しかし建屋上部にあり、揺れの影響を受けやすいとの指摘もある。東京電力をはじめ北陸、中国電力などの原発が沸騰水型だ。


     東日本大震災で事故を起こした福島第1原発も沸騰水型で、プールが冷却機能を喪失し、
    深刻な事態に陥った。

    一方、同震災でも、頑丈な専用容器に密封し外気で容器ごと冷やす「乾式貯蔵」
    で保管されていた使用済み核燃料については問題がなかったため、原子力規制委員会は
    「乾式貯蔵」に移行するよう各電力会社に求めている。【鳥井真平】

    【福島第2原発の核燃料冷却停止、東日本に多い沸騰水型で原子炉建屋の上に核燃料プールが設置されてる事が原因】の続きを読む

    sfsnews_20161122100647-thumb-645xauto-99051



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/22(火) 19:50:41.04 ID:CAP_USER9
    2016年11月22日の早朝5時59分に発生した福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7.4の地震をめぐり、


    民進党、共産党など主要野党の公式ツイッターアカウントが、9時30分現在、何の反応もしていない、と注目を集めている。


     一方、自民党、公明党の公式アカウントは、地震発生に何らかのアクションを示しており、「国民をどれだけ心配してるか、一目瞭然」と、
    主要野党に対して呆れる声も上がった。


    ■懇談会写真や委員会質問映像


     22日9時30分現在、民進党公式アカウント「民進党」のトップ(最新)ツイートは21日に投稿された懇談会の写真だ。
    18日に党本部で開催された懇談会の様子を撮影したものらしく、党公式サイトのURLも貼り付けられている。


     共産党公式アカウント「日本共産党」のトップツイートは、こちらも21日に投稿された真島省三衆院議員の16日の委員会質問映像。
    YouTubeの動画ページへつながるURLとともに、「クレカのIC化遅い 法的義務付けを」と質問内容の説明も加えられている。


     一方、自民党の公式アカウント「自民党広報」は首相官邸公式アカウントの地震情報ツイートを数回リツイートし、22日8時ごろ、
    「・国民に対し、津波、避難等に関する情報を適時的確に行う ・早急に被害状況を把握する ・自治体と緊密に連携し、
    政府一体となって災害応急対策に全力で取り組むことを指示」と安倍首相の地震対応を伝えた。


     また、公明党の公式アカウント「公明党広報」は6時ごろから、NHKや首相官邸が投稿した地震関連のツイートを連続的にリツイートしている。


     現状は、地震に対する公式アカウントの反応が与野党ではっきり分かれている。地震発生から3時間が過ぎても反応しない民進党、
    共産党の公式アカウントに対しては


      「まさしく無責任野党」
      「これだけで国民をどれだけ心配してるか一目瞭然」

    と非難の声が寄せられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000012-jct-soci

    【自民党・公明党ツイッターは地震に反応 「民進・共産は無反応」に「無責任野党」の声】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/22(火) 13:02:54.62 ID:CAP_USER9
    毎日新聞 11/22(火) 12:58配信

     福島県で震度5弱を観測した地震で、気象庁は22日午後0時50分、宮城、福島、
    岩手、茨城の4県の沿岸部に出していた「津波注意報」をすべて解除した。

     同庁によると、震源は福島県沖の深さ25キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は
    7.4と推定される。今後もしばらく海面変動が続く可能性もあり、海水浴や磯釣りを行う際は注意するよう、呼びかけている。

    最終更新:11/22(火) 12:58
    毎日新聞
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000059-mai-soci

    【全地域の津波注意報を解除 今後も海水浴や釣りには注意を】の続きを読む

    このページのトップヘ