スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    国際 海外 

       ● 目の前に開いた穴に気付かず頭から・・・、歩きスマホで落ちてしまう人が目撃される 
       ● クマが超スピードで襲いかかる。恐怖の瞬間をカメラが捉える
       ● 米バイオクォーク社が死者をよみがえらせる実験を実施 
       ● 【アメリカ】クマ、堂々と部屋に侵入しピアノを弾く
       ● 中国のニュース番組が「NEWS ZERO」とそっくり、盗作か
       ● タバコを口にくわえている?野ウサギが話題に

    1: スペア速報@まとめ 2017/06/11(日) 19:33:51.36 9
    2017年06月11日 19時04分 更新
    歩きスマホで落ちてしまう人が目撃される 目の前に開いた穴に気付かず頭から……
    衝撃映像につき注意!

    [宮原れい,ねとらぼ]

     歩きスマホをしていた女性が、開いていた歩道の穴に気付かず落ちてしまう事故が米ニュージャージー州で発生しました。その時の様子がYouTubeで公開されています。


       



     歩道に空いたように見える穴は地下室への入り口で、事件時にはそのドアが通りを歩く人に見える形で開いていました。しかし女性はそのドアが足に当たるまでまったく気づかず、歩いていた勢いとぶつかった衝撃でお辞儀するように折れて頭から落下。


     動画ではそのときすれ違った別の女性2人が、突然逆さまになって落ちていく目の前の様子にどうすることもできず、驚いて口を押さえたまま呆

     海外の報道によると落ちた女性は67歳で、落下した高さは約1.8メートル。消防士によって救出された彼女は重傷を負っていたものの、病院に運ばれた後、容態は安定したということです。


     なお当時地下へのドアが開いていたのは、地下鉄のガス管修理のため。よく見ると、女性が落ちた際に穴の横から作業員が出てくるのを確認できます。


     米新聞社の調査によると、歩きスマホが原因で救急車に運ばれる人は2010年から2014年の間で124%増加したという報告も。米国家安全保障会議(NSC)は、スマホを持ったまま「歩いたり、電話したり、文章を打たない」ように呼びかけています。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/11/news027.html

    【目の前に開いた穴に気付かず頭から・・・、歩きスマホで落ちてしまう人が目撃される 】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2017/06/09(金) 19:30:39.40 ID:CAP_USER
    この春、カナダのリチャード・ウェーズリーさんは狩りに出た。彼の手には弓と矢があり、体にはカメラ一台が取り付けられていた。その時、遠くから大きく、黒い姿が現れた。熊だった。

    この映像はウェーズリーさんが5月22日、YouTubeに公開したものだ。熊は土から何かを探しているような動きをしている。

    ウェーズリーさんは声を出したが、熊は彼を見るやいなやすぐに走ってきた。ウェーズリーの体に付いていたカメラはこの瞬間を1人称の視点で捉えた。巨大な熊が人に覆いかぶさろうとする状況がリアルに捉えられている。

    幸い、ウェーズリーさんは大声を出して熊の顔を叩き、熊を追い払った。その際にカメラがしばらく地面に落ちた。カメラを拾ったウェーズリーは安堵のため息をついた。

    熊が走りこんでくる様子は1分10秒から。

    https://youtu.be/PsCqmotxyME



    http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/09/bear_n_17009176.html

    【クマが超スピードで襲いかかる。恐怖の瞬間をカメラが捉える】の続きを読む

    sfsd0dace826f7aac94a247d28a2c9b2f289

    1: スペア速報@まとめ 2017/06/09(金) 15:42:13.99 ID:CAP_USER9
    米フィラデルフィアに本社を置くバイオテクノロジー企業「Bioquark」は、今年にも「あの世からの帰還」に関する実験を行う意向。


    Bioquark社の社長アイラ・パストール氏は、死者をよみがえらせることは可能だと述べた。Bioquark社の専門家たちが、すでに今年にもラテンアメリカのある国で実施予定の実験で、死者の蘇生という奇跡をデモンストレーションしようと試みている。


    Bioquark社は最近、蘇生計画を発表した。これは脳活動の回復を目的としている。なぜなら脳が機能しているか否かが、生きているか、それとも死んでいるかの証拠となるからだ。


    現在、大多数の国では、「脳死」と判断された場合、死亡が告げられたり、あるいは生命維持装置が外される。


    だがBioquark社は、脳を「致命的に」変化させることは不可逆的だと考えている。


    なお動物実験を行う予定はなく、即座に65歳から15歳までの死者で実験する意向だという。


    一方、Bioquark社のホームページでは、科学的な詳細は一切伝えられていない。

    https://jp.sputniknews.com/science/201706093736377/

    Bioquark
    http://www.bioquark.com/

    【米バイオクォーク社が死者をよみがえらせる実験を実施 】の続きを読む

    あだindex


    1: スペア速報@まとめ 2017/06/07(水) 22:50:59.65 ID:CAP_USER9
      (2017/06/07 18:54)
     部屋に侵入したクマが、ピアノを前にまさかの行動です。

    アメリカ・コロラド州のマンションの部屋の映像です。
    部屋に侵入してきたのは真っ黒なクマ。きょろきょろと辺りを見回して誰もいないことを確認すると、次の瞬間。まさに「威風堂々」、見事にピアノを奏でてみせました。

    満足げな表情にも見えるクマですが、侵入の「フィナーレ」だったのか、演奏後にゆっくりとその場を後にしました。この独演を最後にクマの音沙汰はないということです。

    リンク先に動画あり
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000102578.html

    ようつべ動画リンク
    https://www.youtube.com/watch?v=EiQU4_9-nOk


    【【アメリカ】クマ、堂々と部屋に侵入しピアノを弾く】の続きを読む

    dgimages


    1: スペア速報@まとめ 2017/06/07(水) 19:59:06.50 ID:CAP_USER
    2017年6月6日、中国のテレビ局大手・湖南衛星テレビのニュース番組が、日本テレビ系「NEWS ZERO」にそっくりだとして盗作が指摘されている。観察者網が伝えた。

    湖南衛星テレビの経済チャンネルが放送するニュース番組「今夜iMAX」が、「NEWS ZERO」からの盗作としか思えないと話題になっている。

    ネット上に登場した「今夜iMAX」と「NEWS ZERO」の比較画像を見ても、白とグリーンを基調にしたスタジオのセット、出演者の立ち位置、テロップの字体やデザインなど、どれを取ってもまさにうり二つといったところ。オープニングテーマ曲までもが非常によく似ている。


    「NEWS ZERO」の放送がスタートしたのは06年10月だが、「今夜iMAX」は13年にスタートした番組。なお、同番組のパクリが指摘されたのはこれが初めてではない。「NEWS ZERO」のキャスターを務める「嵐」メンバー・櫻井翔の中国のファンたちが、番組開始当初に「パクリではないか」とSNSを通じて発信していた。


    画期的なバラエティー番組を生み出して躍進してきた湖南衛星テレビだが、ここ数年は盗作の話題が後を絶たない。最近でも韓国メディアが、「神奇的孩子」「向往的生活」「中餐庁」といったバラエティー番組について、韓国の人気番組のパクリだと猛批判したばかりだ。


    韓国だけでなく、日本からのパクリを指摘された事例も「NEWS ZERO」だけではない。過去にはバラエティー番組「天天向上」が、アイドルグループKAT-TUNのコンサートの舞台デザインをそのまま使用したと話題になり、女性キャスターによる番組の宣伝動画では、人気ユニットPerfumeのPVとそっくりな衣装や演出が使用されて批判を浴びている。
    Record china
    2017年6月7日(水) 12時0分
    http://www.recordchina.co.jp/a180387.html

    【中国のニュース番組が「NEWS ZERO」とそっくり、盗作か】の続きを読む

    no title



    1: スペア速報@まとめ 2017/06/05(月) 13:37:19.78 9
    06.05 10:51
    ナリナリドットコム
    タバコのようなものを口にくわえている野ウサギの写真がSNSに投稿され、話題を呼んでいます。
    写真はアイルランドのダブリン空港で撮られたそう。


    ネットでは「外で吸っている人がポイ捨てしてるってことでしょう」「こいつ、前も写真撮られてなかったかな」などの反応が寄せられました。

    同空港のTwitter公式アカウントは、「これはタバコではなく、歯が成長したものです」と返答しましたが、真相はよくわからないままのようです。
    http://news.line.me/issue/internets/906ae730d4af

    【タバコを口にくわえている?野ウサギが話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ