スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    国際 海外 

       ● 日本が韓国に制裁するとして
       ● あれだけ騒いでたisisもう壊滅寸前らしいな
       ● 泳ぐフクロウの姿を撮影 専門家「極めて珍しい」 
       ● サムスンのスマホ、最も環境に悪いモデルに選ばれる
       ● 日本はあと幾ら韓国に金を払えば慰安婦問題は解決するの?
       ● America→アメリカ 分かる、 Germane→ドイツ なんとなく分かる

    1: スペア速報@まとめ 2017/06/29(木) 14:15:35.03 ID:CAP_USER9
    米ユタ州とアリゾナ州にまたがるコロラド川の途中にあるパウエル湖(Lake Powell)で、泳ぐフクロウが発見されました。
    2016年、ここを訪ねたデリック・ズック(Derrick Zuk)さんと彼の友人が、あまりにも珍しいので映像に収めました。


    泳いでいるのは、アメリカワシミミズク(great horned owl)という、白地に黒のシマ模様を持つ幼いフクロウ。翼を広げてゆっくりと泳いでいる姿は、まるでバタフライをしているよう。疲れて途中でスピードダウンし、ようやく岸にたどり着いたフクロウはズックさんたちに驚いた様子でした。


    ミシガン州立大学鳥類専門家のマシュー・ズワーニック(Matthew Zwiernik)さんによると、フクロウは泳げるかもしれないが、羽が濡れると重くなるし、鋭い爪は水かきの作用を果たすこともない。泳ぐフクロウというのは、極めて珍しいと指摘しています。


    米NPOナショナル・オドボン・ソサエティ(National Audubon Society)の鳥類専門家ジオフ・レバロン(Geoff LeBaron)さんは、アメリカワシミミズクは崖に巣を作ることが多く、幼いフクロウが巣から落ちたか、または飛ぶ練習をしている時に迷い込んだかのどちらかではないかと推測しています。

    http://www.epochtimes.jp/2017/06/27781.html

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=LQNHJTleMZg


    【泳ぐフクロウの姿を撮影 専門家「極めて珍しい」 】の続きを読む

    bb7ab3aee9e158dfdbd3de287e77f66a_content



    1: スペア速報@まとめ 2017/06/29(木) 06:30:39.63 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=182707&ph=0

    2017年6月27日、韓国・京郷新聞によると、国際的な環境保護団体「グリーンピース」が、人気の情報通信技術(IT)機器44製品を対象に、資源の無駄を減らす設計になっているかを評価し、結果を公開した。


    評価基準は「分解のしやすさ」「交換用部品販売の有無」「修理マニュアル提供の有無」だ。
    グリーンピースの関係者は「機器が容易に分解でき、主要部品を購入することができる場合、一般的なユーザーが自分で修理することができ長く使うことができる」とし、「きちんと分解できる製品ほど、廃棄時の部品のリサイクルも容易」と説明した。


    米カリフォルニアに拠点を置く、修理パーツ・修理用特殊工具の開発や販売を手がけるベンチャー企業「アイフィックスイット(iFixit)」が、分解のしやすさについてスコアを付け、残りの項目はグリーンピースが直接調査した。


    その結果、スマートフォンの分解のしやすさで最も優れた製品はオランダ・フェアフォンの「フェアフォン2」が満点の10点だった。
    専門技術がなくとも、ドライバーのような一般的な工具のみを利用してバッテリー・ディスプレー交換が可能という。
    また主要部品を直接購入して修理することができ、修理マニュアルも提供される
    。韓国LGの「G4」「G5」も分解が容易との評価(8点)を受けて共に2位に入ったが、こちらは主要部品の個別販売が行われていない。


    スマートフォン部門で最下位という不名誉な称号は、サムスン電子の「ギャラクシーS7」「ギャラクシーS7エッジ」(いずれも3点)、「ギャラクシーS8」(4点)に与えられた。機器を開けることが難しく、特殊工具でのみ修理が可能だという。


    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「部品のリサイクルがうまくいけば環境に優しいことになるの?」「製品を勝手に開けられたら、防じんや防水効果はどうなるんだ?」など、評価基準に懐疑的な意見が寄せられた。


    また、「こんなことで環境問題を議論するより、中国のPM2.5問題をなんとかしてくれ」と、本来の環境問題を優先すべきとする声や、「分解できない製品の方が信頼が置ける」とのコメントもあった。

    【サムスンのスマホ、最も環境に悪いモデルに選ばれる】の続きを読む

    このページのトップヘ