スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    国際 海外 

       ● 日本はあと幾ら韓国に金を払えば慰安婦問題は解決するの?
       ● America→アメリカ 分かる、 Germane→ドイツ なんとなく分かる
       ● 【AI】米フェイスブック、テロ対策でAI活用
       ● 日光浴びずに「日焼け」する塗り薬を10年越しで開発
       ● スペインで不気味なほどリアルな赤ちゃん人形の展示会
       ● 韓国はなぜ美人が多いのか?

    sfdshutterstock_110597087-690x518


    1: スペア速報@まとめ 2017/06/16(金) 09:46:21.50 ID:CAP_USER
     【シリコンバレー=小川義也】米フェイスブックは15日、世界で20億人近くが利用する同社の交流サイト(SNS)上でのテロ対策を強化すると発表した。
    テロリストやその支持者が投稿する画像や動画、プロパガンダなどを識別する人工知能(AI)の運用を本格化。
    テロ対策の専門家や監視要員も拡充しつつ、過激思想の拡散を防ぐ。


     最新の画像認識技術を使い、データベースに登録されたテロ関連の画像や動画と合致するものは投稿したり、シェアしたりできなくする。
    テロ行為を支持したり助長したりする書き込みを理解する言語理解AIの試験運用も始めた。


     フェイスブックの利用を禁じられたテロリストらが偽名を使って新たにアカウントを開設した場合も、交友関係や投稿内容から早期に発見できる技術も導入した。


     この問題を担当するフェイスブックの幹部、モニカ・ビッカート氏は「AIがすべてを判断できるわけではない」と指摘。
    AIだけでは対応できないコンテンツについては、この1年間で150人あまりに増やしたテロ対策の専門家や、新たに世界で3000人を追加し、7500人体制にするコンテンツの監視要員の判断を仰ぐ。


     フェイスブックや米ツイッター、米グーグル傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」などを巡っては、過激思想拡散の温床になっているとして欧州を中心に対策や規制強化を求める声が高まっている。


     英国のメイ首相は今月4日の演説で、「サイバー空間の規制で国際的な合意につなげる必要がある」と主張。
    フランスのマクロン大統領も13日、「(ネット企業は対策を)約束してきたが、それだけでは不十分だ」と述べ、各社に具体的な行動と成果を求めていた。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN16H04_W7A610C1000000/

    【【AI】米フェイスブック、テロ対策でAI活用】の続きを読む

    sfsindex

    1: スペア速報@まとめ 2017/06/14(水) 13:23:47.68 ID:CAP_USER9
    【6月14日 AFP】人間の皮膚を太陽光線にさらさずに日焼けさせるのを助ける可能性のある薬を、10年に及ぶ研究の末に開発したとする研究報告が発表された。
    これにより皮膚がんの発症リスクを減らせる可能性があるという。


     13日の米科学誌セル・リポーツ(Cell Reports)に論文を発表した研究チームによると、この薬は紫外線吸収色素を生成する細胞を活性化するという。
    人間への潜在的な副作用を防止するためには、さらに試験を重ねる必要があるとチームは強調した。


     赤毛の実験用マウスの皮膚にクリームとしてこの薬を塗ると、マウスの皮膚を真っ黒に日焼けさせることができた。
    赤毛マウスは肌が白い赤毛の人と同様に、太陽の紫外線による損傷作用の影響を特に受けやすい。


     マウスにおける当初の画期的成果は10年以上前、2006年に英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文で発表された。
    だが、はるかに分厚い人間の皮膚に薬剤を吸収させる方法を科学者らが考案するのに、それほど多くの時間を要したのだ。


    *****
    引用ここまで。全文は下記よりお願いします
    http://www.afpbb.com/articles/-/3131968

    【日光浴びずに「日焼け」する塗り薬を10年越しで開発】の続きを読む

    xfbindex

    1: スペア速報@まとめ 2017/06/13(火) 17:35:10.68 ID:CAP_USER9
    スペイン北部のビルバオで、超リアルな赤ちゃん人形の展示会「リボーンドール・ショー」が開催されている。

    スペイン企業「Babyclon」が作るさまざまな人形は、その不気味なリアルさに価値を見出す収集家のサブカルチャー的嗜好に応えている。

    シリコン製人形の価格は約600ユーロ(7.4万円)。人形が息をしたり、おしゃぶりを吸ったりする高級モデルは5000ユーロもする。

    映画「アバター」の青いエイリアンそっくりの人形もある。また、赤ちゃんチンパンジーや人魚、妖精のエルフのような尖った耳を持つ赤ちゃんなども展示されている。

    ソース/ロイター
    http://jp.reuters.com/article/realbaby-idJPKBN1940AM

    画像
    https://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170613&t=2&i=1188730697&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPED5C05G

    【スペインで不気味なほどリアルな赤ちゃん人形の展示会】の続きを読む

    このページのトップヘ