スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    雑学 哲学 知識 情報

       ● 女性はなぜあんなにも寒がるのか?「冷え症」基礎知識
       ● あと千年で地球壊滅、惑星コロニーへ移住を ホーキング氏
       ● ロックされてるパソコンでも情報を抜き取る事ができる5ドルのハッキングデバイスを公開、対策はUSBポートをセメントで固めるだけ
       ● ドラえもんの未来の道具「ほんやくコンニャク」は実現する?交通機関で実験広がる
       ● 近赤外線でガン細胞が1日で消滅、転移したガンも治す…米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは
       ● 10~20代男性の5人に1人は「テレビを見ていない」
       ● ツイッターが中傷行為阻止の機能を強化へ
       ● 運転手不要の“空飛ぶタクシー” エアバス社が来年に自動操縦機プロトタイプ「革命もたらす」
       ● 肝臓の細胞を若返らせることに動物実験で成功 再生医療やがん治療への応用に期待
       ● Amazonを名乗る偽メールに注意、「アカウント検証」を装う

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/19(土) 06:22:06.25 ID:CAP_USER9
    ● 職場での男女のギャップを理解しよう


    一説には日本人女性の70%、つまり4000万人以上が悩んでいるといわれる「冷え性」。
    以前、男性も悩んでいるという事情をお伝えした「便秘」とは違い、冷え症に悩まされるのは今も女性が中心だ。


    したがって「要するに温めればいいんでしょ、重ね着でもすれば」「手足が冷たいってそんなに辛いことなの? 」という程度の認識の男性は少なくなく、
    職場の冷暖房の設定をめぐるトラブルも生じている。
    よって、今回は主に男性の立場から「冷え性」について学び、女性との認識のギャップを埋めていきたい。


    そもそも「冷え性」とは、手足や全身に「冷え」を感じて辛いことの総称である。
    西洋医学では、ホルモンバランスの乱れやストレスによる自律神経失調症が原因と考えられている。


    人間が気温の変化に関係なく体温を一定に保つことができるのは、自律神経が正常に働き、血流などをコントロールしているからであるが、
    この自律神経が乱れると体温調節もうまくできなくなってしまう。


    ストレスによる自律神経の乱れは誰にでも起こりうることだし、体温調節の機能にだけ悪影響があるというわけではない。
    しかし、男女の体格差によって、体温調節のしやすさは根本的に異なる。
    熱をつくり出すための筋肉が女性は男性にくらべて少なく、皮膚の表面温度も低くなる。
    さらに女性は貧血や低血圧の人が多いため、「冷え」が表出しやすい。


    ● 「冷え症外来」もある


    体温調節がうまくいかないと、寒いときはもちろん、通常の室温でも手足に冷たさを感じる場合がある。
    前述の男性にありがちな意見のように、「温めれば」「重ね着すれば」ある程度は症状は軽くなる。
    ただし日常生活、とくに勤務時間の中で手足を暖めながら作業するのは難しい。ソックスの重ね履きにも限度があるだろう。
    そもそもの原因が自律神経の乱れにあるので、温めても冷えの感覚がなくなるとは限らない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161119-00108560-diamond-soci
    ダイヤモンド・オンライン 11/19(土) 6:00配信

    no title

    【女性はなぜあんなにも寒がるのか?「冷え症」基礎知識】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/18(金) 16:08:50.71 ID:CAP_USER9
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35092416.html?tag=top;topStories
    no title


    (CNN) 地球に残された時間はあと1000年。人類はそれまでに地球を離れ、他の惑星にコロニーを建設して移住しない限り、生き延びることはできない――。英理論物理学者のスティーブン・ホーキング氏がこのほど行った講演で、そんな未来を描いて見せた。

     
    地球を壊滅させる要因は気候変動や核兵器、ロボットなど。米紙クリスチャン・サイエンス・モニターによると、ホーキング氏は英オックスフォード大学組合で行った講演で、「地球という惑星が壊滅する確率は当面は極めて低いかもしれないが、時が経つにつれて可能性は高まり、1000年あるいは1万年たてばほぼ確実になる」と予想。「その時までに我々は宇宙やほかの星に散らばっていなければならない。地球の壊滅を人類の終わりにしないために」と語った。


    実際に宇宙探査計画は加速しているようだ。米航空宇宙局(NASA)は人類が生存可能な地球外惑星の探査に力を入れ、米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は火星にコロニーを建設する構想を披露している。
    ただしホーキング氏が描くのは暗い未来ばかりではない。英紙インディペンデントによると、講演ではこう結んでいる。


    「足元ばかり見ていないで星空を見上げよう。自分が見たものの意味を考え、何が宇宙を存在させているのか考えてほしい」「好奇心を持つこと。人生がどれだけ困難に見えても、自分にできること、成功できることは必ずある。大切なのはあきらめないことだ」

    【あと千年で地球壊滅、惑星コロニーへ移住を ホーキング氏】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/18(金) 09:40:07.61 ID:CAP_USER
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1030533.html
    no title


     ハッカーのSamy Kamkar氏が公開した5ドルのRaspberry Pi Zeroで作れてしまう強力なハッキングデバイスが話題となっている。


     「PoisonTap」と名付けられたこのデバイスは、Raspberry Pi Zeroのむき出しの基板に
    USBケーブルが繋がった簡素なものだが、PCがパスワード入力待ちのロック状態になっていたとしても、
    PoisonTapを接続するやいなやほんの数秒でPCのインターネットアクセスを乗っ取り、バックドアまで仕掛けてしまう。


     PoisonTapはUSB(Thunderboltも含む)接続のEthernetデバイスとして振る舞うように設計されており、
    OS標準のドライバで動作してしまうため、WindowsやOS Xではドライバをインストールする必要がない。
    接続後は攻撃対象のPCに対してDHCPのリクエストを行ない、DHCPを返すとともにIPアドレスを付与。
    PCはPoisonTap上のローカルネットワークの一部となってしまう。


     PoisonTapは、HTTPリクエストでWebブラウザからCookieとセッションを吸い上げるという手段を講じるが、
    これはiframeで100万のWebサイト――Alexaが公開しているトップ100万アクセスのサイトで、
    1位はgoogle.comで、2位はyoutube.com、3位はfacebook.com、ちなみに11位にgoogle.co.jp――を偽装することで攻撃を行なう。
    これによってWebブラウザがそれらのサイトと勝手に認証などを行なってしまい、Cookieに書き込まれた情報が盗まれてしまう。


    盗まれたCookieは、PoisonTapが改変したWebブラウザのキャッシュに保存されるが、iframeで開いた
    HTMLやJavaScriptのコードがバックドアとして動作するようになっており、PoisonTapを抜いた後でも攻撃をしかけることができる。


     Samy Kamkar氏はPoisonTapのソースコードをGitHubに公開しているが、PoisonTapへの対抗手段として、
    Webサーバーを運用しているならHTTPSを使用するように勧めている。また、PCに関してはWebブラウザを閉じておくか、
    USBポートをセメントで塞ぐように助言している。

    【ロックされてるパソコンでも情報を抜き取る事ができる5ドルのハッキングデバイスを公開、対策はUSBポートをセメントで固めるだけ】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/17(木) 17:51:26.67 ID:CAP_USER9
    ◆ほんやくコンニャク実現する? 交通機関で実験広がる

    しゃべった言葉をその場でほかの言語に翻訳し、音声で流す最新技術の実験が、交通機関で広がっている。
    訪日外国人の増える東京五輪に向け、官民一体で精度向上に取り組んでいる。旅行の会話程度なら不自由のないレベルになるらしい。
    ドラえもんの秘密道具「ほんやくコンニャク」は実現するのか。


    「大きい荷物をお持ちのお客様は、エレベーターをご利用ください」。
    羽田空港国際線ターミナル駅改札。駅員がメガホンに向かってしゃべると、上部の画面に英語、中国語、韓国語に翻訳された文章が表示された。
    ボタンを押すと、順番に音声で流れる。「If you have a suitcase……」


    京浜急行電鉄が10月上旬に実施した実証実験。メガホンはパナソニックが開発した音声自動翻訳機「メガホンヤク」だ。
    翻訳にかかる時間は1秒程度。
    同社の担当者は、「旅行会話は英語テストTOEICで600点程度の実力。
    翻訳にかかる時間を短縮しつつ、2020年には700点まで精度を上げたい」と話す。


    他の交通機関でも外国人観光客らへの対応のため、翻訳機の導入が相次ぐ。
    東京メトロは昨年8月からほぼ全駅の改札や駅事務所に音声自動翻訳アプリの入ったタブレット端末を配備した。
    約30言語に対応し、設定した言語に1~2秒で翻訳し、音声で流れる。
    京急電鉄は今年2月、京成電鉄も3月からほぼ全駅に配備した。


    いずれも国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の音声自動翻訳技術が基礎になっている。
    総務省は東京五輪で外国人観光客が増えるとみて、19年度までの5年間を研究開発期間とし、これまで毎年10億円以上の予算を投入。
    NICTや交通機関、メーカーなどの152機関でつくる協議会のメンバーらが、精度向上や実用化に向けて実証実験を繰り返している。


    音声自動翻訳の基本的な仕組みはこうだ。
    日本語を英語に変える場合、まず、日本語を一文ごとに音声認識して文字に直す。
    次に、日英の文章の対訳を大量に集めた「辞書」を参照し、単語を一つ一つ英単語に変換し、英語の語順として最も正しい確率の高い文章に並び替える。
    精度は辞書のデータ量などが大きく左右する。最後に、文章を音声に合成する。


    辞書の充実している分野では、すでに翻訳家が訳したものと遜色がなくなっているという。
    総務省研究推進室の担当者は「旅行、医療、防災、生活分野では、英語など10言語で、東京五輪がある20年までに日常会話で問題ないレベルにするのが目標」と話す。

    解説図:no title


    (▼続きはリンク先の記事ソースでご覧ください)

    朝日新聞デジタル 2016年11月17日11時53分
    http://news.livedoor.com/article/detail/12294923/

    【ドラえもんの未来の道具「ほんやくコンニャク」は実現する?交通機関で実験広がる】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/17(木) 08:13:27.07 ID:CAP_USER9
    ◆近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは


    人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。
    「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した。
    がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指している。


    がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがあるが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、他の2つは副作用がある。
    転移・再発防止などにも課題があった。

    これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できる。
    やっかいな転移がんにも有効だ。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうだ。


    オバマ大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法の発見を取り上げ、「米国の偉大な研究成果」として世界に誇ったことを覚えている方も多いだろう。
    その後順調に研究開発は進み、NCIで20年越しの研究が大詰めを迎えている小林氏に、この治療法の効果や革新性、将来展望などを伺った。


    ◇近赤外線の当たったがん細胞は1,2分でバタバタと破壊される


    ――近赤外線を使うがん治療は、従来の医学の常識からすると全く予想外の方法だと思います。その仕組みや特徴について、分かりやすく説明していただけますか。


    この治療法は、がん細胞だけに特異的に結合する抗体を利用します。
    その抗体に、近赤外線によって化学反応を起こす物質(IR700)を付け、静脈注射で体内に入れます。
    抗体はがん細胞に届いて結合するので、そこに近赤外線の光を照射すると、化学反応を起こしてがん細胞を破壊します。
    近赤外線は、波長が可視光と赤外線の中間に位置する光です。



    治療には近赤外線のうち、波長がもっとも短く(700ナノメートル:nm、1nmは10億分の1メートル)エネルギーが高い光を使います。
    IR700はフタロシアニンという色素で、波長700nmの近赤外線のエネルギーを吸収する性質を持っています。

    その化学反応で変化したIR700ががん細胞の膜にある抗体の結合したたんぱく質を変性させ、細胞膜の機能を失わせることによって1~2分という極めて短時間でがん細胞を破壊します。
    その様子を顕微鏡で見ると、近赤外線の当たったがん細胞だけが風船がはじけるようにポンポンと破裂していく感じです。


    解説図:近赤外線を使った新しいがん治療法のイメージ
    no title


    ◇これほどがん細胞の選択性が高い治療方法は過去になかった


    ――これまでのがん治療法は副作用が患者さんの悩みでしたが、この点はいかがでしょうか。


    この治療法には、ほぼ副作用はなく、安全性が確認されています。これはとても重要なポイントです。
    そもそもがん以外の正常細胞には抗体が結合しないので、近赤外線が当たっても害はありません。
    また抗体が結合したがん細胞でも、この特殊な近赤外光が当たらなければ破壊されません。


    つまり抗体が結合して、かつ光が当たったがん細胞だけを破壊するという高い選択性を持つ治療法なのです。
    これほど選択性が高いがんの治療法は過去にありませんでした。


    近赤外線はテレビのリモコンや果物の糖度測定などに使われるおなじみの光です。
    可視光と違って人体をある程度深くまで透過しますが、全く無害です。
    抗体は、米国食品医薬品局(FDA)ががん治療に使うものを20数種類認可しており、毒性が少ないことが証明済みなので、現在は、まずこの中から選んで使っています。


    IR700は、本来は水に溶けない物質で体内に入りませんが、中にシリカ(ケイ素)を入れて、水に溶ける性質に変えています。
    1日で尿中に溶けて排出されるので、これも人体には無害です。

    Mugendai(無限大) 2016.11.15
    http://www.mugendai-web.jp/archives/6080

    前スレ(1が立った日時:2016/11/17(木) 02:53:53.92)
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479318833/

    >>2以降へ続きます。

    【近赤外線でガン細胞が1日で消滅、転移したガンも治す…米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは】の続きを読む

    sfdfa41e85a7



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/17(木) 07:35:35.08 ID:CAP_USER9
    スマートアンサーは、スマートアンサーのユーザー2万23人を対象に、テレビを何時間ぐらい見ているか、
    テレビをよく見る時間帯はいつか、よく見るテレビのジャンルは何かなど、テレビ視聴に関するアンケートを実施した。


    ■10~20代男性の5人に1人は平日にテレビを見ていないという結果に


    まず、スマートアンサーのユーザーに対して「平日にどれくらいの時間テレビを見ているか(ただし録画での視聴は除く)」という質問を行なった。
    その結果を世代別で見ていくと上の世代ほどテレビを見ている時間が長く、男女別で見ると女性の方が視聴時間が長いという傾向が得られた。
    特に10~20代の男性に関しては、2割のユーザーが平日にテレビは見ないと答えており、若者のテレビ離れが進んでいると言えるのかもしれない。


    続いて、平日にテレビを見ていると答えたユーザーに対して、平日にテレビをよく見る時間帯を質問した(複数回答可)。
    その結果、男性10代で午後7時台、女性30代で午後8時台がトップになっている以外は、すべての世代において午後9時台がトップという結果になった。
    基本的に視聴者が多い時間帯は、午前では7時台、午後では7~10時台となっている。


    ■休日によくテレビを見る時間帯のトップは午後8時台


    次に、スマートアンサーのユーザーに対して「休日にどれくらいの時間テレビを見ているか(ただし録画での視聴は除く)」という質問を行なった。
    その結果を見ていくと、平日の結果と比べてテレビの視聴時間は長くなっているが、上の世代、および女性のほうが視聴時間が長いという傾向は変わっていない。


    続いて、休日にテレビを見ていると答えたユーザーに対して、休日にテレビをよく見る時間帯を質問した(複数回答可)。
    その結果、全ての世代において午後8時台がトップになっており、2位および3位は午後7時台または午後9時台が、4位は午後10時となっており、
    平日の結果と比べて世代間や男女間の差異が少なくなっていることがわかる。


    ■よく見るテレビジャンルランキング


    最後にテレビを見ることがあると答えたユーザーに対して、よく見るテレビのジャンルについての質問を行なった(複数回答可)。
    その結果を見ていくと、男性では10代~30代で、女性では10代~40代で「バラエティ・お笑い」がトップとなった。
    一方、男性40歳以上、および女性50歳以上では「ニュース」がトップとなっている。


    「バラエティ・お笑い」と「ニュース」は1位、2位を争うジャンルとなっているが、唯一女性10代では「ニュース」が5位にまで落ちる結果となっている。
    3位以降で特徴的なジャンルとしてあげられるのが「アニメ」あり、男性10~20代、および女性10代で3位にランクインしている一方、
    50歳以上では10位以下となっており、「アニメ」が世代間の差が大きいコンテンツであると言える。


    【調査概要】
    実施日時:2016年10月22日~10月23日
    参加人数:2万23人


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161117-00010002-dime-soci
    @DIME 11/17(木) 7:30配信

    【10~20代男性の5人に1人は「テレビを見ていない」】の続きを読む

    sdfsindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/16(水) 11:26:12.59 ID:CAP_USER9
    ロイター 11/16(水) 11:20配信

     11月15日、短文投稿サイト運営の米ツイッターは、中傷行為を阻止するために、特定の単語やフレーズ、ハッシュタグを含むツイートの通知を表示させない機能を追加すると発表した。写真はニューヨークで9月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)


    [15日 ロイター] - 短文投稿サイト運営の米ツイッター<TWTR.N>は15日、中傷行為を阻止するために、特定の単語やフレーズ、ハッシュタグを含むツイートの通知を表示させない機能を追加すると発表した。


    ツイッターにはこれまで特定のユーザーアカウントからのツイート通知を表示させないための「ミュート」機能があったが、今回はこの機能を拡大する。


    ツイッターはブログで、数日内にすべてのユーザーに追加機能の提供を開始すると表明した。


    ツイッターは表現の自由の保護と中傷や過激な書き込みの阻止とのバランスを取ることに苦慮してきたが、中傷の的になったとするユーザーの苦情に対して対応が不十分との批判が強まっていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000048-reut-bus_all

    【ツイッターが中傷行為阻止の機能を強化へ】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/15(火) 19:57:36.50 ID:CAP_USER9
    no title


    整然と空を飛び交う自動操縦の無人機。そのうちの1機が地上に降りてくると、客を乗せて再び空へと舞い戻っていった-。
    欧州航空機大手、エアバス・グループは、運転手のいない「空飛ぶタクシー」の実現を本気で考えているようだ。

    技術的、法的な問題をクリアするため、着々とプロジェクトを進めている。
    2017年の終わりまでにプロトタイプを完成させ、試験飛行を実施する計画という。

    エアバスのトム・エンダース最高経営責任者(CEO)は同社ホームページで「私は『スター・ウォーズ』の大ファンというわけではない」とした上で、
    冒頭のような未来を想像することは「ばかげたことではない」し、実現は「そう遠くない」と主張した。

    同社は今年10月、空飛ぶタクシーの完成予想図を公表した。一人乗りで8つのプロペラを備え、動力は電気モーター。
    ヘリコプターのように垂直方向に離着陸する。SFアニメに登場するようなフォルムだ。
    プロジェクト名は「Vahana(バハナ)」。ヒンディー語で「神の乗り物」を意味する。

    同社の想定する空飛ぶタクシーは、スマートフォンで予約すれば、自宅の前など指定の場所に降り立つ。
    乗り合いができる大きさにすれば、今のタクシーと同程度の運賃が可能と見積もっている。

    同社は「スマートシティを構想する世界中の専門家は、輸送問題となるといまだに地上に目を奪われたままだ」と指摘。
    自動運転車は渋滞を緩和すると期待されているが、空飛ぶタクシーはさらにその先をゆく。

    イカソース
    http://www.sankei.com/west/news/161115/wst1611150005-n1.html

    【運転手不要の“空飛ぶタクシー” エアバス社が来年に自動操縦機プロトタイプ「革命もたらす」】の続きを読む

    dggg



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/13(日) 02:33:37.45 ID:CAP_USER
    肝臓細胞若返り 国立がん研究センター、動物実験で成功


    国立がん研究センターの落谷孝広分野長らは11日、肝臓の細胞を若返らせることに動物を使った実験で成功したと発表した。
    4種類の化合物を使うことで、成熟した肝臓の細胞を肝細胞などの基になる細胞に変化させた。
    人でも成功すれば、肝臓がんや肝硬変など重い肝臓病の再生医療に道が開ける。
     
     
    ラットの肝臓の細胞を使って実験した。
    化合物で若返らせた細胞を慢性肝炎のマウスに移植した。
    8週間後に調べると、マウスの肝臓の細胞の大部分がラットの健康な細胞に置き換わり、肝臓の働きが正常に戻った。
    安全性の面でも問題は起きなかった。
    「肝臓だけでなく様々な臓器にも応用できる可能性がある」と落谷分野長は話す。
     
     
    重い肝臓病の治療は現在、臓器移植しかないとされるが、提供者不足で進んでいない。
    iPS細胞から肝臓の基になる細胞を作って移植する治療の研究が進んでいるが、うまく再生できていないという。
    また遺伝子を導入して作るため、移植した細胞ががんになる懸念もある。


    ▽引用元:日本経済新聞Web 2016/11/11 23:38
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11HAD_R11C16A1CR8000/

    ▽関連
    国立がん研究センター プレスリリース 2016年11月11日
    肝臓を再構築する肝前駆細胞へのリプログラミングにラット、マウスで成功
    再生医療やがん治療への応用に期待
    http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20161111.html



    【肝臓の細胞を若返らせることに動物実験で成功 再生医療やがん治療への応用に期待】の続きを読む

    sdfdbcac182432226e1dd7def5c170a4b014



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/08(火) 19:17:54.53 ID:CAP_USER9
    ITmedia エンタープライズ 11/8(火) 12:51配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000049-zdn_ep-sci
    画像 偽メールの文面(フィッシング対策協議会より)
    no title


     フィッシング対策協議会は11月8日、Amazonを名乗る偽メールへの注意を呼び掛けた。
    件名には「アカウント検証」とあり、フィッシングサイトに誘導される恐れがある。


     偽メールは不自然な日本語文書が記載され、「下記のホームページアドレスをクリックするだけ」という文言と、
    「今すぐ確認します」と書かれたボタンが表示される。このボタンをクリックしてしまうと、フィッシングサイトに接続してしまう。

     フィッシングサイトではアカウント情報(メールアドレス、パスワード)の入力を要求し、
    さらにクレジットカード情報や住所情報の入力も求めてくる。

     対策協議会によれば、フィッシングサイトは同日午前11時半現在で稼働しており、
    JPCERT コーディネーションセンターに閉鎖のための調査を依頼したという。
    フィッシングサイトではアカウント情報やクレジットカードなどの個人情報を絶対に入力しないようアドバイスしている。

     Amazonを名乗る偽メールは、直近では9月に出回ったが、今回の手口では
    アカウント情報に加えてクレジットカード情報も要求するなど、手口が凶悪化している。

    【Amazonを名乗る偽メールに注意、「アカウント検証」を装う】の続きを読む

    このページのトップヘ