スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    ゲーム

       ● 遊戯王デュエルリンクス配信開始直後にメンテ入り 「城之内が画面から消えないバグ」など修正へ
       ● 若者のポケモンGO離れ…中高年が夢中でハマる理由
       ● ポケモンサン・ムーンがSwitchに!!!
       ● ポケモンどうなん面白い?
       ● トイザらスのウェブサイト上にNintendo Switchの販売価格表示される。販売価格は2万6000円?
       ● ポケモン サン・ムーン初回出荷が世界累計で1,000万本を突破!3DSシリーズ史上最多に
       ● リメイク版「かまいたちの夜」の絵師がファンに大変な不快感を与えたことについて謝罪
       ● DMMでサービス開始の『カオスサーガ』わずか26時間30分でサービス終了・・・
       ● 人工知能、ついにスーパーファミコンのゲームで人間を上回る
       ● 新作ポケモンでダグトリオのアローラの姿がもうめちゃくちゃじゃねぇかww

    dgdfimages

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/19(土) 08:29:38.52 ID:CAP_USER
    2016年11月17日 15時26分 更新

    「遊戯王デュエルリンクス」配信開始直後にメンテ入り 「城之内が画面から消えないバグ」など修正へ
    スマホゲーム「遊戯王デュエルリンクス」に不具合があり、配信開始当日にメンテナンス入り。「城之内克也が画面から消えなくなるバグ」などに対応する。
    [ITmedia]


     コナミデジタルエンタテインメントが11月17日に配信開始したスマートフォンゲーム「遊戯王デュエルリンクス」に不具合があり、同社は17日午後2時半ごろからメンテナンスに入った。
    「キャラクターの城之内克也が画面から消えなくなるバグがある」と複数のユーザーが報告しており、これを含む不具合の解消と、アクセス集中に対応するためいったんサービスを停止したという。


     「遊戯王デュエルリンクス」は、遊戯王シリーズのカードゲームをスマートフォン向けに最適化したもの。カードを入手し、デッキを強化してリアルタイム対戦を行ったり、ミッションをクリアして原作に登場するデュエリストに挑戦できる。


     事前登録者は77万人を突破するなどファンの期待は高く、配信開始直後から「デュエルリンクス」がTwitterのトレンドに入るなど話題に。
    その一方、一部の端末で、キャラの城之内克也が画面から消えなくなるバグがあるとユーザーが報告しており、「斬新なバグだ」と話題になっていた。


     ゲームは17日午後2時37分からメンテナンスに入り、遊べない状態に。
    同社によると、城ノ内が消えなくなる問題を含む複数の不具合の対処と、アクセス殺到に対応するためいったんサービスを停止したという。メンテナンスは3時半までの予定だ。


    17日午後3時35分追記
    メンテナンスは終了し、遊べるようになった。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/17/news099.html


    ※関連板 http://karma.2ch.net/yugioh/ 遊戯王

    【遊戯王デュエルリンクス配信開始直後にメンテ入り 「城之内が画面から消えないバグ」など修正へ】の続きを読む

    sdfdsf301836184-1474292970_l



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/18(金) 22:23:57.42 ID:CAP_USER9 BE:348439423-PLT(13557)
    スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が配信されてから約4カ月。
    一時のブームは去ったかのように見えるが今、中高年が夢中になっている。
    「子どもの頃の昆虫採集に似ている」「歩くので健康になれる」。
    スマホゲームとは縁の薄そうな世代を、何が引きつけるのか。

    *+*+ asahi.com +*+*
    http://www.asahi.com/articles/ASJCB5285JCBPTIL00Q.html 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【若者のポケモンGO離れ…中高年が夢中でハマる理由】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/15(火) 20:47:03.78 ID:CAP_USER
    2016年10月に発表された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。
    記事作成時点では2017年3月発売予定の同ゲーム機の販売価格やソフトウェアラインナップは明かされていないのですが、
    「カナダのトイザらスのウェブサイト上にNintendo Switchの販売価格が表示されている」ということで話題になっています。

    Nintendo Switch Price Listed by Canadian Toys "R" Us
    http://wccftech.com/nintendo-switch-price-listed-canadian-toysrus/

    Toys"R"Us reveals the price of the Nintendo Switch
    https://www.neowin.net/news/toysrus-reveals-the-price-of-the-nintendo-switch

    「2017年3月発売予定」ということ以外、詳細情報はほとんど明らかになっていないNintendo Switchですが、
    カナダのトイザらスのウェブサイト上にNintendo Switchの商品ページが表示されているということで話題になっています。
    トイザらスのウェブサイト上での販売価格は「329.99カナダドル(約2万6000円)」だったそうです。

    no title


    なお、任天堂は2017年1月13日に開催する「Nintendo Switchプレゼンテーション」の中でNintendo Switchの発売日や販売価格などを明かすと考えられており、
    1月14日・15日には東京ビッグサイトで「Nintendo Switch 体験会 2017」という一般参加も可能なNintendo Switchの体験会を開催する予定。
    加えて、2017年2月11日・12日に開催される「闘会議2017」の中でもNintendo Switchの体験会が行われる予定となっています。

    イカソース
    http://gigazine.net/news/20161115-nintendo-switch-price/

    【トイザらスのウェブサイト上にNintendo Switchの販売価格表示される。販売価格は2万6000円?】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/17(木) 16:07:21.07 ID:CAP_USER
    株式会社ポケモンは、ニンテンドー3DS『ポケットモンスター サン・ムーン』の
    初回出荷本数が世界累計1,000万本を突破(>>0�したと発表しました。


    『ポケットモンスター サン・ムーン』は、『ポケットモンスター』シリーズ最新作となる
    RPGです。本作は、温暖な島々からなるアローラ地方が舞台となっており、
    プレイヤーはさまざまな仲間やポケモンと出会い、「ソルガレオ」「ルナアーラ」といった
    伝説のポケモンによる物語に関わっていきます。


    本作は、シリーズ初代となる『ポケットモンスター赤・緑』が発売されてから20年と
    いうことで期待されており、結果として初回出荷・世界累計1,000万本(前回完全新作
    『ポケットモンスター X・Y』比:150%)を突破。また、スマートフォン向けアプリ
    『Pokemon GO』をきっかけに、さらなる地域・人々による盛り上がりも期待されているとのこと。


    なお、発売日以降はアジア・欧州・豪州など世界各地で記念イベントが実施予定です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00000022-isd-game
    no title

    no title

    【ポケモン サン・ムーン初回出荷が世界累計で1,000万本を突破!3DSシリーズ史上最多に】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/17(木) 15:07:39.67 ID:CAP_USER
    この度チュンソフト様の名作「かまいたちの夜」のリメイク版?輪廻彩声?で
    原画を担当させて頂きました有葉と申します。作品のファンであります皆様には
    ビジュアルが付くこと、付いた絵がイメージと違う事で大変な不快感を感じられた事、
    申し訳なく思っております。


    皆様の反応をTwitterで拝見し、批判等の厳しいご意見もきちんと読ませて頂きました。
    ビジュアルが付く事で、かまいたちの夜未プレイの方に手にとって貰える機会になればと思い、
    頑張らせて頂きましたが……既プレイの方の思い出を汚す形になってしまい、
    私の圧倒的な実力不足を感じております


    中でも私の名前を見て、買うと言ってくれた方、名前は知らないけど絵が好きだと
    言ってくれた方たちのツイートを拝見し、涙が出るほど嬉しくなりました。凹むばかりで
    辛い気持ちが癒されました、本当にありがとうございます。


    …誠に烏滸がましいのですが、かまいたちの夜がこんなに沢山のファンの方に
    愛される作品であるという事を、更に広く知ってもらうきっかけになれた事に嬉しさも感じています。
    ?輪廻彩声?も竜騎士07さんの書き下ろした素晴らしい追加シナリオもありますので、
    沢山の方に遊んで貰えると幸いです。


    私も死体いっぱい頑張りました。

    長々とツイート失礼しました!

    https://twitter.com/alpha64cat

    ※参考画像
    no title

    no title

    no title

    http://www.famitsu.com/images/000/120/579/5829cfd573579.jpg

    【ゲーム】名作「かまいたちの夜」が大胆リメイクで復活!「かまいたちの夜 輪廻彩声」[11/15] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://potato.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1479203149/

    【リメイク版「かまいたちの夜」の絵師がファンに大変な不快感を与えたことについて謝罪】の続きを読む

    dgfgindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/16(水) 17:58:27.51 ID:CAP_USER9
    DMM.comでサービスが行われていたPCブラウザゲーム『カオスサーガ』が、1日と2時間30分で
    サービス終了となり話題になっています。


    『カオスサーガ』は、魔物が徘徊するファンタジー世界が舞台となっているバイラル系MMO RPGです。
    本作はアジアのゲームをパブリッシングするブライブがDMM.comに提供しており、その大元は
    中国でサービスが行われているゲームタイトルとなっている模様です。


    2016年11月15日12時30分より日本向けにサービスが開始した本作ですが、しばらくした後に
    緊急メンテナンスが実施、翌日16日15時には突如サービス終了が発表されました。


    本作はサービス開始後から、Twitter上で“他MMO RPGの素材を盗用しているのでは”と疑惑の
    声が挙がっていました。サービス終了の原因については詳しく語られておらず、「本件につきまして
    お問い合わせをいただきましてもお答えできない場合がございます。」と発表されています。

    ソース/Game's park
    http://www.gamespark.jp/article/2016/11/16/69985.html

    【DMMでサービス開始の『カオスサーガ』わずか26時間30分でサービス終了・・・】の続きを読む

    cxvxc054_main



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/16(水) 10:38:29.98 ID:CAP_USER
    イスラエルの研究チームが、人工知能に「スーパーマリオ」をはじめスーパーファミコンのさまざまなゲームを学習させた。
    対戦格闘ゲーム「モータルコンバット」では、AI同士に競わせて学習させることにより、AIは人間の成績を上回ったという。


    ゲームは、人工知能(AI)をトレーニングする際の理想的なプラットフォームになる。
    グーグル傘下のDeepMindが開発するAIシステム「DQN」はすでに、アタリのヴィデオゲーム49本をマスター(日本語版記事)し、その半数以上で人間に匹敵、ときには上回るスコアを記録した。


    1984年のアタリのゲーム「Montezuma’s Revenge」については、たった4回の試行で解くことができるまでになっている。

    さらにDeepMindは現在、リアルタイムストラテジーの「スタークラフト2」に照準を合わせている。


    一方、イスラエルでは、電気工学の学生たちが開発したAIが、「Super Nintendo Entertainment System」(SNES、米国版のスーパーファミコン)の名作ゲームたちに挑んでいる。
    チームは、「Retro Learning Environment」(RLE)と名づけたマシンに、強化学習を使って「スーパーマリオ」「F-ZERO」「モータルコンバット」「グラディウスIII」、そしてファーストパーソン・シューティングゲーム「Wolfenstein」をプレイさせた。


    ピアレヴューを受けていない掲載前の論文において、ナダヴ・ボンカー、シャイ・ローゼンバーグ、イタイ・ハバラの3人は、自分たちのシステムはさまざまなレヴェルでゲームをプレイすることができたと書いている。


    研究チームは、アルゴリズムに「報酬」を与えて、ゲームのクリアを促した。ゲームを可能な限り最善の方法でクリアするように、インセンティヴやスコアを追加したのだ。


    「エージェント」と呼ばれるAIプレイヤーは、「スーパーマリオ」ではコインの収集と「敵の踏みつけ」を報酬と見なしていたが、報酬なしでもステージの最後に到達することができたという。
    さらに、マリオが「右に移動すること」に対して報酬を与えたところ、より短い時間で「スーパーマリオ」をマスターすることができた。


    研究チームは、任天堂SNESのゲーム画面(右側)とアタリ2600向けのゲーム画面(左側)を比較して、SNESゲームの背景は「リッチ」であり、アルゴリズムにとっては適切な信号を区別するのが難題になると説明している。


    研究チームによると、「最新アルゴリズムを使ってテストしたSNESのゲーム5本のうち、1本では人間の達人を上回ることができた」という。それは「モータルコンバット」だ。


    具体的には、「モータルコンバット」をプレイするAIに、自身を相手にプレイさせることで、AIとAIを対戦させた。これらのAIプレイヤーには同じ性格を与え、フェアな対戦になるようにした。
    「アルゴリズムを互いに競い合わせることで、アルゴリズムを比較する簡単な方法をRLEは導いた」と論文には書かれている。
    このアプローチにより、「モータルコンバット」ではAIが「人間の達人を上回る」ことができたという。


    なお、RLEでは、さまざまなゲーム機に対応できることにも意味があると論文では主張されている。
    「Nintendo Entertainment System、ゲームボーイ、NINTENDO64、Sega Genesis(メガドライブ)、セガサターン、ドリームキャスト、ソニーのプレイステーションといったゲーム機に対応している」とのことだ。

    http://wired.jp/2016/11/15/ai-play-mortal-kombat/

    【人工知能、ついにスーパーファミコンのゲームで人間を上回る】の続きを読む

    このページのトップヘ