スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    ゲーム

       ● ポケモンの激レアカード「ピカチュウ・イラストレーター」が1枚600万円超で落札 過去最高額
       ● 福島県に津波警報 Pokemon GO「ラプラス」出現イベント中断
       ● 11月21日はスーパーファミコンの誕生日! 『タクティクスオウガ』、『悪魔城ドラキュラ』などNew3DS専用VC13タイトルが配信
       ● ペルソナ vs スタンド
       ● ポケモン金銀のトラウマジムリーダーって・・・
       ● ポケモンGOレアキャラに殺到 迷惑ヨソモン
       ● 歳取ってからゲーム出来なくなった理由が判った
       ● ぼくソシャゲに5千円課金してから気づく・・・
       ● PS2を修理してみるで
       ● 大人気のファミコンミニ、中国では早くも海賊版が登場―中国メディア

    dfgdf262247331852



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/22(火) 12:41:50.35 ID:CAP_USER9
    AFP通信 2016年11月22日 10:31 発信地:ロサンゼルス/米国

    【11月22日 AFP】
    米カリフォルニア(California)州ビバリーヒルズ(Beverly Hills)で19日に行われた競売で、
    人気ゲーム「ポケモン(Pokemon)」を題材とした貴重な非売品トレーディングカード「ピカチュウ・イラストレーター(Pikachu Illustrator)」1枚が過去最高額の5万4970ドル(約607万円)で落札された。
    競売を行ったヘリテージ・オークションズ(Heritage Auctions)が21日明らかにした。


    AFPの取材に応じたヘリテージ・オークションズの広報担当者、マイケル・ハルペリン(Michael Halperin)氏によれば、
    ピカチュウ・イラストレーターは1998年1月に月刊コロコロコミック(CoroCoro Comic)で行われたイラストコンテストの受賞者に配布されたカードで、わずか39枚しか制作されていない限定品。


    また、39枚のうち未使用なのは10枚とされ、個人が所有している枚数は把握できていないという。今回落札したのは香港在住の収集家だが、身元は公表されていない。
    ハルペリン氏によると、ピカチュウ・イラストレーターが最初に競売に掛けられたのは2000年代初めで、1枚約2万3000ドル(約254万円)で落札された。


    収集家の間で最も高価で象徴的なポケモンカードと考えられているピカチュウ・イラストレーターは、ポケモンキャラクターの主要グラフィックデザイナーの一人であるにしだあつこ(Atsuko Nishida)氏がイラストを担当しており、
    カードには黄色いピカチュウが製図用のペンのような物を持っている姿が描かれている。


    今回、ピカチュウ・イラストレーターのカードを出品したのは米国在住の20代半ばの匿名希望の個人収集家で、ハルペリン氏によれば、ポケモンカードの収集を始めたのは10代のときから。
    スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(Pokemon Go)」のアクティブユーザー数が2000万人余りに上り、大人気を呼んだことを受けて競売に出品したという。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3108797

    【ポケモンの激レアカード「ピカチュウ・イラストレーター」が1枚600万円超で落札 過去最高額】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ」 2016/11/22(火) 07:36:14.48 ID:CAP_USER9
    ITmedia ニュース 11/22(火) 7:33配信

    福島県に津波警報 Pokemon GO「ラプラス」出現イベント中断

     11月22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、気象庁は6時2分、福島県に津波警報を、青森県から千葉県までの太平洋沿岸に津波注意報を発令した。

     福島県、岩手県、宮城県沿岸部では「Pokemon GO」のレアポケモン「ラプラス」の出現率をアップさせるイベントを実施中。津波警報を受け、Pokemon GO開発チームは「ラプラスの出現は状況が確認できるまで停止する」と発表した。

     ラプラス出現イベントは、東日本大震災の被災地となった宮城県、岩手県、福島県とのコラボで23日までの予定で実施している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000035-zdn_n-game

    【福島県に津波警報 Pokemon GO「ラプラス」出現イベント中断】の続きを読む

    zxczzxindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/21(月) 15:16:24.95 ID:CAP_USER
    ●“マイニンテンドー会員”にはテーマのプレゼントも

     任天堂は、本日2016年11月21日より2週に渡って、Newニンテンドー3DSで遊べる
    スーパーファミコンのバーチャルコンソール合計13タイトルを配信開始する。

    ■配信タイトル
    ・『スーパーパンチアウト!!』
    ・『悪魔城ドラキュラ』
    ・『ロックマンX3』
    ・『ファイナルファイト2』
    ・『ファイナルファイト タフ』
    ・『ロマンシング サ・ガ』
    ・『タクティクスオウガ』
    ※値段は各823円[税込]

     さらに次週11月28日(月)には、6タイトルの配信が予定されているとのことだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-00000020-famitsu-game

    【11月21日はスーパーファミコンの誕生日! 『タクティクスオウガ』、『悪魔城ドラキュラ』などNew3DS専用VC13タイトルが配信】の続きを読む

    sdfsdindex



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/21(月)11:47:17 ID:PWq
    ペルソナの利点
    作品によって違うが、1、2は特に制限はない
    様々な魔法を使う
    ペルソナ使いも強い

    スタンドの利点
    制限がある
    個々の能力のバラつきがあるので、みんな強いとはいえない
    ただ強いスタンドは本当に強い
    スタンド使いの強さは一般人クラス

    【ペルソナ vs スタンド】の続きを読む

    sdgse1feff1789d1a0a8c10a551a7f1a432e



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/20(日) 21:59:27.43 ID:CAP_USER9
    河北新報 2016年11月20日日曜日


    東日本大震災の被災地でスマートフォン向けの人気ゲーム「ポケモンGO」のレアキャラクターが出現しやすくなっているのを受け、
    石巻市には週末の19日、県内外から多くのファンが訪れ、街中に人があふれた。
    路上駐車や混雑で市民生活に影響が出るケースもあり、県観光課などは市内でちらしを配ってマナー順守を呼び掛けた。


    JR石巻駅前は同日朝から、電車を降り立った愛好者らで混雑した。駅周辺の駐車場は「満車」の表示。
    車のナンバープレートは静岡、富山、成田、宇都宮、袖ケ浦、多摩、足立など県外からとみられる車両が目立った。


    東京都葛飾区の女性会社員(25)は新幹線、仙石線を乗り継いで来た。「先週末に続いての訪問。被災地に足を運ぶきっかけになった」と言う。
    県が12日、石巻市を拠点に開催したイベントには1万人以上が来場。
    ゲーム運営会社は23日まで、めったに現れないポケモン「ラプラス」を被災地で出現しやすくしている。


    石巻市では12日以降、多くの来訪客が街中を巡る一方で、市民から「一方通行の道路を逆走する車がいる」「私有地に無断で入っている」などの苦情が出ている。
    狭い道路に一気に集まった愛好者らで、車の通行に支障が出るケースも生じている。


    県観光課は19日、職員らが石巻駅前で、歩きながらのスマホ操作、信号無視、路上駐車などをしないよう記したちらしを配布。注意を喚起する宣伝カーも市内で走らせた。
    イベント運営に携わる一般社団法人イトナブ石巻は「ZENDAMA TRAINER(善玉トレーナー)」と印字したシール700枚を作成。
    職員らが同日、愛好者らに配布し、住民に迷惑を掛けないよう呼び掛けた。

    イトナブの古山隆幸代表理事(35)は「マナーを守って楽しくプレーしてほしい」と話している。

    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161120_13024.html

    【ポケモンGOレアキャラに殺到 迷惑ヨソモン】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/19(土) 11:05:22.13 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=155505&ph=0
    no title


    2016年11月17日、参考消息網は記事「中国が超速で海賊版ファミコンミニを製造、ゲーム数は本物以上」を掲載した。

    今、爆発的な人気となっているのが任天堂のファミコンミニだ。昔懐かしいファミコンをミニサイズにした商品で懐かしのゲームタイトル30作品が収録されている。11月10日の発売初日に26万台を売り上げ、今も品薄が続いている。メーカー希望小売価格の倍で転売されているほどの人気ぶりだ。

    一方、ファミコンミニ未発売の中国だが、11日時点で早くも海賊版が登場した。海賊版にもいくつか種類があるが、多いものでは収録ゲーム数が400本を超えている。それでいて値段は正規版より安いのだとか。以前と比べると知的財産権が守られるようになった中国だが、改めて海賊版天国っぷりを示すエピソードとなった。

    【大人気のファミコンミニ、中国では早くも海賊版が登場―中国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ