スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    ゲーム

       ● ポケモンGO「イオン」グループの店舗がポケストップ&ジムに
       ● リヴァイアサンが『カップヌードル』から召喚。『FF15』公式コラCM“CUP NOODLE XV”公開
       ● 有野課長「ゲームのDL版は買わない。流通を大事にしたい」
       ● ストファイ5の世界決勝大会開催 賞金4500万円
       ● 大洗町 ふるさと納税で「ガルパンゲーム」 選んだキャラと町歩き
       ● ゲーム『シャドウバース』の大会、賞金消えて優勝者激怒 主催者が謝罪、景品表示法の観点から「賞金はダメ」と判断
       ● ファイナルファンタジーの略称は「ファイファン」ではなく「エフエフ」で確定【ゲーム】
       ● 『FF15』が発売 アキバのイベントに300人熱狂 購入第1号ファン「きのうの夜10時過ぎから並んだ」
       ● 桐谷美玲の「ポケモン愛」がガチすぎる!
       ● 【スマホゲーム】シャドウバース大会で生放送の尺が無くなるも「機材トラブル」と嘘 賞金もいつの間にか無しに

    sdfsdCy82zSoUAAAe1oT


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/07(水) 15:38:33.38 ID:CAP_USER9
    『ポケモンGO』「イオン」グループの店舗がポケストップ&ジムに!合計3,498カ所が追加
    インサイド 12/7(水) 15:24配信

    イオン、Nianticおよび株式会社ポケモンは、iOS/Android『Pokemon GO』における
    パートナーシップ契約を締結しました。

    『Pokemon GO』は、『ポケットモンスター』シリーズを題材にした位置情報を活用して遊ぶ
    ゲームです。現実世界で「ポケモン」の捕獲が体験でき、家の外に出てポケモンを探したり、
    他のプレイヤーとのバトルなども楽しむことができるようになっています。

    このパートナーシップ契約により、全国のイオングループの店舗(合計3,498カ所)が
    『Pokemon GO』の「ポケストップ」や「ジム」になりました。なお、国内ではポケストップが
    2,983カ所でジムが415カ所、海外では香港・マレーシア・タイ・ベトナム・カンボジア・
    インドネシアの6か国でポケストップ100カ所が登場しています。

    なお、対象店舗などの詳細については特設サイトをご覧ください。

    今後、イオンはナイアンティックおよび株式会社ポケモンと連携し、ポケモン関連商品の販売・
    店頭でのイベント・キャンペーンの実施などサービスの提供を行っていくとのこと。

    ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
    『Pokemon GO』は配信中。基本プレイ無料(アイテム課金あり)です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000006-isd-game

    【ポケモンGO「イオン」グループの店舗がポケストップ&ジムに】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/05(月) 13:05:14.13 ID:CAP_USER
    スクウェア・エニックスのPS4/Xbox One用ソフト『ファイナルファンタジーXV(15)』と
    日清食品の『カップヌードル』がコラボした公式コラCM“CUP NOODLE XV(カップヌードル フィフティーン)”が公開されました。

    本コラボレーションは、両社の本社同士が徒歩3分にあるという“近所のよしみ”で実現。
    『FFXV』ゲーム内に『カップヌードル』が登場することに端を発してコラボ話が盛り上がり、
    今回『FFXV』開発チームがコラボCMを手掛けました。

    なお、本コラボの情報が11月29日に『カップヌードル』の公式Twitterアカウントで先行告知された際には、
    わずか1日のうちに約5万件のリツイートがされています。

    コラボCMは、ゲームデータを使ってゲーム映像内のキャラクター/アイテム/ステージデザインなどを自由に作り変える
    MOD(モッド)というゲームカルチャーをヒントに、『FFXV』開発チームが現在オンエア中の『FFXV』のTV-CMに使用されている映像を
    ワンカットずつ『カップヌードル』色に差し替え、荘厳で情緒的な『ファイナルファンタジー』の世界を強引に『カップヌードル』の世界に一変させる、
    “コラボCM”ならぬ、“コラCM”に仕上がっています。
    no title

    no title

    no title

    no title


    そして、この前代未聞の公式コラCM公開に合せて特設サイトもオープン。
    『FFXV』発売を記念して、15種類の『カップヌードル』が当たる“カップヌードル15(フィフティーン)キャンペーン”が実施されます。

    CMは12月6日より関東地区・スポット枠にて数回TV放映。
    12月22日には、『FFXV』開発チームの“圧倒的な表現力”と『カップヌードル』チームの“自由な発想力”を結集させた、
    “CUP NOODLE XV Special Edition(30秒)”が一夜限定で全国TV放映されます。

    TV放映開始日:12月6日~
    TV放送地域:TBS、EX、TX(関東ローカル)

    カップヌードルCM 「CUP NOODLE XV 篇」
    https://youtu.be/bvaTAgkWy6c



    CUP NOODLE XV
    http://www.cupnoodle.jp/cupnoodle15/

    以下ソース:電撃オンライン 2016年12月5日(月)
    http://dengekionline.com/elem/000/001/425/1425924/

    【リヴァイアサンが『カップヌードル』から召喚。『FF15』公式コラCM“CUP NOODLE XV”公開】の続きを読む

    3453index

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/04(日) 15:51:46.85 ID:CAP_USER
    有野△。 認証済みアカウント?@arimorokoshi415

    正月休み用のゲームを買いに行きました。
    ゲームはね、ネットや、ダウンロードやらはね使わないです。
    お店でソフトを買うのです。
    工場→運送→小売店 と、流通を大事にしたいです。
    で、飽きたら人にあげれるし。感謝もされる。
    そこまでが、ゲームの流通。買ったソフト クソゲーじゃありませんように。

    https://twitter.com/arimorokoshi415/statuses/805067482058739712

    【有野課長「ゲームのDL版は買わない。流通を大事にしたい」】の続きを読む

    えrてindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/03(土) 07:55:19.35 ID:CAP_USER9
    アメリカで現地時間2016年12月2日(金)と12月3日(土)、日本時間では2016年12月3日(土)と4日(日)の2日間にわたって
    開催される賞金総額400,000ドル(日本円で約4500万円)超の『ストリートファイター5』世界決勝大会。※賞金額は米PSサイトより

    トーナメントには1年を通して開催されてきた『カプコンプロツアー2016』で出場資格を獲得した32名が出場し、ストリートファイター5世界王者の座をかけて戦う。

    初日はサンタアナ Esports ArenaにてTop32からTop8まで。
    2日目のTop8決勝は、プレイステーションの大型イベント『PlayStation Experience 2016(PSX)』内で開催される。

    https://www.twitch.tv/capcomfighters

    【ストファイ5の世界決勝大会開催 賞金4500万円】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/12/03(土) 07:51:44.66 ID:CAP_USER
    2016年12月3日

    no title

    >>3日にサービスが始まる「ガルパンうぉーく!」の画面=大洗町で

     大洗町は、地元を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー」(ガルパン)のスマホ向けゲームが先行して遊べるチケットを、ふるさと納税の返礼として贈っている。
    9月から申し込みを受け付け、3日にサービスを開始する予定。
    町内を探索するオリエンテーリング形式のゲームで、町は大洗に足を運んでもらうきっかけとして期待を寄せている。 (越田普之)

     「ガルパンうぉーく!」と名付けたスマホゲームで、アニメファン向けアプリ「舞台めぐり」の一つ。
    ソニー企業(東京都中央区)が町の協力で開発した。
    アプリをダウンロードし、チケットに記載されたシリアルコードを入力すると、ゲームで遊べるようになる。

     アニメに登場する五人の主要キャラクターごとに物語が用意され、プレーヤーは選んだキャラクターをパートナーに町中を徒歩で巡る。
    ポイントの商店などで、キャラクターパネルのQRコードを読み取るなどして物語を進める。
    一つの物語をクリアするには三時間ほどを要する。

     当面は、ふるさと納税で寄付した人だけに遊んでもらう。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:東京新聞 TOKYO Web http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201612/CK2016120302000156.html

    【大洗町 ふるさと納税で「ガルパンゲーム」 選んだキャラと町歩き】の続きを読む

    えrててrtthumb-12144-284995-domestic


    1: スペア速報@まとめ 2016/12/02(金) 08:34:19.00 ID:CAP_USER9
    スマホなどを使うカードバトルゲーム「シャドウバース」の大会で、事前に告知していた内容と違うと優勝者らが激怒し、
    主催者のサイバーエージェント側が謝罪する騒ぎになっている。

    運営する動画配信サイトの名前を取ったゲーム大会「FRESH!杯」は、2016年11月26、27日に初めて開かれた。

    「賞金10万円(検討中)」の表記が突然なくなる

    17日の告知時点では、「賞金10万円(検討中)」などとされ、サイト上の告知記事では、
    「大会の様子は全試合FRESH!で生放送致します」とうたってあった。

    ところが、その後に、賞金の表記はなくなり、動画配信サイトでは、A・B両ブロックの試合のうち優勝者のいたBブロックは放送されなかった。
    これに対し、優勝した男性が大会後の28日、「心底バカにされた」とブログで訴えた。

    この男性によると、参加者に断りなく賞金が突然なくなり、Bブロックを放送しないことについては、
    スタッフから「配信機材のトラブル」と当日になって説明されたという。

    主催者が賞金を検討中としたのは参加者を集めるための方便に過ぎず、Aブロックだけ放送されたのはゲームファンらに
    人気のある参加者が集められたためではないかと男性は不信を募らせており、「結果としては優勝しましたが、嬉しくはありません」と憤っている。

    これに対し、サイバーエージェント側は、運営するサイト「GAMY」上で28日、騒ぎの経緯を説明した上で参加者らに迷惑をかけたと謝罪した。

    景品表示法の観点から「賞金はダメ」と判断

    サイバーエージェントによると、賞金については、消費者庁や弁護士に問い合わせた結果、
    告知翌日の11月18日になって、景品表示法の観点から「賞金を出すことができない」と判断したという。
    具体的にどんな問題かについては、答えるのは難しいとしている。

    消費者庁の表示対策課では、J-CASTニュースの取材に対し、景品表示法第4条で過大な景品類の提供を禁じており、
    ゲームなどの商品の消費者が参加する大会の景品が違法かについては個別に判断しているとしている。

    動画の放送内容について、サイバーエージェントは、大会前日深夜のリハーサルで配信トラブルが発生し、
    A・B両ブロックで配信できない状態になったが、できる限りやろうと努めて、Aブロックの放送にこぎつけたという。
    Bブロックを放送しなかったのは、あくまで技術的な事情から配信リスクを考えて決めたとしており、Aブロックを優先したわけではないと言っている。

    http://www.j-cast.com/2016/12/01284995.html?p=all

    【ゲーム『シャドウバース』の大会、賞金消えて優勝者激怒 主催者が謝罪、景品表示法の観点から「賞金はダメ」と判断】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/30(水) 10:54:40.58 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000096-it_nlab-sci

    11月29日に発売された「ファイナルファンタジー(以下、FF)」シリーズの
    最新作「FINAL FANTASY XV (ファイナルファンタジー15)」にて、
    “FF”の略称の呼び方が「ファイファン」ではなく「エフエフ」であることが
    確定しました。

    Twitterに投稿された同作の詳細画面で判明。PS4ではヘッドセット等の
    マイクから音声認識で操作が可能となっていますが、その際に操作する時の
    名前が「エフエフ フィフティーン」と明記されていることが確認できました。

    「ファイファン」という呼び方は現在では少数派ですが、FF1作目が発売された当時、
    パッケージのタイトルがカタカナ表記だったため「ドラクエ(ドラゴンクエスト)」
    の要領でそう呼ぶ人も少なからずいたようです。

    公式ではその後、開発者がインタビューなどで「エフエフ」と呼んで欲しい旨を
    伝えたり、さらにパッケージ表記も英語がメインとなり自然とエフエフ派が基本に。
    そして今回で“正式”という点ではエフエフ派が勝利といえる結果になりました。

    Twitterなどでは「あったなぁ、この論争w」と懐かしむ声や、「勝った」
    「あかん...完全敗北やwww」と勝敗を認める声の他、「ナルタジ派は?」と
    別の派閥や「好きなように呼べばいいじゃん」という声もみられます。


    「ファイファン」ではなく「エフエフ」
    no title



    【ファイナルファンタジーの略称は「ファイファン」ではなく「エフエフ」で確定【ゲーム】】の続きを読む

    あだso0640044620161129_095049_size640wh_6516



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/29(火) 10:30:00.16 ID:CAP_USER9
     スクウェア・エニックスの人気ゲームシリーズ最新作『FINAL FANTASY XV』が29日、
    PS4とXboxOneで世界同時発売された。東京・秋葉原で行われた発売記念イベントには、
    同シリーズのファン300人以上が駆けつける熱狂ぶりだった。

     2006年に発表され、10年以上かけて制作された同大作ゲームは、現実世界とファンタジーが
    融合したような世界観、広大なフィールドのなかで、主人公・ノクティスと仲間たちの王国を取り戻す旅を描く。

     イベントに登壇した開発ディレクターの田畑端氏は、ファンから歓声を浴びると
    「皆さん、お待たせしました」とあいさつし「『FINAL FANTASY』は約30年の歴史がある。
    『FINAL FANTASY』の一番重要な要素は、プレイヤーが物語の主人公目線で楽しめる。FF15もそこを
    変わらずに開発しました。主人公の体験を存分に味わってほしい」と確かな手応えをにじませ、呼びかけた。


     主人公・ノクティス役の鈴木達央は「長いこと関わってきた作品。期待とやっと出来上がったという
    安心感があります」。ルナフレーナ役の北川里奈も「寒いなか、こんなにたくさんの方が来てくれて、
    発売を心待ちにしてくれたと実感しました。早くプレイしてほしい気持ちでいっぱい」と笑顔を浮かべた。
    イベントにはそのほか、芸能界きっての“FFオタク”としてお笑いコンビ・バイきんぐ、女優の真野恵里菜が
    ゲスト登場した。


     早朝から発売を心待ちにしたファンが長い列を作った。先頭に並んだ埼玉県在住の男性は
    「きのうの夜10時過ぎから並んでいた。でも話を聞いてると、夕方から並んでいた人もいるみたいですけど、
    たまたま僕のいるところから列ができたんです」と明かし、田畑氏から“購入者第1号”として同ソフトを
    受け取ると「ストーリーが一番気になるし、バトルもアクションがベースとのことで楽しみです」と
    期待に胸を膨らませた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000336-oric-ent

    【『FF15』が発売 アキバのイベントに300人熱狂 購入第1号ファン「きのうの夜10時過ぎから並んだ」】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/29(火) 08:56:07.06 ID:CAP_USER9
    11月18日に、ゲームファン待望の『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売された。
    2013年に発売された『ポケットモンスターX・Y』以来となるシリーズ完全新作ということで、ポケモンファンで知られる女優の桐谷美玲(26)もいち早くゲットしたようだ。
    この“ポケモンガチ勢”っぷりにゲームファンからは「親近感がわく」と熱い視線が送られている。


    「桐谷は『ポケモンGO』が配信された際に、ピカチュウをゲットした画像をインスタに投稿していました。
    ただ当時は、劇団ひとり(39)や赤西仁(32)、おのののか(24)、藤田ニコル(18)など、多くの芸能人が『ポケモンGO』についてSNSで発信していたこともあり、桐谷のポケモン好きはあまり目立ちませんでした。
    しかし、今回の新作発売時にインスタグラムで見せた本気度が、世間にも伝わったようなんです」(ゲーム誌ライター)


     桐谷は11月21日にインスタグラムを更新し、「あー早くやりたい!楽しみすぎる!」というウキウキした言葉とともに、『サン』『ムーン』両方のパッケージが写された写真を投稿した。
    この桐谷の“両バージョン買い”が、「桐谷美玲ガチ勢だったのか!」「これはガチのポケモン好きや。親近感わくな!」と大反響。
    さらにポケモンファンたちをうならせたのが、ゲームソフトの上に写っていた「Newニンテンドー3DS LL」だ。
    イエローカラーのかわいらしいボディに、ピカチュウが描かれている。
    これはゲームと同日に発売された数量限定オリジナルデザインの本体で、予約開始とともに即日売り切れた店舗もあるほどの人気機種だ。


    「桐谷は、ゲームボーイ時代にポケモンにはまっていたものの、一度ポケモンからは離れたそうです。
    しかし、大学生になってからポケモン熱が再燃。
    2010年に発売された『ポケットモンスター ホワイト』を発売日にゲットしており、その様子を自身のブログに上げていました。
    しかもポケモンが好きすぎて、任天堂のスタッフと話す機会があった際に、そのスタッフが答えられないほどマニアックな質問をしたという逸話もあるほどです。

    そのことがきっかけとなって、任天堂の公式ページで、ポケモン開発者へのインタビュアーまで務めたこともありますし、彼女のポケモン好きは業界内でも有名なんですよ」(前出のゲーム誌ライター)


     今年の2月に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した際には、理想の相手を聞かれて「一緒にゲームをしてくれる人」と答えており、明らかにゲーム好きの桐谷美玲。今は他のポケモントレーナーたちと同じように、熱中してポケモンをプレイしているに違いない。

    ソース
    http://taishu.jp/detail/25687/
    no title

    【桐谷美玲の「ポケモン愛」がガチすぎる!】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/28(月) 19:27:02.74 ID:CAP_USER
    【簡単に説明すると】
    ・シャドウバースの大会の酷い内容を優勝者が暴露
    ・生放送の尺が足りずスタッフが「機材トラブル」と誤魔化す
    ・優勝賞金もいつのまにかなしに

    no title


    『シャドウバース』の大会『第一回FRESH!杯』が11月26日、27日に開催された。
    その大会に出場し優勝した人がブログに大会のずさんな内容をつづっている。
    まず『シャドウバース』というのはサイゲームスが開発運営しているオンラインカードゲームで、ブリザード社の『ハースストーン』に類似しているとも言われていた。
    しかし国内では絵柄が人気を得て、『シャドウバース』が人気を博している。


    こんな『シャドウバース』のゲーム大会がなにかとグダグダだというのだ。まず優勝した暁に当初は「リアルプロモカード 全8種類セット」と書かれていた。
    それから数日経つと今度は賞品の箇所が「優勝トロフィー」「番組出演権」そして「賞金(検討中)」と追記された。
    優勝賞品が豪華になり出場を決意したchomosh氏はこの大会に参加。


    大会2日前に審査の結果受かった旨を受け取った同氏。参加の意思があるなら翌日の正午までにフォームに登録してほしいとのこと。
    大会の様子は全試合生放送されると説明が書かれていた。


    ・配信尺が足りないのを「機材トラブル」と誤魔化すスタッフ


    しかし大会当日になるとAブロックは配信は行われたものの、Bブロックの9人はトラブルで配信されないと突如言われたという。スタッフは機材のトラブルと説明していたが、どうやら機材のトラブルではなく、放送の尺が足りないのが事実だったようだ。

    Aブロックには人気のある人が固まっており、そちらの配信に集中し、Bブロックの配信する時間が無くなったようだ。
    2日目の大会終了後に最後にスタッフは「実は大会がさし迫ったタイミングで、全試合放送できないことが判明してしまって……」と本音を漏らしたという。


    ・賞金が消える

    そればかりか大会ウェブサイトにあった「賞金(検討中)」が無かったかのように消えているたのだ。「検討中」なのでそこまで文句言う人はいなかったが、その説明がされていないというのだ。


    ・Bブロックが押し込められた部屋が酷い

    Bブロックが押し込められた部屋というのが酷い環境だったという。急きょ作ったような部屋で、大会を開くのは難しいと言える。モニターや椅子が散乱していたという。隣の部屋(おそらくAブロック)からは明るい声が聞こえてきたという。どうやら別格の部屋が用意されていたのだろう。


    結局優勝したchomosh氏は番組出演権を獲得したが、「このゲーマーをバカにしきった体制が変わらない以上、AbemaTVからの出演依頼を受けるつもりはありません」としている。当然出演料は0円だという。

    http://chomosh.hatenablog.com/entry/2016/11/28/005136

    http://gogotsu.com/archives/24029

    【【スマホゲーム】シャドウバース大会で生放送の尺が無くなるも「機材トラブル」と嘘 賞金もいつの間にか無しに】の続きを読む

    このページのトップヘ