ffindex

1: 名無しの猫三郎
英語にも日本語にない表現がたくさんあるよな
2: 名無しの猫三郎
そうだね

3: 名無しの猫三郎
clicheとか

4: 名無しの猫三郎
あるある

5: 名無しの猫三郎
主語は圧倒的に日本語の勝ち

6: 名無しの猫三郎
日本語は表情筋をあまりつかわなくても話せるから顔がむくみやすい

7: 名無しの猫三郎
小野マトペは日本は12000で英語は3000

19: 名無しの猫三郎
>>7
「オノマトペは子供っぽい」っていう考え方だから。

8: 名無しの猫三郎
英語とかジェスチャー込みの肉体言語だろ

9: 名無しの猫三郎
英語が良かった

10: 名無しの猫三郎
だってばよとか勝手に語尾作れるのも日本語独特

20: 名無しの猫三郎
>>10
いや、英語も文法無視すればそういうのできるよ。
シンプソンズの英語版見てみな。

25: 名無しの猫三郎
>>20
シンプソンズでの例は知らんけど
サウスパークで語尾にスマーフスマーフっていうウザキャラなら居た
それ自体スマーフとかいう映画のパロくさいが

11: 名無しの猫三郎
ファックユーとかな

12: 名無しの猫三郎
アメリカも英語話者が減ってきてるからね
スパングリッシュがメインになってくるだろうね
新しい表現が生まれてくるかもしれない

32: 名無しの猫三郎
>>12
No Problemoとかね。

13: 名無しの猫三郎
韓国人も「韓国人作家がノーベル賞取れないのは、韓国語の語彙が豊かすぎて外国語に訳しきれないせい」
って言ってるよね
んなこたーない
 

17: 名無しの猫三郎
>>13
そんな言い訳あるのか(笑)

18: 名無しの猫三郎
>>13
翻訳家が無能だってことを言いたいの?

24: 名無しの猫三郎
>>13
それ一部のやつだろ
んなこと言ったら
日本人「五輪のエンブレムパクればよくね?」
って理論も通用するじゃん(´・_・`)
国の総意みたいに言うのやめようか

14: 名無しの猫三郎
外国語を日本語に無理やり翻訳した先人の
おかげと取るか
せいと取るか

15: 名無しの猫三郎
各国の言語での日常会話を理解しようとすると標準的な語彙数は英語なら3000語で済むが日本語は10000語必要らしい

21: 名無しの猫三郎
言語に優劣など無い

22: 名無しの猫三郎
日本語は主語抜いてくるから気が抜けないってアメ公が言ってた

23: 名無しの猫三郎
実は主語が必須の言語の方が少数派なんやないやろか

26: 名無しの猫三郎
>>23
ラテン起源の言語は必ずしも主語が必要ではないよね。

27: 名無しの猫三郎
>>26
日本語とラテン語の主語の省略は全く意味が違うけどね

31: 名無しの猫三郎
>>26
ラテン語は動詞が人称、数によって細かく変化するから主語が無くても意味が通じる
対して日本語は主語無いけど察しろよの精神

28: 名無しの猫三郎
ひらがなカタカナ漢字に加えて、アルファベットとかで雰囲気だしたりできるから凄い

29: 名無しの猫三郎
語彙の幅に差があるのはしようがない。
例えば中国語でも、日本語の「出来る」に相当する言葉がたくさんある。
能=状況的に出来る
会=能力的に出来る
可能=許可が出て出来る


今日は晴れてるからテニスが出来る→因?今天天气好,所以能打网球。
テニスはやってたから出来るよ→因?我学?打网球,所以会打?。
先生の許可が出たからテニス出来るよ→因?有老?的?可,所以我?可以打了。

こんな感じ。

「分かる」も
知道,明白,了解,理解,??みたいな言い分けをするよ。

33: 名無しの猫三郎
>>29
西日本方言みたいだな
その中でも大分弁には標準語に当たる「出来る」に相当する言葉が幾つかある


「食べらるる」→(腐っていないから)食べることができる。(=状態可能/客観)
「食べれる」→(まだ満腹ではないので)食べることができる。(=状態可能/主観)
「食べきる」→(苦手だったりお腹にあたる人もいるけれども、自分は)食べることができる。(=能力可能)

38: 名無しの猫三郎
>>33
日本語にもそういう使い分けの語彙があったのに、今は淘汰されてしまったのかな?
淘汰されたということは、その表現に対しては、細かいニュアンスを説明する必要があまり無いお国柄ってことになるのかな?

39: 名無しの猫三郎
>>38
高文脈でググってみな。
興味深いよ

40: 名無しの猫三郎
>>39
OKわかった~

30: 名無しの猫三郎
とりあえずイッチは
「考えなしにバカ理論を述べる」ことが明らか
「日本語ディスることで日本の価値無し」と言いたいがために考えなしの理論展開してる
ってことはわかった

34: 名無しの猫三郎
縦書き文化はどうなるのか…

36: 名無しの猫三郎
>>34
中国も昔は縦書きじゃん。

35: 名無しの猫三郎
表現てか、使用する文字種の豊富さで表記が豊かってのはあるかもね
それによって文章に補完的な情報を与えられる

37: 名無しの猫三郎
英語は時制がすごいわ。
例えば、back to the futureみたいに、
過去の出来事が未来に影響をあたたえる場合、
厳密にいえば、had will haveになる。