スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    2016年11月

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/29(火) 19:46:22.62 ID:CAP_USER
    no title


    ドラマやアニメを見ているうちにその世界に没入してしまい、終わってハッと我に帰ることがある。
    視聴者を引き込む要素には、美しい情景や息をつかせぬ展開の早さ、魅力的なストーリーといった物がある。
    そしてもう1つ、制作者が大量の時間と労力をかけている点があるという。


    中国メディア・今日頭条は29日、「日本アニメは、どこに気を遣っているのか」とする記事を掲載した。


    記事は、日本のアニメがディティールにこだわっているというのは周知の話だが、「しばしば、観客が見逃しさえする部分についても、制作側は手を抜くことなくしっかり描き切っているのである」と説明。
    そこには「アニメに対する真剣さのほかに、アニメーターとして自尊心があるのだろう」とした。


    そして、日本のアニメ作品に多く見られる日常的なシーンこそ、制作側が相当な経費を費やして描写しているのであると紹介。
    日常的なシーンはストーリーの緊張感を和らげたり、登場人物の性格を際立たせたり、作品全体のムードを作ったりするうえで非常に大きな意味を持つと解説した。


    その例として「カギを取り出して開錠し、ドアを開けて家に入り、ドアを閉め、靴を脱ぐ」という一連の動作を挙げ、「映像的なリアルさとともに、ドアや靴の音などの環境音もちゃんと組み合わせる必要があるのだ」としている。


    また、材料を洗って切る、鍋に入れて炒める、盛り付けるといった料理の動作の描写も「最も日常的な動作」としてリアルに描く必要があると説明。


    多くの費用をかけて細部にこだわった描写をする理由について、「みんなが当たり前のようにしている動作であり、そこに技術を注がなければ見る者に強烈な違和感を与えるからだ」と論じた。
    そしてまた、これらの描写によって「アニメーターによる生活観察がどれほどか試されるのである」と解説した。



    非日常的なストーリーはしばしば視聴者の心をつかむが、それは「日常感」があってこそなのだ。「日常」がリアルに細かく描かれているからこそ、見る人は安心して「非日常」の世界に入っていくことができるのである。それは何も、同じ国の同じ時代を舞台にした作品に限った話ではない。

    異国の歴史物語においても、われわれが共感できる「日常感」はいくらでも存在するのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)rook76/123RF)

    http://news.searchina.net/id/1624091?page=1

    【日本のアニメ制作者が一番気を遣っていたのは、視聴者が最も気づかない部分だった】の続きを読む

    sfsdfindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/11/29(火) 18:34:15.79 ID:CAP_USER
    http://iphone-mania.jp/news-146270/


    一部のiPhoneユーザーの間で、バッテリー残量が突然ゼロになり、シャットダウンするという問題が発生、
    Appleのユーザーコミュニティに数々の苦情が寄せられています。
    iOS10が原因か


    この問題は当初、iOS10.1へのアップデートが原因ではないかとされていましたが、iOS10.1.1にアップデートしても
    解消されないとの声も上がっています。
    またこのシャットダウン問題は特定機種ではなく、iPhone5からiPhone7までさまざまなモデルで起きているようです。


    突然シャットダウンする問題が多発


    最初の書き込みの日付は10月25日で、Mjolcresureさんは、iPhone5のOSをiOS10.1へアップデートしたところ、
    30%と表示されていたバッテリー残量が数秒後に1%まで減少、シャットダウンした、と報告しています。


    またこれをリブートして電源につなぐと、バッテリー残量は30%と表示されました。その後電源から外しても
    30%のままで問題なく使用できたそうです。
    その他にも残量80%でシャットダウンするなど、おかしなことが多発しているようです。
    対処法は見つからず
    フォーラムにはほかにも、iPhone5、iPhone5s、iPhone6/6 Plus、iPhone6s/Plus、iPhone7/PlusのOSをiOS10.1
    もしくはiOS10.1.1へアップデートしたところ、バッテリー残量が急激に減少する、突然シャットダウンするという、
    同様の問題が複数ページに渡って書き込まれています。


    対処法についてもいくつかアドバイスが投稿されています。クリーンインストールする、完全に中身を消してから
    iTunesで「新しい電話として」復元する、シャットダウンするまでバッテリーを放電、一切触れずに100%まで充電し、
    同じプロセスを再度繰り返す、といったアドバイスも投稿されていますが、うまくいかなかったという報告が多いようです。


    「ドレインゲート」問題に発展?
    現時点での最後の書き込みは11月27日となっていますが、まだ解決方法は見つかっていません。
    この問題を、iPhone6 Plusの折れ曲がり問題「ベンドゲート」やiPhone6s/6s PlusのA9チップ問題「チップゲート」になぞらえて、
    「ドレインゲート」(DrainGate)と呼ぶべきだという声も上がっています。
    バッテリー残量があっても突如シャットダウンする問題については、AppleはiPhone6sについてのみ、特別な修理プログラムを立ち上げています。

    【iPhone、バッテリー残量が激減、シャットダウンする問題】の続きを読む

    あだso0640044620161129_095049_size640wh_6516



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/29(火) 10:30:00.16 ID:CAP_USER9
     スクウェア・エニックスの人気ゲームシリーズ最新作『FINAL FANTASY XV』が29日、
    PS4とXboxOneで世界同時発売された。東京・秋葉原で行われた発売記念イベントには、
    同シリーズのファン300人以上が駆けつける熱狂ぶりだった。

     2006年に発表され、10年以上かけて制作された同大作ゲームは、現実世界とファンタジーが
    融合したような世界観、広大なフィールドのなかで、主人公・ノクティスと仲間たちの王国を取り戻す旅を描く。

     イベントに登壇した開発ディレクターの田畑端氏は、ファンから歓声を浴びると
    「皆さん、お待たせしました」とあいさつし「『FINAL FANTASY』は約30年の歴史がある。
    『FINAL FANTASY』の一番重要な要素は、プレイヤーが物語の主人公目線で楽しめる。FF15もそこを
    変わらずに開発しました。主人公の体験を存分に味わってほしい」と確かな手応えをにじませ、呼びかけた。


     主人公・ノクティス役の鈴木達央は「長いこと関わってきた作品。期待とやっと出来上がったという
    安心感があります」。ルナフレーナ役の北川里奈も「寒いなか、こんなにたくさんの方が来てくれて、
    発売を心待ちにしてくれたと実感しました。早くプレイしてほしい気持ちでいっぱい」と笑顔を浮かべた。
    イベントにはそのほか、芸能界きっての“FFオタク”としてお笑いコンビ・バイきんぐ、女優の真野恵里菜が
    ゲスト登場した。


     早朝から発売を心待ちにしたファンが長い列を作った。先頭に並んだ埼玉県在住の男性は
    「きのうの夜10時過ぎから並んでいた。でも話を聞いてると、夕方から並んでいた人もいるみたいですけど、
    たまたま僕のいるところから列ができたんです」と明かし、田畑氏から“購入者第1号”として同ソフトを
    受け取ると「ストーリーが一番気になるし、バトルもアクションがベースとのことで楽しみです」と
    期待に胸を膨らませた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000336-oric-ent

    【『FF15』が発売 アキバのイベントに300人熱狂 購入第1号ファン「きのうの夜10時過ぎから並んだ」】の続きを読む

    あds201604112024400000w



    1: スペア速報@まとめ 2016/11/29(火) 10:13:15.73 ID:CAP_USER
    http://business.newsln.jp/news/201611280900450000.html
    http://business.newsln.jp/biztech/images2
    米ファーストフード最大手のMcDonald's(マクドナルド)がレジと注文受付担当従業員の代りに導入を進めている
    キオスク端末ロボットについて、サンフランシスコ、ボストン、シカゴ、ワシントンDC、シアトルの主要都市について
    は2017年上半期までに全店舗のロボット化を完了させる予定であることが分かった。


    McDonald'sのSteve Easterbrook CEOがCNN Moneyに対して語った内容によると、
    「次のトランプ政権が時給15ドルへの最低賃金引き上げ問題に対してどのような態度を示すかは判らないが、
    企業としては不果実性の元で経営を続けることはできず、今後は、店舗のロボット化を進行させていくことになるだろう」とする見解を示した。


    McDonald'sは既に全米1万5000店舗の内、フロリダ、ニューヨーク、サウスカロライナの500店舗について、実験的にロボット化を進めていた。
    このキオスクと呼ばれているレジと注文受付担当ロボットは、巨大なタッチスクリーン方式のもので、
    画面のガイダンスに沿って、注文したいメニューの選択から、支払い(現金かクレジットカード)まで全てを自動で行うことを可能にしたものとなる。
    キオスク端末は1台3万ドル前後の導入コストがかかるため、小型店舗でも5台前後は必要となるキオスクの導入は、
    初期費用の面で企業にとっては大きな負担となるが、それでも時給15ドルを従業員に支払うことを考慮した場合には、
    1台3万ドルドルでもロボットの方がコスト的には安上がりになることを今回のCEO発言は示唆したものとなっている。


    McDonald'sでは、店舗のロボット化を進めることにより、これまでは無理だったカスタムメニューの提供や、
    新メニューの各店舗の迅速な対応も可能になることを見込んでいる。
    最低賃金を時給15ドルに引き上げようとする動きは、現在、各州で進んでいるものとなる。
    トランプ次期大統領が時給15ドルへの最低賃金引き上げ問題に対してどのようなスタンスを取るのかについては今のところ未知数となっている。

    【マクドナルド、アメリカ主要都市の全店舗でロボット化を加速へ】の続きを読む

    あsだdindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/11/29(火) 09:03:33.09 ID:CAP_USER9
    日本農業新聞 2016年11月29日

    年末年始の風物詩、屋外で第三者に餅を振る舞う餅つきイベントを禁じる地域が出てきた。
    餅をちぎったり丸めたりして人の手に触れる工程が多いため菌やウイルスが付きやすく、集団食中毒が発生する恐れがあるとして、一部の自治体が判断した。
    農家やJA職員、消費者からは「祭りで餅つきができないのは寂しい」「衛生管理は重要だが、規制をかけるのは行き過ぎだ」といった声が上がっている。


    注意喚起徹底こそ
    「餅つきは日本の伝統。できないのは残念だ」。都市近郊のJA職員が嘆いた。このJAは約6年前、祭りで長年実施してきた餅つきをやめた。
    地域に親しまれてきたが、保健所から「食中毒の危険がある」としてやめるよう指導を受けたためだ。
    「衛生管理は重要だが、餅つきは収穫の喜びを分かち合う昔ながらの行事。消費者も喜んでいたのに」と惜しむ。


    この地域の保健所によると、餅つきは食中毒の要因となる菌やウイルスが付きやすく、屋外で実施する場合は手洗いや器具洗浄が徹底できず、ウイルスのまん延を招きやすいとして「制限はやむを得ない」と話す。


    厚生労働省監視安全課によると、餅つきを原因とした食中毒発生件数の統計はないが、餅を原因にした食中毒は2013年が4件(1件が桜餅)、14年が桜餅で1件、15年が1件発生。
    13年のうち1件は「餅つき会」のイベントが原因と特定されている。


    同課によると餅つきは食品衛生法の営業許可は原則不要で、都道府県や政令指定都市、保健所を管轄する自治体が個別のルールを設けているという。


    イベント開けぬ
    都市近郊のある県では、イベントなどでついた餅を不特定多数の人に振る舞うことを原則禁止している。
    「餅つき自体を否定しているわけではないが、食中毒予防の観点に立った判断」と説明。
    学校などで自分たちでついた餅を食べる場合は禁止していない。


    縁日祭礼で民間団体が屋外で餅つきをすることを禁止する基準を設けた都市もある。担当者は「餅つきが原因で食中毒が発生したら、翌年からイベント自体を開催できなくなる」と口をそろえる。


    地方では、どう対応しているのか。
    米どころの新潟県は、屋外で実施する時はテントを設置するなど衛生面の対策を徹底している。
    県は「餅つきは禁止できない。
    注意喚起を徹底している」と強調する。
    北海道や秋田、岩手、山口、愛媛、熊本の各県などでも禁止する条項は設けていないという。


    ただ、「明文化していないが、集団食中毒発生の恐ろしさを説明し、餅つきをやめるよう、かなり強く伝えている」という自治体もあった。


    消費者はどう見るのか。餅つきを禁じる動きについて「念には念を入れるのは当然」「食品衛生上、仕方ない」とする意見の一方、「対策をきちんとすれば問題ないのに、規制するのはおかしい」という声も上がる。


    子の体験「貴重」
    小学3年生の子どもを持つ都市部の男性(44)もその一人。
    「禁止は行き過ぎ。なんでも規制するのでなく、保健所はどんな対策が必要かをきちんと説明すべきだ。子どもの貴重な食体験を奪わないでほしい」と憤る。


    都会の消費者と餅つき交流をする東北の米農家(62)は「日本は今、数件の事故で、全体を駄目だと判断してしまう風潮がある。自分の地域は禁止されていないが、衛生面に気をつけて続けていく」と強調する。


    食品衛生コンサルタントの笈川和雄さんは「行政が餅つきを禁止することの是非については、一概に言えない」とした上で、
    「子どもが餅をついたり、丸めたりする作業に参加すると時間がかかり、餅の温度が下がりノロウイルスが発生する恐れがある。そうした点を十分理解し、対策を取ってほしい」と助言する。(尾原浩子)

    https://www.agrinews.co.jp/p39560.html

    【餅つき禁止!? 年末年始恒例なのに 自治体規制に住民反発も】の続きを読む

    あださindex


    1: スペア速報@まとめ 2016/11/29(火) 09:14:59.49 ID:CAP_USER
    NHK Eテレで、'16年12月31日(土)に「ざわざわ森のがんこちゃん 放送20周年スペシャル『エピソード0~ざわざわ森とさばくのひみつ~』」(昼5:00-5:30)が放送されることが分かった。

    同作は、放送開始20周年を迎えた人形劇で、幼稚園や保育所の園児から、小学校低学年の児童が楽しんで道徳を学べる番組。

    物語の舞台は、遠い未来で、人類滅亡後の地球。
    「新世代恐竜」の子供・がんこちゃんと仲間たちが、明るく楽しい珍騒動を繰り広げる。

    そして今回、がんこちゃんは人間が生きている過去の時代にタイムスリップしてしまう。
    そこで2人の人間のきょうだいと出会ったがんこちゃんは、人間が滅びてしまった謎や“ざわざわ森”とその周りに広がる砂漠の秘密に迫っていく。

    また、登場する2人のきょうだいの兄・シンの声を鈴木福が、妹・スイの声を内田未来が担当。
    彼らの父の声を松平健が演じ、番組テーマソングの新しいアレンジを熱唱する。

    http://thetv.jp/news_detail/93969/


    【大晦日放送「ざわざわ森のがんこちゃん20周年スペシャル『エピソード0』」 明かされる人類滅亡の秘密!?】の続きを読む

    このページのトップヘ