スペア速報@まとめ

暇な時に見てもらえるようにまとめ記事を更新していきたいです。 宜しくお願いします。

    トップページ > >

    1: スペア速報@まとめ 2016/11/22(火) 12:12:12.11 ID:CAP_USER
    http://wired.jp/2016/11/19/future-roller-coasters/

    遊園地の今後は仮想現実(VR)にかかっていると考える人々がいる。
    しかしわたしは、電磁加速と自由落下、水へのジャンプの組み合わせが最強だと考えている。


    従来型のジェットコースターは、位置エネルギーと運動エネルギーの組み合わせを利用してコースターの勢いを持続させる。
    より速く、スムーズな乗り心地を常に目指してきた結果として、技術の進化にともない使われる車輪は木材から金属へ、そしてポリウレタンへと変化してきた。


    しかし、もし摩擦が完全になくなったとしたらどうだろうか? 軌道も車輪もなかったとしたら? 
    そして車体を推進させるのが電磁石だとしたら? 「Sfrear Mountain Coaster」はそれを目指したものだ。


    これが実現すれば、快適な乗り心地、信じられないようなスピード、自由落下、地下のトンネル、水へのダイヴ、
    ドキドキするターンとループが組み合わさったまったく新しい体験が生まれるだろう。


    これまでのような「上が開いた車両」は、幅6フィート(約180cm)の透明な球体に取って代わる。
    定員は3人で、彼らは普通のシートベルトで固定され、世界が回転するなか、向かい合わせに乗り合わせた人の表情をはっきりと見ることができる。
    レールの大半は上部が開いた筒のような形状となり、透明の球体を正しい方向へと導く。磁気浮上式の鉄道のように、
    球体は浮かんでいる。強力な磁石が球体を浮き上がらせ、推進させるのだ。


    ジャイロスコープの技術によって球体がレールに沿って進み、乗客は危険な重力加速度には晒されない。
    緊急時には、磁石によって所定の位置に停止する。球体に搭載される超磁石は、各座席の下に配置される。


    スタート時には、この磁石が球体を、ジェット戦闘機が空母から発進する時のように推進させる。短い直線コースのあとで、
    3段らせんに突入だ。球体はいきなりタワーの頂上に進み、それから、煙突のような筒の中を自由落下する。
    磁石がエアブレーキのように働いて、球体が安全なスピードまで減速し、地下へと潜る。球体は再び傾斜を上り、
    レールを離れ、プールへと突入する。このジャンプがアトラクションの見せ場となる。


    もちろん、このような荒っぽいものより、VRジェットコースターのほうが無難だろう。しかし、遊園地に求められるのは無難さではない。現実離れした体験なのだ。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【遊園地】VRよりすごい、未来の「磁気浮上式ジェットコースター」】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ」 2016/11/22(火) 11:34:56.14 ID:CAP_USER9
    恐怖の記憶、消去に成功 PTSD治療に期待、洗脳懸念も
    2016年11月22日 09時37分


    災害や事故、戦争、被暴力などで脳に刻まれた「恐怖記憶」を、過去を思い出すことなく消すことに
    関西文化学術研究都市の国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)などのグループが人の実験で成功した。
    完治が難しいPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法の開発につながる成果という。


    グループは小泉愛研究員、川人光男ATR脳情報通信総合研究所所長、英ケンブリッジ大など。
    英科学誌「ネイチャー・ヒューマン・ビヘイビア」で22日に発表する。
    洗脳につながる懸念もあり、臨床研究は慎重に進めたいとしている。


    川人所長らは、脳の活動状態が分かる装置(fMRI)で記憶に関わる部位の活動パターンを立体的に解析し、
    被験者の脳の活動が特定パターンに近づくと「報酬」として目の前に表示される円が大きくなる訓練で、
    意識せずに特定の脳の活動パターンを学習する手法を開発している。


    実験は20代を中心に男女17人に実施。赤や緑の図形を見せながら弱い電気刺激で恐怖記憶を形成し、
    その色の図形を見たときに脳に生じる恐怖反応の活動パターンを記録する。
    その後、「円を大きくして」とだけ指示し、被験者の脳に恐怖反応と同じ活動パターンを再現させた。


    被験者は、歌を思い浮かべたり、週末の行動を考えたりしながら、「円を大きくする」目標達成を繰り返した。
    図形を思い出すことなく恐怖記憶によるものと同じ脳の活動を続けると、恐怖反応がなくなり、
    その色の図形を見ても発汗しなくなった。報酬による学習に関与する脳の部位が働いた可能性があるという。


    PTSD治療に恐怖を引き起こす画像をあえて見せて慣れさせる「暴露療法」があるが、
    恐怖に耐えられない患者や後で記憶がよみがえる場合もあった。
    川人所長は「暴露療法は恐怖反応を消さずに抑えるものだが、今回は恐怖反応自体がなくなった。
    将来の治療に役立てたい」と話している。


    京都新聞 2016年11月22日 09時37分
    http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20161122000032
    恐怖の記憶をなくす実験例
    no title



    恐怖の記憶、書き換える技術開発 PTSD治療に効果か
    http://www.asahi.com/articles/ASJCM5GVTJCMULBJ00D.html

    【「恐怖の記憶」消去に成功 PTSD治療に期待、洗脳懸念も】の続きを読む

    あsだssindex



    1: スペア速報@まとめ」 2016/11/22(火) 10:45:10.97 ID:CAP_USER
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161122/Recordchina_20161122011.html

    2016年11月18日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国製は日本製やドイツ製とどこが違うのかを分析する記事を掲載した。

    記事は、中国製の問題点は品質意識が低いことだと指摘。消費者を社会的弱者とみなしており、従業員に対する対応も悪いため品質が向上しないとした。

    一方、日本製は製造過程が厳格で高い品質だと紹介。例えば日本製の温水洗浄便座は、男性と女性の臀部をよく研究し、水の噴射圧や角度など細部が良くできているため、競争力があるとした。

    また、ドイツ製については、自らの製品の方向性を堅持して核心技術を蓄積し、消費者の生活や仕事、娯楽問題の解決に努力していると紹介。従業員に対する福利厚生も良く、これが品質確保につながっているとした。

    これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

    「(中国は)使うものは言うまでもなく、食べるものにすら毒を入れるくらいだからな」
    「ドイツはより抜きの品を作り、日本は製品を作るが、中国は廃品を作る。差は大きいよ」

    「中国最大の過ちは、過ちを認めないことにある」
    「浮かれた社会で技術の発展に力を注ぐ人はいない。すべては利益を出発点にしており、匠の精神に欠けているからだ」

    「中国の便座はダメダメな設計だ。だったらしゃがみ式の方がよっぽどいい」
    「軸1本を外国は数十年研究するのに、われわれは数日で作ってしまう。これが差だよ」

    「ねじ1本ですら中国は日本に敵わない。中国に技術がないのではなく、仕事の手を抜き材料をごまかして利益を得ようとすることが全国的な現象だからだ」

    【中国製は日本製やドイツ製とどこが違うのか?】の続きを読む

    あだあindex



    1: スペア速報@まとめ」 2016/11/22(火) 10:55:57.03 ID:CAP_USER9
    【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)次期大統領は21日、日米などが署名した環太平洋連携協定(TPP)について、選挙戦の公約通り、「就任初日に」離脱する考えを明らかにした。

    トランプ氏は「信頼できる指導者」 安倍首相、外国首脳初の会談

     トランプ氏は就任後100日間の優先事項の概略を説明する動画メッセージで「われわれの法を回復し、雇用を取り戻すため、就任初日に大統領令で実行できる行動のリストを作成するよう、私の政権移行チームに指示した」と述べた。

     その上で「貿易に関しては、わが国に災難をもたらす恐れがある環太平洋連携協定からの離脱の通知を出すつもりだ。その代わりに、雇用と産業を米国に取り戻す公平な2国間貿易協定の交渉を進めていく」と言明した。【翻訳編集】 AFPBB News

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000004-jij_afp-int

    【トランプ氏「TPPの代わりに2国間貿易協定の交渉を進める」と言明】の続きを読む

    no title



    1: スペア速報@まとめ」 2016/11/22(火) 10:40:23.91 ID:CAP_USER9
    2016年も残り40日ほど。今年は、熊本、鳥取、東北と、日本全国を巨大地震が襲った年となった。

    地震に関して、妙だが引っかかる説がある。ニュージーランドで地震が起こると、そのあとに日本でも起こるというものだ。
    内容についてはリンク先に譲るが、この記事によると、ニュージーランドで大規模な地震が起きたあとに日本でも地震が起きている。

    2009年7月15日……ニュージーランドでM7.8の地震が発生

    2009年8月11日……M6.5の駿河湾地震が発生

    2010年9月4日……クライストチャーチでM7.0の地震が発生

    2010年9月29日……福島県でM5.8の地震が発生

    2011年2月22日……クライストチャーチでM6.1の地震が発生

    2011年3月11日……M9.0の東日本大震災が発生

    2011年6月13日……ニュージーランドでM6.0の地震が発生

    2011年6月23日……岩手県沖でM6.7の地震が発生

    2011年7月7日……ニュージーランド沖でM7.8の地震が発生

    2011年7月10日……三陸沖でM7.3の地震が発生

    2011年11月18日……ニュージーランド北島沖でM6.0の地震が発生

    2011年11月24日……浦河沖でM6.1の地震が発生

    2011年12月23日……クライストチャーチでのM5.8の地震が発生

    2012年1月1日……鳥島近海でM7.0の地震が発生

    2013年6月15日……ニュージーランドでM6.0の地震が発生

    2013年8月4日……宮城県沖でM6.0の地震が発生

    2014年1月20日……ニュージーランドでM6.1の地震が発生

    2014年3月3日……沖縄本島北西沖でM6.4の地震が発生

    2015年9月8日……ニュージーランドでM5.6の地震が発生

    2015年11月14日……薩摩半島沖でM7.0の地震が発生

    2016年2月15日……クライストチャーチでM5.7の地震が発生

    2016年4月14日……M6.5の熊本地震が発生(2日後にM7.3の地震が発生)

    2016年9月2日……ニュージーランド北島沖でM7.1の地震が発生

    2016年10月21日……鳥取県中部でM6.6の地震が発生

    2016年11月13日……ニュージーランド南島でM7.8の地震が発生

    2016年11月22日……福島県沖でM7.4の地震が発生
    http://media.yucasee.jp/posts/index/15142?la=0003
    http://fusitan.net/0033/

    【ニュージーランドで地震が起こると、そのあとに日本でも起こる説】の続きを読む

    1: スペア速報@まとめ」 2016/11/22(火) 09:49:34.14 ID:CAP_USER9
    https://twitter.com/nhk_seikatsu/status/800863551770357763

    気象庁は、福島県と宮城県の沿岸に出していた津波警報を
    さきほど津波注意報に切り替えました。また、青森県と千葉県の
    沿岸、それに伊豆諸島に出していた津波注意報を解除しました。
    気象庁は引き続き、岩手県と宮城県、福島県、それに茨城県の
    沿岸に津波注意報を出しています。

    【福島県と宮城県に出されていた津波警報を解除】の続きを読む

    このページのトップヘ